恋愛社内恋愛

社会人の恋愛事情~社内恋愛編~

社内恋愛のデメリット

社内恋愛のデメリット

image by iStockphoto

沢山のメリットがある社内恋愛。
ですが、良い所があれば必ず悪い所もあります。

どんなデメリットがあるのでしょうか?

1.別れた時が辛い

社内恋愛の一番のデメリットは「別れた時」です。
どんなに辛くても、会社に行けば元彼と顔を会わせなければなりません。
仕事上の話をすることもあるし、プロジェクトなどで長時間一緒に仕事をしなければいけない場合もあります。

そんな時は本当に辛いです。
忘れたくても、毎日会っていると忘れられないですよね。
そう簡単に仕事辞めるわけにもいきませんし、時間が解決してくれるのを待つしかありません。

2.悪い噂を流されることも

一方的に別れを告げてしまったり、別れ方が悪かった場合は、会社で悪い噂を流される場合があります。
「二股をかけられた」「貢がされた」「暴力を振るわれた」など、身に覚えのない噂で苦しむことになるかもしれません。

社内恋愛の場合、別れる時にはその後のことも考えて、きちんと相手が納得してくれるまで話合いましょう。

3.周りにバレると面倒なことに

どんなに隠していても、話す時の表情やデート現場の目撃情報などで、二人の関係がバレてしまうこともあります。
そうなってくると、色々と面倒なことになります。

その1 仕事の話をしているだけでも、「仲がいいな~」などと冷やかされる

その2 「普段はどんな感じなの?」と二人のプライベートなことを色々と聞かれる

その3 社内に恋のライバルがいた場合嫉妬される、悪口を言われる

その4 彼氏が上司の場合、評価されると「えこひいき」だと言われる

社内恋愛をするならば、これらのことを覚悟しておく必要がありそうです。

4.周りにウソをつくことに疲れる

二人で内緒にしようと決めた場合、仲の良い同僚や、信頼している上司にも、二人の関係を話すことができません。
もし二人が付き合っている噂がたって、真意を聞かれたとしても本当の事を告白するわけにはいきません。

これが意外にしんどいです。
仲間にウソを付いている罪悪感から、彼氏と付き合っていること自体が悪いことのように感じたりもします。

私の経験から、ウソを付いているのが辛くなったら、正直に公表してしまう方がいいと思います。
もちろん、彼氏の承諾を得てからですが。
その方が職場でのその後の人間関係が悪くならずに済みます。
誰だってウソをつかれているのは嫌ですから。

5.自分の見られたくない姿を見られてしまう

仕事をしていれば、失敗することもありますよね。
上司にどなられたり、取引先へ謝りの電話をかけなければならないことだってあります。
同じ職場で働いていると、そういうカッコ悪い姿も彼氏に見られることになります。

また仕事とはいえ、自分が他の男性と話をしたり、一緒にいる姿も彼氏にはあまり見せたくないですよね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
2017haru