かわいくなるダイエット恋愛

【くびれが出来る?】魅力的なフラフープダイエットの効果とやり方

女性がダイエットをする時、単に体重を落とすだけでなく「女性らしいボディーラインをつくりたい」と思う人が多いでしょう。単に体重を落とすだけでは、女性らしいボディーラインは出来ませんから、「どうすれば、理想的なスタイルを目指せるだろう?」と感じている女性がたくさんいます。そんな時には、フラフープダイエットがおすすめ。では、くびれを目指せるフラフープダイエットのやり方や効果についてご紹介しましょう。

そもそもフラフープダイエットってなに?

image by iStockphoto

フラフープというと、「子供の頃に、良く遊んでいた」と言う人も多いでしょう。
日本では、フラフープは子供の遊び道具と思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、元々はエクササイズアイテムとしてアメリカで作られたもの。
ということは、ダイエットに用いるのは当たり前のアイテムと言えるといえるでしょう。

フラフープダイエットでは、フラフープを回すことでエクササイズ効果を得ていきます。
「簡単そう」と思っている人も多いと思いますが、5分まわすと意外と疲れるもの。
汗もかきますから、運動が苦手な人も気軽に有酸素運動を取り入れることが出来、ダイエット効果を得られるでしょう。

フラフープダイエットの効果

image by iStockphoto

「フラフープを回すだけで、本当にダイエット効果を得られるのだろうか?」と思っている人も多いでしょう。
確かに、フラフープは遊ぶアイテムというイメージが強いですから、「こんなことで、痩せるのだろうか?」と思われる人が多いのではないでしょうか。

では、フラフープダイエットの様々な効果をご紹介しましょう。

脂肪燃焼の効果

image by iStockphoto

ダイエットの効果を高めるためには、やはり運動を取り入れることが必要です。
有酸素運動は、脂肪燃焼の効果がありますから、ダイエット中にはジョギングをしたり、ウォーキングをするなどして、運動に励む人が多いでしょう。

実は、フラフープも同じように有酸素運動をすることになり、脂肪燃焼効果を得ることが出来ます。
そして、フラフープであれば家の中で気軽に行うことが出来ますから、朝起きた時、夜寝る前に気軽に取り入れることが出来ますから、「忙しい」「運動が苦手」と思っている人も取り入れやすい有酸素運動となるでしょう。

くびれを目指せる

image by iStockphoto

ダイエットをしている女性の中には、「女性らしいボディーラインを目指したい」と考えている人も多いはず。
痩せるだけでは、女性らしい体にはなりませんから、「くびれをつくりたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

フラフープダイエットでは、それを叶えることが可能。
「フラフープで、くびれが出来るの?」と驚く人もいると思いますが、フラフープを回すためには、腹斜筋を使うことになり、自然とお腹周りを鍛え、くびれを目指すことが出来ます。

腹筋強化の効果と骨盤矯正の効果

image by iStockphoto

ダイエットをしたいと考えている女性の中には、「お腹周りを、どうにかしたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

実は、こういった悩みもフラフープダイエットは解消してくれます。
お腹がポッコリとしている人は、骨盤がずれていたり、筋肉バランスが崩れている人が多く、そのせいで内臓の位置が下がり、お腹がポッコリと出てしまう傾向。
フラフープダイエットでは、骨盤の歪みや腹筋強化の効果があるため、気になるぽっこりお腹を解消することが期待出来ます。

体幹を鍛える

image by iStockphoto

体を鍛える時、インナーマッスルから鍛えることも重要。
インナーマッスルを鍛えていくことで、代謝を上げる効果を得ることが出来ます。

フラフープダイエットは、フラフープを回し続けることが必要となるため、気軽に体幹を鍛えることが可能。
骨盤周りのインナーマッスルを鍛えることで、体幹を自然と鍛えることが出来るでしょう。
そうなれば、代謝も上がり、ダイエット成功後のリバウンド等の心配もなくなるはずです。

腰痛予防の効果

image by iStockphoto

立仕事やデスクワークをしている人の中には、「腰痛が辛い」と思っている人も多いでしょう。
腰痛を引き起こしてしまうと、ちょっとした動きも辛くなってしまいますから、早い内に改善しておきたいもの。

実は、フラフープダイエットでは腰痛予防の効果も期待出来ます。
腰痛は、骨盤が歪み、その歪みが全身の歪みになり、腰痛を悪化させてしまうため、フラフープで腰回りの筋肉を鍛えることが大切。
フラフープダイエットでは、骨盤の歪みも解消することが出来ますから、腰への負担を抑えることが出来、腰痛予防も行うことが期待出来ます。
次のページを読む
1 2 3
Share: