デートデートスポット

モテ男子はこれをやってる!夏祭りデートで女性のポイント高める10のコツ

夏のデートといえば夏祭り!たくさんの屋台がある光景は大人になっても子供心に戻って楽しめます。また、夜の雰囲気もデートにぴったり。浴衣姿で歩いたり、人混みで手を繋ぐなど、カップルならでは楽しみがありますよね。しかし、浴衣を着るといつもと違うことに気をつけなければいけなかったり、いつもと違う空間なだけに注意点も多くあります。初デートや、まだ付き合う前に夏祭りへ行くことになった場合は好感度もアップさせたいですよね。女の子の本音とともに、夏祭りデートで好感を持ってもらう10のポイントをご紹介します。

夏祭りといえば…

image by iStockphoto

夏祭りといえば、若い女の子は浴衣を着るという場合が多いのではないでしょうか。
特に、彼とのデートとなるとほとんどの人が浴衣を着ている印象です。
彼女が浴衣を着てきたら、男の子に心がけてほしいことがいくつかあります。
これができると女の子をキュンとさせられるかも。
順を追ってご紹介します。
参考にしてみてくださいね。

#1 待ち合わせには遅れない

女の子が浴衣を着る場合、1時間や2時間準備にかかることもあります。
それでも頑張って時間通りに来たのに、彼がまだ来ていない、大幅に遅刻した!なんてことになると、女の子のテンションもガタ落ち。
気まずい雰囲気のままデートが始まってしまうかもしれません。

また、待ち合わせが駅や夏祭りの会場の場合、人が大勢いるのでお互いを探し出すのも大変。
なるべく時間通りに会えるようにしましょう。
逆に、人があまりいないところで待ち合わせをする場合も、浴衣姿のまま一人でずっと待っているとかなり悲しい気持ちになります。
なるべく男の子が先に来て待ってあげられると良いですね。

浴衣姿を褒める

image by iStockphoto

女の子が夏祭りで浴衣を着るのは自分が着たいからという理由だけでなく、相手に見せたいという気持ちがあります。
男の子の浴衣と違い、女の子が浴衣を着るのは時間や手間がかかり結構大変。
着慣れている場合はいいのですが、一年に数回のことなので大概は苦労をして着ることに。
しかし、相手に喜んでもらいたかったり、可愛いと思ってもらいたかったり。
そんな気持ちから頑張って浴衣を着ます。
少し恥ずかしいかもしれませんが、思い切って相手の浴衣姿を褒めてあげましょう。
どんな言葉をかけたらいいか迷った時は次を参考にしてみてください。

#2 浴衣を褒めるのではなく、浴衣姿を褒める

つい言ってしまいがちなのが、その浴衣かわいいね、いい柄だね、など。
浴衣もお気に入りのものだったり、少々高いものだったりするかもしれません。
そのため、浴衣自体を褒められても嬉しい気持ちにはなります。
が、しかし、それだけでは女の子をキュンとさせることはできません。
浴衣を褒めた際はさりげなく最後に「似合ってる。」と言ってあげましょう。

柄や色を褒める際も、「大人っぽい雰囲気の浴衣だね、似合ってるね。」など全体の印象で褒めるのがおすすめです。
特に浴衣の場合は普段よりも大人っぽい印象を意識していることが多いので、大人っぽいことが似合っている、というふうに褒められるとベスト。
かわいい浴衣の場合は、素直にかわいいと褒めてあげましょう。

#3 髪型を褒める

image by iStockphoto

浴衣の場合、女の子が意外と苦労するのが髪型です。
髪がショートやボブの場合はそのままお花飾りやリボンをつけることができるのですが、肩につく長さの場合はヘアアレンジをしなくてはいけません。
浴衣の時の髪型は、結い上げてうなじを見せている方が綺麗だったり、大人っぽく見えたりすると言われているのですが、この結い上げるのが大変。
普段から編み込みなど慣れている場合はいいのですが、大抵の場合苦労します。

また、せっかく浴衣だから、と思い切っていつもと違う髪型を選ぶことが多いので、似合っていたら一言褒めてあげると喜ばれます。
くれぐれもいつもと同じ髪型なのに「今日の髪型かわいいね。」と言わないように注意してくださいね。
同じ髪型でもいつもと違う髪飾りが付いていたら、「髪飾り似合ってるね。」と褒めてあげれるといいですね。

会場へ着いたら

夏祭りの会場は人混みが大変。
男の子がリードできるとかっこいいですね。
また、たくさんの人が集まるので、酔っ払いがいたり、怖い人がいたり、気をつけることもたくさん出てきます。
お祭りの最後まで彼女をサポートしながら楽しい時間を過ごしましょう。

#4 歩くペースに注意する

image by iStockphoto

女の子が浴衣を着ている時は歩くスピードが遅くなります。
なぜなら、浴衣は布をくるぶしの辺りまで巻いているような形状のため、足を小股でしか開くことができないからです。
普段の歩幅の半分くらいになります。
無理をして大きく足を開くと着崩れる原因になるため注意。
浴衣の女の子が小さい歩幅で少し早歩きをするような状態で男の子について行くカップルの姿をよく見かけます。
可愛らしい印象ですが、その状態がずっと続くとかなり疲れます。
女の子は内心、「もっとゆっくり歩いてくれないかな」と思っているかも。
付き合い始めだったり、まだ付き合う前の場合、なかなか言い出せない女の子もいるかもしれません。
男の子の方から、注意して歩くスピードを合わせてあげられるといいですね。

また、浴衣の場合は下駄を履いているために靴擦れを起こすことも。
彼女が歩きづらそうにしていたら休憩を入れるなど気遣ってあげられると好感度アップです。
女の子が浴衣を着ていると合わせないといけないことがあり、多少めんどくさく感じるかもしれません。
しかし、女の子が浴衣を着るのはあなたに喜んでほしいという気持ちがあります。
ここは紳士になって、気遣いを見せると女の子をキュンとさせることができますよ。
次のページを読む
1 2 3
Share: