夫婦結婚

似ている様で大きく違う、結婚と同棲の違いとは?

恋人がいない人や恋人が出来たばかりの人は、同棲に憧れを抱いている人が多いのではないでしょうか。いつでも、好きな人と一緒にいられる同棲生活というのは、夢のような生活と思っている人も多いでしょう。そんな人の中には、「結婚と同棲って、どう違うのだろう?」と思っている人も多いのではないでしょうか。結婚と同棲は、似ている様で大きく異なります。では、結婚と同棲の違いについてご紹介しましょう。

同棲は恋愛の延長線上のもの

image by iStockphoto

恋人が出来、交際が順調に進むと「いつも、一緒にいたい」と思うもの。
デートの帰り、「このまま、ずっと一緒にいられたら」と思う人も多いのではないでしょうか。
そんな人の中には、同棲をスタートするカップルも少なくありません。
今まで、一人暮らしをしていた人にとっては、同棲生活は楽しいものとなるでしょう。

しかし、同棲はあくまでも恋愛の延長線上のものであって、互いに責任はありません。
同棲したからといって、相手を養う義務もなければ、生活を支える義務もありません。
当然ですが、どちらかの愛情が冷めてしまえば、いつでも終わることが出来る関係となります。

同棲は、あくまでも同居人

image by iStockphoto

同棲をすると、「これから先、ずっと一緒にいられる」と安心する人が多いでしょう。
朝起きた時には隣にいて、夜寝る時にもとなりにいる訳ですから、安心感を得る人がたくさんいます。

しかし、同棲はあくまでも同居人でしかありませんから、これから先はどうなるか分かりません。
恋愛の延長線上でしかありませんから、愛情が冷めたり、他に好きな人が出来れば、いつでも同棲は解消することが出来ます。

「同棲しているのだから」と相手に求めすぎると、「単なる同棲なのに」と思われてしまう可能性もありますから、互いの同棲への思いは事前に擦り合わせておいた方が良いでしょう。
同棲したからといって、将来が安泰という訳ではないことを、あらかじめ理解しておく必要があります。

どんなに長い同棲も簡単に終われる

image by iStockphoto

同棲をすると、その後の結婚を期待する人も多いでしょう。
同棲前に、「来年には籍を入れよう」といったように、結婚目的の同棲であれば、当然結婚へ前進することになります。

しかし、何も決めずに同棲をスタートさせた人の多くは、結婚という方向には行かず、別れる結果となっています。
中には、何年も同姓を経て、別れたカップルもいますから、長い間一緒に暮らしていたからと言って、結婚に進んだり、ずっと一緒にいられる訳ではないということ。

同棲はどちらかが解消したいと思えば、いつでも解消出来る関係ですから、「同棲しているから」と安心は禁物です。

同棲は二人だけの関係でしかない

image by iStockphoto

同棲している人の中には、「同棲しているから、二人の関係は心配いらない」と思っている人も多いでしょう。
確かに、嫌いな人とは一緒に暮らしたいと思いませんから、愛情あっての生活となります。

しかし、同棲は二人だけの関係でしかありません。
世間、社会では認められていない関係ということ。
例えば、結婚が決まっていないのであれば、同棲するからといって互いの家族に紹介する必要もありませんし、職場などに報告する必要もありません。

また、相手が何らかの病気や怪我などで病院に運ばれたとしても、あなたに連絡が来ることはないでしょう。
もちろん、周りの友達が同棲相手の存在を知っていれば、連絡をしてくれますが、本来家族以外に連絡が来ることはありません。

同棲には保障はない

image by iStockphoto

同棲をスタートさせると、二人の生活が始まることになります。
当然、生活をするためにはお金がかかりますから、互いに負担することが必要です。
時には、「生活費が足りない」なんてこともあるのではないでしょうか。

しかし、同棲の場合には扶養家族になれたり、保険に加入すること、扶助を受けることは出来ません。
そのため、相手が何らかの事情で仕事ができなくなってしまっても、保障されることはないということ。
働けなくなってしまった本人は保障されますが、同棲相手の保障は一切ありませんから、自分で何とかしなければいけません。

それだけ、同棲相手と結婚相手の立場は大きく異なるということがいえるでしょう。

結婚は家族になること

image by iStockphoto

結婚は、家族になるということ。
二人だけの関係ではなく、夫婦になり、家族になります。
そのため、相手の両親や兄弟との付き合いも出てきますし、職場の人とも関わることになるでしょう。

恋愛は、二人だけの関係ですから、互いの気持ち次第で自由に行動することが出来ますが、結婚し、家族になれば、二人だけの気持ちで行動することが出来なくなってしまいます。
何か決断した時、行動する時には、互いの両親や兄弟などに相談したり、報告が必要になることもあれば、協力が必要となることもあるでしょう。

結婚は二人だけの関係ではなく、家族同士の関係になるということ。
面倒でも、相手の家族のことも考えた行動が必要となります。

結婚すれば責任が大きくなる

image by iStockphoto

結婚となれば、当然恋愛の時のように気楽な気持ちでいることは出来ません。
当然ですが、結婚すれば責任が大きくなります。
特に、男性の場合には一家の大黒柱となる訳ですから、責任は重大です。
これから先、子供が出来れば親となり、一人の人間の命を守ることになりますから、今までの様な軽い気持ちではいられなくなるでしょう。

結婚は、家庭を持つことになり、それだけ大きな責任を背負うということです。
次のページを読む
1 2
Share: