結婚

結婚とは?幸せな家庭ってどんな感じなの?

大切なパートナーがいても、なかなか結婚へ踏み込めない人も多いのではないでしょうか。好きだけど、これから一緒に生きていくと思うと…。僕が支えていけるのかな…。と不安が出てくるものです。「結婚」は幸せになるためのものだと分かっていても、不倫や離婚などの話を聞く結婚願望もなくなってきてしまいます。では、結婚とはどんなものなのでしょうか?今の生活よりも幸せになるためには…?幸せな家庭についてご紹介していきます!

結婚はお互いが幸せになるためのものです

image by iStockphoto

結婚は、今よりさらなる幸せを求めてするものです。
愛する人と一緒に暮らすため、愛する人との子供を授かるため…。
これから一緒に人生を歩んでいくために結婚をします。
結婚の適年齢を過ぎているから、子供を授かるのが難しくなるからと急いでしまっていることはありませんか?

焦って結婚しても、幸せにはなりません。
お互いが相手を愛していることが絶対条件だと思います。
どちらかに気持ちの揺らぎや愛情に欠ける部分があると、幸せな家庭はいつか崩れていってしまうのです。
そのためにも、

「結婚」にこだわりすぎず、最適なパートナーをゆっくり探す時間も必要になります。

では、幸せな結婚・家庭とはどのようなものなのでしょうか?私自身が感じた「この夫婦素敵だな…」と感じた体験も含めてご紹介していきたいと思います!

とにかくラブラブ夫婦

結婚年数が長ければ長いほど、「ラブラブ」なんて感情は少なくなってくるものです。
一緒にいるのが当たり前で、お話しできるだけで嬉しい!という気持ちが薄れてきます。
身なりも家族となると、なかなか気にしなくなってきてわがままも増えてきてしまうのが現実。
そこから少しずつすれ違いも起きてしまいます。
喧嘩ばかりの夫婦や、ほとんど会話のない夫婦も少なくありません。
ですが、いるんです。
何年たっても「ラブラブ夫婦」。

私の友人夫婦はまさにコレです。
どこに出かけるにも手を繋いでいたり、時間があれば2人でデートすることもあります。
話を聞くと、喧嘩をしない訳ではありませんでした。
もちろん喧嘩をするけれど、「好き」という気持ちがお互いに強いのですぐに仲直りするそう…。
私も、「素敵な夫婦だなぁ…」と感じました。

・お互いに自分の時間がある

・身なりに気を付けている

・相手への尊敬の気持ちを忘れていない

ラブラブ夫婦はこの3つがしっかりできていました。
やはり、ラブラブ感が減ってしまう原因は「見た目」です。
すっぴんでも、パジャマでもどこか清潔感があります。
そして、相手をバカにするようなことはありません。
尊敬の気持ちを忘れないためにも、お互いに自分の仕事や家事を精一杯しているのです。

いつも笑顔の仲良し夫婦

image by iStockphoto

私たち夫婦は、どちらかと言うとこのタイプです!いつもラブラブ…という訳ではありませんが、とにかく笑顔で過ごしていることが多いなぁと感じます。
喧嘩することも、もちろんありますが終わった後はすぐに話題を変えて明るい雰囲気に変えていきます。

旦那さんと一緒にいることが、楽しい!と感じるので家に帰ってくるのが楽しみなのです。
家族で笑い合うことが多いほど「幸せだな」と感じることができます。
いつも仲良しでいるために、気を付けているのことがあります。

・お互いの意見はしっかりと伝える

・1人の時間を持つ

・前向きに考えるようにする

前までは、旦那さんへ気を遣って自分の気持ちを抑えていたことがありました。
ですがこれ、本当に疲れてきてしまいます。
笑って過ごすことができなくなってしまうのです。
悩んだことや心配なことは、全て話をするようになりました。
相手も私の気持ちを理解してくれようと考えてくれるので、前向きの姿勢になることができるようになりました。

そして私たち夫婦だけでなく、周りの仲良し夫婦もお互いに1人の時間を大切にしていることが分かりました。
常に一緒にいるのではなく、自分の趣味をする時間。
1人で買い物をする時間などを作って、心に余裕を持てるようにしています。

成長し合える夫婦

お互いを尊敬している気持ちが強い夫婦だな、と感じました。
相手の全てを否定しないで、まずは理解してあげることから入っているのです。
自分のことを理解してくれる相手がいるというのは、結婚したからこその安定感のある幸せなのではないでしょうか。

仕事で成功したときや、自分の趣味がうまくできたときなど、一緒に喜んでくれる相手がいるのは良いことですよね。
そのためにも、どうしたらうまくいくのか…どうしたら成長できるのかをアドバスしてくれるのが結婚相手…という夫婦は本当に幸せそうだなと感じました。

心の底から応援してくれて、厳しいこともしっかりと話し合える。
そんな夫婦はお互いに日々成長していくことができます。
成長していくことで、小さなことでもレベルが上がっていきます。
すると、お金に余裕が出来てきたり自分のしたいことをできるようになったり…。
生活レベルも自然と上がってくるのです。

ただ、甘える相手がいるという夫婦より「成長し合える」夫婦の方が、幸せな家庭になっていくのではないかなと思います!

結婚してから幸せを感じるときはいつ?

長年付き添っていくことで、先ほど紹介したような「幸せな夫婦」になることができます。
では、実際に結婚生活で幸せを感じるときはどのような時なのでしょうか?私自身の体験や、男女の友人に聞いた話などをご紹介していきます。
こんなにも、結婚にはメリットがあるんだ!ということを知ってくださいね。
ぜひ、幸せな未来のために結婚を踏み切れるようにしていきましょう。

1.帰りを待っていてくれる人がいる

2.気持ちを共有できる

3.辛いときに助けてくれる

4.子供と過ごしているとき

5.結婚記念日を迎えたとき

1.帰りを待っていてくれる人がいる

image by iStockphoto

1人では感じることができないのが、あなたの仕事帰りを待っていてくれる人がいる幸せです。
とくに男性の場合は、この場面で幸せを感じる人が多いのではないでしょうか。
一生懸命仕事をして、疲れきって帰ってきたときに「お疲れ様。」「おかえりなさい。」と迎えてくれる奥さんがいるのはとても幸せなことです。

ご飯を用意してくれて、お風呂も準備してくれて…あなたの仕事の愚痴も聞いてくれるかもしれません。
疲れてあまり話せないときでも、落ち着いた雰囲気で疲れを癒す場所になっていきます。
「頑張ってきてよかったな」と1日の最後の思えると、また次の日からもやる気を出して仕事へ向かうことができますよね。

2.気持ちを共有できる

夫婦となって、一緒に過ごす時間が長くなります。
1人で見て笑っていたテレビも、面白いなと感じた本の話も夫婦で気持ちを共有することができます。
私も、一緒にテレビを見て笑い合ったり面白い話をして楽しい時間を過ごした後は「夫婦って幸せだな」と実感する場面です。

もちろん、良い気持ちを共有できるだけではありません。
哀しみや怒りなども、夫婦で話すことで気持ちを共有することができます。
一番大切な人が、あなたの理解者になってくれると本当に心が救われますよ。
一緒に泣いたり、立ち向かっていくことで2人の絆が深まっていきます。
1 2
Share: