彼女のこと恋の悩み恋愛

彼女の過去が気になる…過去に嫉妬しない方法8選

男性にとって、彼女の存在は特別なもの。そのため、「過去には、どんな恋愛をしてきたのだろう?」「どんな奴と付き合ってきたのだろう?」と気になる人が多いでしょう。しかし、実際に知った途端、過去の恋愛にショックを受けたり、元彼に嫉妬してしまう人が少なくありません。そして、過去の恋愛と自分を比べたがります。これは、全く意味のないこと。では、彼女の過去に嫉妬しないためにはどうしたら良いのかご紹介しましょう。

過去があるから今があることに気づこう

image by iStockphoto

彼女が出来ると、「今まで、どんな恋愛をしてきたのだろう?」と気になる男性も多いはず。
自分で彼女に過去の恋愛を聞く人もいれば、ひょんなことから彼女の過去の恋愛を知ることもあります。

そして、過去を知った途端にショックを受ける男性も少なくないでしょう。
あなたも今まで恋愛経験がある訳ですから、「彼女にも恋愛経験がある」というのは頭では分かっていても、自分だけの彼女であってほしいと思うのが本音ではないでしょうか。
しかし、彼女にも恋愛経験があるからこそ、今あなたを選び、交際しているのではないでしょうか。
過去の恋愛経験がなければ、あなたを選ばなかったかもしれません。

そこに気づけても、気持ちがすっきりしない場合には、改めて気持ちを切り替えていきましょう。
気持ちを切り替えるには、様々な努力が必要。
今一度、自分の気持ちと向き合ってみませんか。

#1 二人の時間をたくさん作ろう

image by iStockphoto

彼女の過去を聞いてショックを受けたり、嫉妬心を抱いてしまうのは、それだけ彼女のことが好きだから。
愛情がなければ、そんな思いをすることはないでしょう。

ということは、もっと二人の関係を深めれば、自然と嫉妬心なんてものは消えていきます。
「どうすれば、関係を深められるだろう?」と考えている人は、今まで以上に二人の時間を増やし、二人の思い出を増やしていきましょう。
時間や金銭的余裕があるのであれば、二人で旅行などに出かけるのもおすすめ。

二人の時間が増えるということは、それだけお互いのことを知ることが出来ますし、信頼関係も深まるはず。
そして、貴方自信が二人の関係に自信を持つことが出来るようになるのではないでしょうか。

#2 不安な時は彼女に素直に伝える

image by iStockphoto

彼女の過去を知った男性の中には、「彼女は本当に、自分のことを好きなのだろうか?」「本当は、まだ元彼のことを思っているのではないだろうか?」と不安に感じている人もいます。
そんな人は、一人でその思いを抱え込み、悩んでいるのではないでしょうか。

恋愛は、1人きりでは出来ません。
相手あってのものですから、相手ある悩みであれば、我慢せず相手に素直に気持ちを伝えることも必要。
彼女だって、あなたが不安に感じていると分かれば、「自分の気持ちをちゃんと伝えたい」と思うでしょう。

貴方の心配や不安は、あくまでもあなたが想像し、勝手に作ってしまったものですが、彼女にそれを伝えることが出来れば、もっと楽になれるはずです。

#3 自分に自信を持とう

image by iStockphoto

彼女の過去に嫉妬してしまう男性の多くは、自分に自信がありません。
「そんな素敵な男性と交際していたんだ」「本気の恋愛をしていたんだ」と分かれば、「自分は元彼に勝てるのか?」「それ以上の恋愛が出来るのだろうか?」と不安になるものです。

しかし、過去の恋愛、過去の恋人はあくまでももう終わったもの。
何かしらの原因があるからこそ、終わってしまったのですから、その恋愛に嫉妬する必要はありません。
今は、あなたが恋人という立場なのですから、もっと自信を持ちましょう。

彼女は色々な恋愛をしてきて、今あなたを選んだのです。
「あなたとなら、幸せになれる」「楽しい恋愛が出来る」と思ったからこそ、あなたを選んでいるはずですから、そのことにもっと自信を持ちましょう。

#4 嫉妬は愛情の裏返し

image by iStockphoto

彼女の過去に嫉妬している男性の中には、そんな自分に戸惑っている人もいます。
「どうして、過去に嫉妬なんてしているのだろう?」「こんな気持ちは、今まで感じたことがない」という人もいるでしょう。
今まで、嫉妬したことがない男性は自分の気持ちに驚いている人もいるかもしれません。

彼女の過去に嫉妬するということは、それだけあなたが彼女のことを愛しているということ。
愛情があるからこそ、嫉妬心が生まれるのです。

嫉妬というと、あまり良い感情ではありませんが、嫉妬するということはそれだけ誰かを思えている、愛せている証拠でもありますから、その気持ちを素直に受け止め、彼女を大切にしましょう。
嫉妬するような相手に巡り合えることは、そうそうあるものではありません。
「こんなに彼女のことを好きなんだな」と客観的に感じることが出来れば、嫉妬もそう悪くはないでしょう。

#5 今の恋人はあなた

image by iStockphoto

元彼のことを知ると、元彼に嫉妬する人もいるでしょう。
「あんなイケメンと付き合っていたのか」「あのモテ男と交際していたんだ」とショックを受ける人もいます。
そして、自分に自信を失ってしまう人もいるでしょう。

しかし、今交際しているのは間違いなくあなた。
あなたが彼女のカレであり、恋人です。
嫉妬する前に、まずはそのことに自信を持ちましょう。
どんなに人気ある彼女であっても、理想通りの素敵な女性であっても、好きでもない相手とは交際しません。
あなたに愛情があるからこそ、好意を持ったからこそ交際へと発展しているのです。
改めて、そのことに気づくことが出来れば、もっと自分の立場に自信を持てるのではないでしょうか。

#6 過去の恋愛は終わったもの

image by iStockphoto

「過去の恋愛は、本当の恋愛だったのでは?」と不安を感じる男性もいます。
「自分と、同じ様な恋愛が出来るだろうか?」「過去の恋愛以上の恋愛になるだろうか?」と不安に感じている人もいるでしょう。

しかし、過去の恋愛は終わってしまったもの。
あなたにも恋愛経験があると思いますが、恋が終わるということは、それなりの理由や原因があるはず。
うまくいかなくなったから、ピリオドを打つことになったのです。
ということは、どんなに大恋愛をしていたとしても、どんなに大切に思っていた恋人だったとしても、結果として終わっている恋愛ですから、その恋愛に嫉妬しても意味がないということ。
終わった恋愛は、今さらどうすることも出来ません。

今はあなたと恋をして、交際をしているわけですから、あなたは今の恋愛にピリオドが打たれないように努力することが必要です。
過去にとらわれ過ぎたことが、ピリオドを打つ原因になってしまうこともありますから、注意しましょう。
次のページを読む
1 2
Share: