恋愛

【喧嘩を防ぐ】ドライブデートで即実践!喜ばれる行動8選

楽しいドライブデート。彼氏に運転してもらったり、彼女に運転してもらったりと、いろいろな形のドライブデートがあります。車移動でデートスポットに行くとなると、移動中がドライブデートになります。ドライブ中に喧嘩をしてしまって、どうしていいのか分からないという方のために、即実践できる、喜ばれる行動を8つ伝授します。

いざ実践!ドライブデートで大切なこと8選

image by iStockphoto

さて、今すぐに実践できるドライブデートの極意をご紹介します。
これらを知っていれば喧嘩知らずの楽しいドライブデートになること間違いなし!

1.ナビなどの設定をサポートしてあげる

image by iStockphoto

男性でも女性でも、運転していると運転に集中したいのは誰でも同じこと。
特に慣れていない土地に行くとどうしても道に迷ってしまったり、どこで休憩を取ろうか迷ってしまう体験をした方もきっといますよね。

その時に、助手席にいるあなたがナビの設定をしてあげるようにしましょう。
ドライブデートだから乗っているだけでいい!というのは大きな間違い!

迷っている回数が増えてくると、「なんでサポートもしてくれないんだ」と運転している側のイライラが募っていきます。

その結果、「ちょっとくらいサポートしてくれてもいいんじゃない?」と喧嘩の原因になることもあります。
助手席に乗っている側は「ちゃんと道を考えておいてよ」となるのかもしれませんが、助手席に乗っている人のサポートがあると、運転している人の疲労感も少なくなります。

特に2人で初めてのところに行く場合はなおさら。
「運転してくれてありがとう」という気持ちを持って助手席に乗っていると、自然と運転している相手のサポートに動くことができますよ。

2.飲み物を空けてくれる

運転していると喉がかわいてしまうことがあります。
特に夏の運転は日差しも強くて少し大変です。
高速道路を運転しているときは、飲み物の蓋を開けることが難しいので、助手席にいる側が蓋をあけてくれるととても助かります。

それも、「どの乾いた?」と声をかけてあげると「優しいな~」なんて見直してしまうかもしれません。

「飲み物どう?」と言って、「いらない」と言われたらどうしよう…と心配になる気持ちも分かります。
ですが、たとえそのとき飲み物をいらないと言われても、飲み物を提案してくれたことがうれしいのです。

実際に飲むのかどうかが問題なのではなく、運転してくれている人に対しての心遣いが大切なんですよ。

相手の立場に立って考えてみると意外とすぐに、「こうしてあげたいな」という考えが湧いてきますので、ぜひ実践してみましょう。

3.ルートを事前に確認して快適なドライブを!

image by iStockphoto

ドライブデートで外せない準備と言えば、事前にルートを検索して快適なドライブにすること。
「今はナビがあるから大丈夫」と思っていても、ナビでも事前に予測することができないことがあります。
それは「渋滞」。

ドライブデートで喧嘩になってしまう原因の1つに渋滞があります。
特に土日祝日に出掛けるとどうしても道路や観光スポットは混雑します。
混雑するということは渋滞にもなりやすい状況になっているんです。

その場合は、渋滞しやすいルートや時間帯を事前に調べておく必要があります。
筆者がよくやっているのは、高速道路の渋滞が分かるアプリで、1~2週間前に自分たちが移動しているであろう時間帯に、どこが混んでいるのかを調べて、渋滞回避の方法を探ること。

もちろん道路渋滞は生き物ですから、どこでどうなるかわかりませんし、自分たちが出発する日に限って事故が起きて渋滞になるということもあります。

ですが、事前に調べておくことでいくつかのルートが頭の中に入ります。
つまり、「〇〇が渋滞しているからこっちに抜けよう」「〇〇が渋滞しているけれど、他に抜けてもまた渋滞にはまりそう」など、論理的に渋滞に対して考えることができます。

そうなると、助手席に乗っている人も運転している人も、「この状況なら仕方ないか」と納得して、喧嘩になるリスクを下げることができます。

4.助手席の人が寝てしまっても怒らないで

運転手さんにもお願いがあることも。
助手席の人が寝てしまった時、思うことはさまざまです。
「安心して寝ているんだな」「疲れたのかな」「なんで運転しているのに寝てるんだ!」あなたはどの感情が沸いてきますか?

もし「何で寝ているんだ!」と思ってしまったあなた、もう少し大きな心で相手のことを考えてあげましょう。

よく考えてみてください。
荒っぽい運転でいつぶつかるのか分からない人の助手席で、ぐっすり寝ることができますか?きっとひやひやして、寝ているどころではないはずです。

つまり、もし寝ているとしたら、あなたの運転に安心して、「きっとこの人なら事故なく到着できる」と思えるからこそ、寝るという行動に移るという心理。

もちろんデートではしゃぎすぎて疲れてしまったというパターンもあります。
あなたとのデートがはしゃぐくらい楽しかったんです。

つまらなかったらきっと帰りたいと言われているはず。
楽しくて疲れて寝てしまうのは、とてもかわいいシーンなんですよ。
しかも自分に対して信頼を持ってくれていると分かれば、怒る気持ちがどんどんなくなってきますよ。

5.車内の臭いに気を付けよう

車の臭いというのは、乗っている人の車の使い方によって変わってきます。
例えばたばこを吸っている人の車ですとたばこの臭いがしますし、わんちゃんを飼っている人であればわんちゃんの臭い、洋服の柔軟剤や香水といったように、挙げればきりがないんです。

お互いに好きな匂いであればいいのですが、相手が苦手な匂いであれば少し気を遣う必要があります。
多く挙がる臭いとしては、たばこと香水。
車は密室になりますので、たばこと香水の臭いが外に逃げることが難しいのです。

車酔いをしやすい人は、車内の臭いで酔ってしまうこともありますので、一緒にドライブデートをする方が酔いやすい場合は、特に気を付けましょう。
臭いは市販の臭い消しなどで対処することができます。

臭いが気になるとせっかくのドライブデートも台無しになってしまいますし、思い出も雰囲気も台無しになってしまいます。
車に他の人を乗せるという時の基本的なマナーとも言えますので、自分の車を出す時には、臭いに気を付けてみましょう。

6.荒っぽい運転はしないように心がける

image by iStockphoto

車酔いの話がでたところで、酔いにつながることをもう1つ、荒っぽい運転はしないようにしましょう。
急ブレーキをかけたり、景色を楽しむこともなく猛スピードで車を走らせたりと、運転マナーを守らないのは人としてもNG!

女の子の間では、運転の荒い人は女性の扱いも雑という噂や情報もあるくらい、男性の運転の仕方は大切。
運転が落ち着いていると、もっとたくさんドライブデートしたい!と思ってもらえます。
女子は運転の仕方などの細かいところも見ています。

恋人とのドライブデートでは、スマートな運転を心がけて、彼女を守るような安全運転をイメージしてドライブデートをしてみましょう。
次のページを読む
1 2
Share: