別れる失恋恋の悩み恋心恋愛

重いと思われる彼氏の特徴8選

男性の中には、いつも「重い」という理由で振られてしまう人がいます。彼女から重いと言われるたびに、「何がいけないのだろう?」と思う男性も多いはず。自分では良かれと思って行っている行動が、女性にとっては「重い」と感じることもあるため、それに気づくことが必要。では、重いと思われてしまう男性には、どういった特徴があるのかご紹介しましょう。

愛情表現を間違えると重い彼氏になる

image by iStockphoto

女性から「重い」と言われた経験がある男性の中には、「何が重いと思われたのか分からない」と言う人も多いはず。
彼女に好かれたい、彼女を大切にしていると思ってしていた行動が、彼女にとっては「重い」と思うこともあります。
あなたが良かれと思ってしていた行動が、逆に彼女を追いつめてしまっていたということ。

自分で何が重いと思われたのか分からないということは、彼女がどう思うか考えずに行動していた証拠。
「彼女が喜ぶはず」「気持ちが分かってくれるはず」と自分本位に考えていた人が多いのではないでしょうか。

愛情表現は一歩間違えると、相手にとって重荷になってしまいます。
常に、相手のことを思った行動が恋愛を長続きさせるコツの一つと言えるでしょう。

#1 頻繁な連絡

image by iStockphoto

モテる男性や交際が長続きする男性は、マメな男性が多いです。
そのため、「彼女を安心させるために、自分も細目に連絡を取ろう」と考えている男性も多いのではないでしょうか。
確かに、マメな男性はモテますし、彼女との恋愛もうまくいくでしょう。

しかし、マメと頻繁な連絡は意味合いが異なります。
マメな男性は、連絡などもしっかりと取りますが、相手の状況などを考えて連絡を取ることができるでしょう。
それに比べ、重いと思われる男性の多くは、自分の都合だけを考えて連絡を取ります。
「今頃何をしているだろうか?」「ちゃんと、家に帰ってきているだろうか?」と思った時に、相手の都合も考えずに連絡を取ろうとするでしょう。

こういった連絡が日に何度も来れば、女性はその連絡がどんどんストレスになってきます。
「こんなに何度も連絡をしてくるのはどうしてだろう?」「用事もないのに、連絡をされるのは迷惑」と感じるようになれば、当然一方的に振られることになるでしょう。

彼女と連絡を取る時には、自分の思いだけではなく、相手の都合や状況も考える必要があります。

#2 メールが常に長文

image by iStockphoto

彼女と連絡を取る時、メールやLINEを利用している人も多いでしょう。
メールなどであれば、相手の都合の良い時にチェックできますから、恋人同士にとっても、メールはとても便利なツールといえます。

しかし、男性の中にはいつも長文のメールを送る人がいます。
自分の気持ちを伝えたい、今日の出来事を伝えたいという気持ちは分かりますが、長文メールは一目見ただけで重い気持ちになってしまうもの。
読もうとする気力が、一気になくなるでしょう。

思いをたくさん伝えたいというのは分かりますが、メールを送る際にも常に相手の気持ちを考えることが必要。
自分にこのメールが届いたらどう思うのか、メールを送る前に一度冷静に考えてみましょう。
自分自身、「これは読みにくいな」「読みたくないな」と感じるのであれば、当然彼女に送るべきメールではありません。

#3 度を越えた几帳面な性格

image by iStockphoto

最近では潔癖症や几帳面な男性が増えてきていますが、「重い」と言われたことのある男性の中には、「自分は几帳面」と自覚している人もいるのではないでしょうか。
几帳面な性格は、決して悪いものではありません。
几帳面な人は、きっと部屋の片づけなども行き届いており、過ごしやすい環境を常にキープしているでしょう。

しかし、その几帳面さを彼女にも求めたり、押し付けてしまえば、彼女は重荷になってしまいます。
あなたの几帳面さは、あなたにとって魅力的な部分であっても、彼女にそれを求めるのは間違い。
価値観は人それぞれですから、彼女の価値観、性格やライフスタイルを理解することも必要です。
これを受け入れることができないのであれば、あなたにとっては良いパートナーになっていても、相手にとっては良いパートナーになっていないでしょう。
そうなれば、当然別れ話は間近ということです。

#4 愛情表現が過剰

image by iStockphoto

「彼女に、重いと言われ振られた」と落ち込んでいる男性の中には、彼女のことが大好きだった人も多いでしょう。
大好きすぎて、自分でも気持ちを抑えられなくなっていた人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、その愛情を常に彼女に伝えようとしていませんでしたか。
確かに、女性は彼氏から愛情表現されるのは嬉しいもの。
しかし、度を超えた愛情表現は重く感じ、そのうち恐怖すら感じるようになります。

愛情は、相手に伝えることも大切ではありますが、全てを相手に伝え、理解してもらう必要はありません。
彼女も状況によっては、その愛情を受け止めきれない時もありますから、自分が楽になるための愛情表現は避けるようにしましょう。

#5 彼女の予定を把握しようとする

image by iStockphoto

彼女のことが好きすぎると、「彼女のことは、何でも知っておきたい」と思う男性も多いのではないでしょうか。
心配のあまり、常に彼女の予定を把握しておきたい人もいるでしょう。

実は、彼女の予定を常に把握しておこうという行動は、女性にとっては束縛と感じてしまいます。
もちろん、お付き合いが間もない頃であれば、「愛されているんだな」「心配されているんだな」と喜ばれることもあるでしょう。
しかし、交際期間が経っても同じように予定を聞かれると、「信頼されていないのだろうか?」と感じます。

彼女は恋人という近い存在ではありますが、あなたの所有物ではありませんから、互いを尊重し、信頼し合うことも必要です。

#6 高価なプレゼント

image by iStockphoto

彼女のことが好きすぎる人の中には、愛情表現としてプレゼントを贈る男性も少なくありません。
確かに、好きな相手ができれば、その人を喜ばせたいという気持ちになりますから、「何か、プレゼントを贈りたい」と思うでしょう。

しかし、必要以上のプレゼントは逆に重荷になります。
誕生日やクリスマスなどであれば分かりますが、会うたびに高価なプレゼントを贈られると女性は不安になります。
「こんなに高価なプレゼントをもらっても良いのだろうか?」「どうして、こんな高価な物ばかりくれるのだろう?」と感じるようになると、その思いが重く感じる様になるでしょう。

彼女を喜ばせたい、笑顔を見たいという気持ちは分かりますが、彼女を喜ばせる方法、愛情表現はプレゼントだけではありません。
そのことに早く気づくことができれば、彼女の気持ちもつなぎとめることができるでしょう。
次のページを読む
1 2
Share: