婚活結婚

婚活に疲れたときにじっくり考えてみてほしいこと5選

早く結婚したいと焦る人は多いですよね。「まわりに置いて行かれた気分になる」「結婚できる気がしない」と嘆く人は多いです。本格的に婚活を始めると、「結婚すること」が目的になってしまい、何かを見失っているように感じている人もいるでしょう。本当に自分は結婚したいのか、自分の求める幸せは何なのか、など考えたことはありますか?婚活に疲れたのなら、じっくりそんなことを考えてみるのをおすすめします。今回は、婚活に疲れたときにじっくり考えてみてほしいことについてご紹介します。

婚活に疲れたときにじっくり考えてみてほしいこと5選

image by iStockphoto

婚活に疲れきっている人は少なくありません。
婚活相談所に登録しても、本当に結婚できる人の方が少ないというのが現状ですから、自分ばかり、と責めないようにしましょう。
年齢を重ねる度に、焦る気持ちもわかります。
しかし、一度冷静にもなりたいものですよね。
必死に結婚までこぎつけても、燃え尽き症候群のようになってしまう人もいますから。
充実した人生を送るためにも、一度じっくり考えてみてくださいね。

その1 自分の人生を生きているかどうか

自分の人生を生きているかどうかを考えたことはありますか?婚活を始めたきっかけが、「親に孫を見せてあげたい」「親を安心させたい」「まわりが急かすから」などの理由の人は多いものです。
自分以外の誰かのことを気にして婚活をしている人は、案外多いのですね。
よく考えたことがなくハッとする人もいるでしょう。
婚活相談所などを頼れば、それなりにお金がかかります。
人間は、お金がかかるほど結果を出そうと意地を張ってしまうものです。
自分の本当の気持ちを無視したまま走り続けている人も多いので、一度冷静に考えてみてくださいね。

どうしても自分は結婚したい、という気持ちを再確認できる人もいるでしょう。
気持ちがわかれば少しスッキリしますよね。
自分以外の誰かに影響を受け、いつも流され気味だった人は、自分の人生を生きていない場合があります。
流される人生が居心地よくなってしまい、なかなか抜け出せなくなっている人がほとんどです。
年齢を重ねる度に、挑戦することも減ってきますから、そうなっても仕方ありません。
ここで一度、「自分の人生を生きているかどうか」を考えてみてくださいね。
自分の心の底の声を聞いてあげてください。

その2 結婚の先をイメージできているかどうか

image by iStockphoto

結婚相談所や婚活サイトに一生懸命になるあまり、「結婚すること」「誰かと夫婦になること」が目標になっている人もいます。
結婚の先をイメージできていない人は、結婚後苦しくなる傾向があります。
結婚はゴールではないと、言葉ではわかっていながら、本当の意味を深く考える人は少ないのですね。
正直なところ、結婚してみないとわからないこともたくさんありますが、結婚を決める前にまったくイメージをしていないと、現実とのギャップに苦しむことが増えるでしょう。

あまり選り好みをしなければ、結婚自体は難しくないかもしれません。
しかし、「結婚生活を続けること」が難しいのです。
会社や社長と同じですね。
なんでも始めるのは簡単で、「つづけること」が難しいのです。
もちろん自分の努力だけではどうにもならないことも出てきます。
未来は読めない分難しいのです。
だからこそ、何通りもイメージトレーニングをし、結婚の本質について考える必要があります。
イメージトレーニングをしながら、覚悟を決めるのです。
理想や希望ばかりではうまくいきません。

その3 譲れない条件を一つに絞って考えてみる

あなたが結婚相手に望む関係とはどのようなものでしょうか。
年齢が若いほど、願望ばかりになり妥協は許せない、という気持ちが大きくなりますよね。
相手に高望みしすぎて、いつまでも結婚できない人もいます。
男性と女性では、悩みも違ってきます。
出産を望む女性の場合は、タイムリミットもありますから、焦りを感じてしまうこともあります。
男性の場合は、結婚観やフィーリングを求めるあまり、なかなか良い人と巡り会えない、と悩む人が多いです。

譲れない条件を一つに絞って考えてみたことはありますか?既婚者の意見をまとめると、結局は「思いやりのある優しい人が一番」と皆口をそろえて言います。
容姿は誰だって劣化するものですし、金銭面は協力すれば大抵なんとかなるもの。
どうにもならないものといえば、人間性でしょう。
結婚すれば、良いときも悪いときも必ず訪れます。
そのときに条件というのは、何の役にも立たないのです。
「人間性に惹かれた」というのが、一番重要なことではないでしょうか。
もちろん、譲れない条件があるのならそれでもかまいません。
後悔のないような選択をしてくださいね。

その4 結婚しない選択をしたときのイメージをする

image by iStockphoto

「結婚しない」という選択をしたときのことを冷静に考えてみてもいいでしょう。
今までは「結婚」の一択だったかもしれませんが、結婚しない選択をしたときのことを考えると、視野が広がるかもしれませんよ。
自分の気持ちに気づいたり、やってみたいことが出てきたり、自分の人生を生きたいと強く思うかもしれません。
結婚しないという選択を若いうちにして、コツコツと貯金をしている人もいます。
一人が好きな人、愛犬がいれば十分な人、共同生活が向いていない人。
それぞれ理由は違いますが、自分の意思がはっきりしているので、人生に迷いが感じられません。

結婚しない選択をしたときに寂しいいという気持ちが勝って、まったくイメージが湧かない場合は、本当に誰かと生きることを望んでいるのかもしれません。
結婚しない選択をしたときのイメージをし、どちらがいいか比較することもできますよね。
「やっぱりどうしても結婚したい」と自分の気持ちを再確認できるかもしれません。

その5 自分はどんな人生を求めているのか

image by iStockphoto

一度「結婚」というのを抜きに考えてみてください。
自分はどんな人生を求めているのか、どんなことをテーマに生きたいのか、自分の幸せとは何なのか。
周囲のことは考えず、自分だけに集中して、深く掘り下げながらイメージしていきます。
色んな経験をしてきた人ほど、深く掘り下げることができるでしょう。
また、自分の生き甲斐についても考えてみてください。
多くの人は、誰かの役に立つことや家族を生き甲斐にしています。

自分自身と対話することで、リラックス効果もありますよ。
慣れないうちは、イメージが湧かなかったり、自分の気持ちが見つからなかったりしますが、次第に心地よい時間となります。
自分自身と対話する習慣をつければ、迷いや不安が解消され、行動を起こせるようにもなりますよ。
自分はどんな人生を求めているのかなんて、すぐには答えが出ないもの。
また、コロコロ変わったりすることもあります。
ブレないような、大きな人生テーマを心に決めてくださいね。

婚活に疲れる人は多い

婚活を本格的に始めようと思えば、結婚相談所を頼る人も多いです。
たくさんの人と出会うということは、何十回も同じ質問をし、何十回もはじめましてをしなければならないということ。
当たり前ですし、有り難いことだとわかってはいるものの、正直しんどくなってくる、という人は多いです。
最初のワクワクがなくなり、義務のようになっている人も。
何度もゼロから関係をつくることに「疲れてしまった」という声は多く寄せられているのです。

「第一印象が大事」と教わり、第一印象をよくするために、ずっとニコニコしている人もいます。
相手に好印象を持ってもらうために、笑顔でいることは大事です。
しかし、ニコニコしすぎて相手に不信感を与えてしまうことも。
笑顔をつくったり、空回りをしたり、気遣いをしたり、さすがに疲れますよね。
疲れると、婚活自体をやめたくなってしまうこともあるでしょう。
何も考えずにやめてしまうのはもったいないので、「どうして婚活をしているのか」を今一度考えながら、少し休憩してみてもいいですね。
次のページを読む
1 2
Share:
konohana