恋愛

デートなのに?割り勘男性が彼氏としておすすめできない理由9選

初めてのデートで気になる男性から割り勘にされたり、彼氏とのデートがいつも割り勘だったりしてお悩みではないでしょうか。「女だから男に全額奢ってもらって当たり前」という考えはよくありませんが、割り勘男性にモヤモヤしてしまうという女性も多いことでしょう。コチラの記事では、割り勘男性が彼氏としておすすめできない理由をピックアップしてみました。

デートなのに割り勘?カッコつけない男はヤバい!

「デートは割り勘でOK」と考える女の子もいると思います。
個人的にも学生同士でお付き合いしていた元カレとは基本的に割り勘デートでした。
しかし、その後いろんな殿方とお付き合いするうちに、割り勘男性はあえて彼氏にする必要がないとヒシヒシ感じるようになったのです。

もちろん、デートは割り勘だけど彼氏の人柄に満足していると言うなら、ふたりの価値観が合っている証拠。
だけど、割り勘男性がスマートでないと思う、別れを考えているという女性は次にご紹介する「割り勘男性が彼氏としておすすめできない理由」をご参考ください。

男友達なら割り勘であるほうが負い目もなく良い友達関係を築けると思いますが、彼氏や彼氏候補の男性であるなら再考の余地あり。
私の持論になってしまいますが、「カッコつけない男はヤバい!」です。

その1 男気がない

image by iStockphoto

個人的に、デートを割り勘にするタイプの男性がおすすめできないと真っ先に叫びたい理由がコレ。
今まで知り合った男性のなかでも、割り勘主義の方に「男気があるなー」と感じたことは一度もありませんでした。

そもそも、デートを割り勘にする男性でモテたり人気だったりする人を見たこともないです。
男気に欠ける男性は、デート代の支払いだけでなく、いろんな面でドライに割り切っている人が多くあります。
いわば、「自分の得にならないことはしない」感じの男性と言えるでしょうか。

やはり自己犠牲を厭わない男気ある男性と付き合うと自分自身も勉強になります。
そして、女性として扱ってくれますから「女に生まれてきて良かった」と幸せを実感することも。
とにかく、男気ある男性と割り勘男性は内面が違いすぎるということなのです。

その2 そこまで好きではない

image by iStockphoto

男性は本当に好きな女性に対して、ものすごくカッコつけてくれる生き物。
「彼女をモノにしたいなら頑張るしかないでしょ!」と、尋常ではない情熱を傾けてくれるものなのです。
男性からアプローチを受けたときの、この「無理してでも頑張る感」は本当に愛おしくありますよね。

だからこそ、最初のデートなのにすべて割り勘にされたという女子は考え直すべき。
割り勘にされたということは「あなたにはカッコつける必要がない」と判断されてしまったということです。
もしかしたら良いところを見せたい気持ち自体がない男性である可能性もあります。

繰り返しますが、カッコつけない男はヤバイ。
それくらい男にとってカッコつけることはあらゆる行動に傾けるパワーの原動力となっているのです。

その3 トラブルが絶えない

image by iStockphoto

デートは割り勘だけど、他の面でそれを十分カバーするような内面的魅力のある彼なら良いと思います。
しかし、あきらかに割り勘主義がケチ由来だと感じるのなら、今後のお付き合いに関して熟考したほうが良いと言えるでしょう。

なぜなら、割り勘主義の男性はお金に細かいためケンカの原因を産み出しやすくなるからです。
割り勘デートが平気な彼氏と交際する女性は、すでに支払いのことで不満がたまっている状態なのではないでしょうか。
「この前は私が出したのに」「彼が端数までお願いしてくる」なんてことに悩まされるのは、彼がお金にケチすぎるから。

このようなタイプの男性は、自分が損することに敏感。
せっかくお付き合いしているのに、ずっとお金のイライラに悩まされるなんて不毛な恋愛になってしまうかもしれませんよ。

その4 出世しない

image by iStockphoto

デートを割り勘にしてくる男性は、あまり収入が増えたり出世したりしないのではと私は強く感じます。
なぜなら金銭面にドライな人は、本音で好かれたり慕われたりすることがあまりないから。
割り勘にする理由が経済的な事情であるなら仕方なくありますが、そうでもないのに折半にこだわるのはやはり「自分は損したくない」という気持ちが強い証拠なのです。

その感覚は支払いだけでなく、様々な場面で特徴強く表れます。
例えば困っている人を平気で放置したり、自分にメリットある行動しかとれなかったり。
周りは人柄をよく見ているもの。
せっかく恋愛するなら、社会人として将来的に有望な男性を彼氏に選んだほうがあなたのためにもなりますよ。

その5 専業主婦になれない可能性がある

image by iStockphoto

お会計を割り勘にしてくる男性とカップルになっても、将来いばらの道かもしれません。
彼女側がキャリアウーマンとなって働き続けたいタイプなら良いですが、一時的でも専業主婦として育児に専念したい気持ちがあるのなら、それは叶わぬ夢となる可能性も。

というのも食事代を含むデートの支払いを割り勘にしてくる男が、一時的でも快く養ってくれるとは考えにくいからです。
知り合いのお金に細かい男性は「専業主婦希望の女なんかあり得ない」と発言していました。

女性はずっと働き続けたいと切望しても、妊娠してつわりがひどかったり、子どもが病弱だったりすると退職せざるを得なくなる場合があります。
結婚すれば、夫婦は助け合うことが大切。
割り勘彼氏がどこまで割り勘主義なのか、結婚前にしっかり見極めておかないと「失敗した」なんて後悔の元になる恐れもあるでしょう。

その6 身体の関係も割り勘

image by iStockphoto

デート代を割り勘にする男は、ラブホテル代だって躊躇なく毎回割り勘にしてくる恐れがあります。
ふたりで旅行に行くなら割り勘でもOKですが、さすがにお泊りデートまで常に割り勘だとしたらセコすぎるというもの。

やはり、いくら彼氏であっても女性が身体の関係を持つことは大きなリスクです。
それにも関わらず身体の関係まで割り勘だったら、万が一妊娠してしまったときにしっかり責任を取ってくれるのか甚だ疑問。

愛情はお金だけで測ることはできませんが、やはりそれでも身体の関係まで必ず割り勘というのなら、思いやりや気遣いの足りない男性である可能性が高いと言えるでしょう。
次のページを読む
1 2
Share:
hayakyo