恋愛結婚

迷ったら問いかけたい、結婚を決断するために必要な9つのチェックリスト

6. 相手に頼らず自立できているか

image by iStockphoto

相手に頼らないという言葉を聞いて、え?と思う人もいるかもしれませんが、結婚は依存ではないのです。
もちろん、相手を支えたいとか守りたいという気持ちが芽生えることは大切だし、むしろその気持ちがなければ思いやることもできませんが、それと依存とはまた別問題。
何をするにしても相手がいないとできない、決断できない、では負担が多すぎるでしょう。
そうではなくて、一定のことはできるし自分の世界をきちんと持っている。
その上で一緒にいるときは相手のことを考えることができる、これが理想。

7. お互いの身の回りが落ち着いているか

環境が落ち着いているのは結婚をするにあたりもっとも重要なこと。
たとえば家族にはどういう風にみられているのか、仕事はどういう状況なのか、金銭面では余裕があるのかなどなど。
どんなに結婚は二人がするものと言っても、付き合うことと違って家族を巻き込むことだから、家族の賛成なしにはスムーズに事は進まない。
仕事だって、多忙すぎたり、転職するか悩んでいる最中であったら、結婚についてじっくり考える余裕などどこにもあるはずがありません。
また、生活する上で重要なのは金銭面。
お互いの金銭感覚に不一致はないか、結婚する(挙式やハネムーンなど)にあたって余裕はあるのか、そういった落ち着き具合も大切な要素になるのです。

8. 直感が大丈夫と言っている

不安定な恋愛をして、このままでいいのかな?と思った経験はありますか?相手を思う気持ちはあるのに、なんだか心が落ち着かない、そんな心理状況。
はっきりとした理由はわからないのですが、自信をもって間違ってないと言えない感覚。
つまりはこれらはすべて「直感」なのです。
直感で感覚的になにかに違和感や不安を感じているからこういう状況になってしまう。
この直感を感じているうちに結婚に踏み切るのはとても危険。
できれば、どうして直感的にそう感じてしまうのか、原因を突き止めた方がいいのです。
直感で大丈夫だろうと思えるならば、結婚のタイミングということ。

9. 自分が結婚したいと思える

ここまで、相手のこと、自分のこと、周りの環境など様々な項目を挙げてきましたが、最終的に決め手となるのは、「自分が結婚したいか、したくないか」ということ。
相手が大好きだから、ずっと一緒にいたいからなんて恋愛の感情だけでは結婚生活はうまくいかないのです。
あなたは、今本当に結婚したいと思っているのか。
「結婚」という枠だけにとらわれず、本当の自分の気持ちを探ってみてください。
一時的な好きとかドキドキの感情に惑わされずに純粋に考えることが必須。

結婚は不安や迷いが消えたときに決断できます

image by iStockphoto

さて、今回は結婚を決断するために必要なチェックリストについて、9つのチェック項目をご紹介。
結婚したい、でもまだなんとなく迷いがある人、不安がある人は悩みや不安の原因となる項目があったでしょうか?しっかりと自分と向き合って正直な気持ちを読み取ることができれば、きっと当てはまる項目があったのでは?

これらの項目について、じゃあどうやって解決していけばいいの?と思う人も中にはいるでしょう。
もちろん、自分の気持ち次第な部分もたくさんあるので、まずはその人と一緒にいたいかどうかじっくり考えるべきではありますが、先にもお伝えした通り結婚は一人でするものではない。
不安があるならば悩んでいるならばまずは相手にしっかりと伝えること。
それを伝えたときに相手がどんな反応をするのか、それも決断するにあたって大切な要素となります。
素直な気持ちを伝えたときに相手が理解してくれるか。
してくれなくとも、理解できるよう考えてくれるかどうか。

あなただって同じことが言えます。
もしかしたら逆に相手だってあなたに対して不安や悩みがあるかもしれない。
それを理解できるか、寄り添うことができるか。
育った環境も、考え方も違う二人が人生をともにするわけですから、一方だけに偏らずお互いが納得のいく解決策を見つけていくべきなのです。
1 2
Share: