お礼ギフト・プレゼント内祝い出産内祝い結婚内祝い

内祝いに送りたい!おすすめクッキー15選+NG例2選

出産祝いや結婚祝い、入学祝など人生の様々な場面でいただくお祝いはとっても嬉しいものの、そのお返し(内祝い)は何を贈ればいいのか頭を悩ませますよね。 そこで今回はどんな方にも喜んでもらえる内祝いの一つとして人気の高い焼き菓子の中でも、オススメのクッキーをご紹介します!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

内祝いってどんなものが喜ばれるの?

image by iStockphoto

内祝いと一言で言っても、いただいたお祝いや相手との関係によって贈る品物も変わってきます。
相手の好みに合わせ、感謝の気持ちが伝わる内祝いを贈るようにしましょう。

内祝いにクッキーが喜ばれる理由

クッキーは焼き菓子の中でも日持ちがするのが一番の理由です。
また個包装になっているものも多く、味や色のバリエーションが多いのも喜ばれるポイント。

お子さんがいらっしゃるファミリーから年配の方まで幅広い年代に喜んでもらえますよ。

内祝いにはこんなクッキーがおすすめ

クッキーと一言で言っても様々な種類があり、味も値段もお店によって全然違いますよね。
自分が食べるのであれば、いろいろな味に挑戦するのもいいですが、人に贈る場合は、オーソドックスな味のものがおすすめです。

内祝いにクッキーを贈る際のNG例

image by iStockphoto

「いただいた内祝いがうれしくなかった」とか「贈った内祝いを喜んでもらえたか不安」という経験は誰でもありますよね。
そこで内祝いでクッキーなどの焼き菓子を贈る場合のNG例をご紹介しますので、失敗しないようにしてくださいね。

内祝いにクッキーを贈る際のNG例その1 賞味期限が短い

内祝いなどでいただいたお菓子は、誰かが家に来た時に食べようと思って、しばらく食べずに置いておくことも多いもの。
私もちょっといいお菓子をいただいた時には、そうしています。

しかし、いざ来客時に出そうと思ったら賞味期限が切れている、ということにならないように賞味期限には余裕をもって贈るようにしましょう。

内祝いにクッキーを贈る際のNG例その2 中身が割れている

直販の店舗で買う場合には、きちんと「ワレモノ注意」として宅配便の手配などしてくれますが、ネットのサイトなどで買う場合には備考欄に包装をきちんとお願いしましょう。

開けてみてバリバリのクッキーが出てきたらうれしさも半減してしまいますよね。

王道のブランドクッキー

image by iStockphoto

誰でも知っているような有名店のクッキーは、目上の方にもお友達にも喜んでもらえますよね。
デパ地下スイーツブランドや老舗お菓子メーカーなど、自分では普段買わない、ちょっといいクッキーを選んで内祝いに贈りましょう。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: