ギフト・プレゼント

香典返しでまたお茶!?そんなことはもう言わせない、もらって嬉しいお茶ギフト15選

香典返しといえばお茶は定番と考えられるギフトの一つです。しかし、それぞれの家庭で好みのお茶を常備している場合が多く、贈り物としてもらっても今一つ喜ばれないなんてことも。お返しの気持ちとはいえ、せっかく贈るのならば相手が喜ぶものを贈りたい!今回は香典返しにまたお茶とは決して言わせない、もらって嬉しいお茶のギフトを厳選しました。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

「ありがとう」の気持ちをそっと伝えるお茶ギフト

image by iStockphoto

お茶は毎日の食事とのお供として、またはホッと一息つきたい時にぴったりの飲み物です。
自分の為に淹れるのはもちろん、お客様が来た時にも欠かせません。
そんなお茶がなぜ、香典返しの品としてよく選ばれるのでしょうか?

香典返しとは?

故人を送る葬儀の際、来訪者は遺族に香典を渡すのが風習としてあり、お礼として今度は遺族から贈るのが香典返しです。
不幸を繰り返さないという意味合いを込めて「消えもの」が好まれ、お茶や海苔、お菓子が一般的。
これらが選ばれる理由は食べたら消えてなくなり、日持ちがするからです。

香典返しを選ぶ時の注意点

image by iStockphoto

香典を頂いた相手の中には親密な方もいれば、そうでない方も当然ながら含まれています。
誰に対しても失礼がないよう香典返しの注意点を学んでおきましょう。

香典返しを渡す時期

一般的に香典返しを贈る時期は四十九日の法要が終わった後と言われています。
これは法要が無事に終わり「忌が明け」た報告のため、喪主が手渡しで渡すのが本来のマナー。
しかし、遠方など直接お会いするのが難しい人もいるので一言ご挨拶を添えて郵送する場合も多くなっています。
また、最近では香典を頂く通夜や葬儀の日にお返しするケースも。
何かと忙しい現代ではこの方法を選択する人が増えているようです。

期間は四十九日の当日から一か月以内と言われていますが、もし過ぎてしまう場合は一言お詫びの言葉を添えて贈りましょう。

香典返しの金額はどれくらいが目安?

お返しするとはいえ、どれくらいの金額を考えればいいか迷う人も多いと思います。
香典返しのルールとして「半返し」という習慣があり、もらった金額の半分を目安に考えましょう。

また、当日に香典返しをする場合は事前にもらう香典の金額が分からないので同額の品を用意します。
目安は2000円から3000円くらいですが、高額な香典を頂いた方には後日、別にお礼の品を用意すると失礼なくすむでしょう。

#1 定番の緑茶に一工夫!こだわりのあるお茶ギフト

image by iStockphoto

家に常備している人も多い緑茶。
だからこそ、普段とは違う特別感のある緑茶を香典返しのギフトとして贈るのはいかがでしょう。

#1 旨味と香りの違いにうっとり「金印 1本セット by 鈴和商店」

緑茶の新芽はやわらかく、機械で摘み取ることはできません。
丁寧に手摘みした茶葉を使用した静岡県産の「金印」は香り、旨味ともに極上です。

一煎目は65度から75度の低温でうまみをじっくりと引き出して、二煎目は高温で香りと苦みをお楽しみください。
一缶に100グラム入りでたっぷり入っているため毎日、飲んでも長く楽しめます。

最後の茶殻まで豊かな香りが楽しめるほど力強さのある「金印」は農林水産大臣賞の受賞歴あり
香典返しとしてぴったりの一品です。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: