ギフト・プレゼント

お風呂あがりに快適な時間をプレゼント!おすすめのバスローブ15選

春から冬まで一年中、バスローブはいつでも使えるアイテムです。一度、使ってみると、もう手放せなくなってしまうかも。大切な人が初めて使うバスローブをあなたの手で選び、プレゼントしてみませんか?

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

バスローブは一年を通して使える快適アイテム

image by iStockphoto

日本人にはあまり馴染みのないバスローブ。
海外のセレブが着ていたり高級ホテルで用意されている、なんてイメージが思い浮かびませんか?ハードルが高いように感じるバスローブですが、実際に使ってみるとすごく便利で快適なアイテムなんですよ。

バスローブを着るメリット

バスローブはお風呂上りに着るアイテムです。
使う目的は湯冷めを防ぐためと、肌を保湿するため。

お風呂上りに濡れた体をふいても、体温が落ち着くまで身体は汗をかいて調整しようとします。
そのため、お風呂上りにすぐパジャマを着てしまうと汗はそのまま吸収され、冷えると湯冷めを引き起こしてしまうことに。
湯上りにバスローブを着ていれば、汗を吸収し気持ちのいい状態でパジャマを着ることができますよ。

また、汗をかいたまま放置すると肌が乾燥する原因になりかねません。
肌に優しい素材のバスローブを着ることは保湿にもつながります。

バスローブの使い方からお手入れまで

バスローブを着るタイミングは体をふいた後がベスト。
ですが、小さいお子様の場合、そうもいかないこともしばしばです。
そういう時はお風呂上りにすぐバスローブを着せ、そのまま体をふいてしまってもいいでしょう。
着たあとは大体、10分くらいして汗が落ち着いた頃、パジャマに着替えてください。

待っている間はスキンケアをしたり、髪をかわかして過ごすのがおすすめ。
特に体へボディクリームをぬる時はバスローブの方がやりやすいですよ。

使い終わったバスローブはバスタオルと同じように毎日、洗うのがベストです。
傷みを抑えるため洗濯ネットに入れて洗いましょう。
また、洗濯後は形を整えてから干すことがポイントです。

バスローブを選ぶ時に気をつけたいこと

image by iStockphoto

種類が色々あるバスローブ、どれを選ぶかは大切なポイントです。
相手の状況や季節に合わせたバスローブを選べばきっと素敵なプレゼントになりますよ。

相手に合うバスローブを選ぶ

バスローブの形はいくつかの種類があります。
羽織る形のガウンタイプ、簡単に着られるポンチョタイプ、上半身のケアがしやすいキャミソールタイプなど。

贈る相手の状況、好みによって使いたいバスローブのタイプは変わってくるので、プレゼントしたい人に合わせて選びましょう。

季節に合わせた素材、生地を選ぶ

バスローブに使われている素材や生地は涼しいものから温かいものまでさまざま。
季節に合ったバスローブを選ぶことで、相手はすぐにでも使いたいと思うはず。
逆にすぐには使えないバスローブをプレゼントしてしまうと、使わないまま忘れられてしまうかも。

季節に合わせたバスローブを贈り、すぐに始められる快適生活をプレゼントしましょう。

#1 忙しい時のおすすめは?種類別バスローブ

image by iStockphoto

プレゼントする相手は忙しいママさんですか?それとも、セルフケアを大事にするしっかり者のレディ?または、お風呂上りはいつもパンツ一丁のワイルド系男子?贈る相手に合わせた種類のバスローブを選びましょう。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: