ギフト・プレゼント

プチプラからメインのスイーツまで!人気のハロウィン用お菓子の詰め合わせ15選+気をつけたいこと3選

「ハロウィン」といえば仮装がメインで思い浮かぶかもしれませんが、それと同じくらい大切なのが「お菓子」です。子供たちに配ることもあるでしょうし、パーティーで食べる場合やプレゼント交換をすることだってあります。そんな時に活躍してくれるのが「お菓子の詰め合わせ」です。Dear編集部ではイベントに合わせたお菓子についてじっくり研究してきました。「ハロウィン」にぴったりのお菓子の詰め合わせをお届けします。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

特別なシーズン「ハロウィン」!

image by iStockphoto

シーズンが訪れると街はオレンジやブラック、パープルなどの「ハロウィン」カラーに染まっていきます。
それは本当に街のあちこちで見られる現象で、イベントが好きな日本人らしいですね。
そんなハロウィンの色はお菓子売り場でも見られます。
特にお菓子のブランドでは「期間限定」と称した限定アイテムがたくさん。
今しか食べられないもの、その年にしかお目にかかれないものばかりです。
いつものお菓子も普段と違う装いになればどこか違うかもしれません。
特別なシーズンのお菓子をみんなで楽しみましょう!

「ハロウィン」とは

「ハロウィン」はヨーロッパ発祥のキリスト教にまつわるお祭りの一つです。
正確な期間は「10月31日~11月2日」で秋の収穫をお祝いするもの。
同時にご先祖様の霊をお迎えし、悪霊を追い払う意味もあります。
現在は10月31日で定着しつつありますが、もともとは1日のお祭りというわけではなかったということです。
日本でいうところの「お盆」のようなものに当たりますが、日本のお盆と違い複数の意味合いを持つ行事といえます。

日本の「ハロウィン」とアメリカの「ハロウィン」の違い

現在主流となっているのは「アメリカ」で行われている「ハロウィン」です。
おばけや怪物などの怖いものに仮装した子どもたちが近所を練り歩き、「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)の掛け声とともにお菓子をねだります。
あくまで子どもたちが中心のイベントです。
この点が「日本」のハロウィンとの大きな違いともいえます。
日本では子どもたちが参加するものはもちろん、若者たちが創意工夫を凝らした仮装をすることやパーティーで楽しむことがメインになりつつありますよね。
様々な文化を自分たちの文化と合わせてより楽しいものを生み出す、日本人らしい考え方かもしれませんね。

シーンに合わせたお菓子選びが大切

「お菓子の詰め合わせ」を選ぶときには、まず目的を考えましょう。
子どもたちを中心としたイベントなのか、みんなで集まって楽しむパーティーなのかなどシーンに合わせることが大切です。
子どもたちに配る予定があるのであれば、小さめのお菓子やお子さまの舌に合うものを選ぶ必要があります。
大人や子どもたちも併せてのパーティーならメインのお菓子があってもいいですし、お菓子の交換だけならパッケージにこだわるなどをしたプレゼントの形態が良いでしょう。

「お菓子の詰め合わせ」を選ぶときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

実際にハロウィンの「お菓子の詰め合わせ」を選ぶときにはどんなことに注意すべきでしょうか。
選ぶときのポイントをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

チープになりすぎないように

小さなお菓子やプチプラのお菓子の詰め合わせを選ぶときには、見た目がチープになりすぎないように注意が必要です。
可愛らしいデザインが多く魅力的に見えるかもしれませんが、実際にお渡しするときに安っぽい印象を与えてしまってはいけません。
お菓子ブランドの限定パッケージなら大丈夫かもしれませんが、お配り用などで購入するときには気をつけましょう。
また、目上の方にイベント上プレゼントをしなければならない時は、失礼にならないよう安っぽい印象にならないよう注意してください。

衛生面に注意

ご時世柄ということもありますが、食べ物をプレゼントするときには衛生面が非常に大切です。
特に子どもたちはどこで何を触っているかわからない時もあります。
お菓子を食べるときにはよく手を洗うことを指導したり、個別包装で安心して食べられるように事前に用意する方法もいいですね。
ラッピングに工夫をすることで衛生面を管理することもできます。
もし手作りのお菓子を用意するときにはより衛生面には気をつけて安全に作るようにしましょう。

原材料の確認を

特定のメンバーで集まってお菓子を頂くときには、お菓子に使われている原材料などのチェックも欠かせません。
「食品アレルギー」や「好き嫌い」などハロウィンをより楽しむために確認はしっかりしましょう。
パーティーのお菓子を選ぶときは特に注意が必要で、お子さまも一緒に参加する場合は保護者にさりげなく聞いてみるのも忘れずに。
楽しいハロウィンが嫌な思い出にならないために、心配事や懸念事項はなるべく解決して挑みたいものです。

その1 子どもたちも喜ぶ!【1,000円以内】のお菓子の詰め合わせ

image by iStockphoto

地域の子ども会やイベントなどで、お配り用のプレゼントにぴったりのお菓子や駄菓子の詰め合わせです。
ハロウィンの装いにまとめれば特別感もばっちりですよ。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: