モテたい恋愛

【恋愛テク】誰でも簡単にモテるメールの作成手順と方法はこれ

男性、女性関係なく異性にモテたいと思いますよね。有名人みたいな、著名人みたいに大多数の方々から声をかけられる、なんて事があったらまさに夢みたいですよね!でも本当に夢で終わらせても良いのでしょうか?どうせならそれを現実にしたいですよね!今回はそんな夢が実際に叶えられる様なとっておきの秘密をアドバイスさせていただきます!

まずは携帯をチェック

image by iStockphoto

何事も焦っては失敗してしまうだけなので、慎重に行動しましょう。
まずは、自分の携帯をチェックしましょう。
自分が普段どんな携帯を使用しているか、どこの会社を利用しているのかによって、使える絵文字が大きく変わってきます。
会社によってはあるものや無いのもが分かれている為、確認をしましょう。
また、近年では携帯に「顔文字」なんてものが存在します。
進化しているだけあって、何も知らないままですとモテるメールなんか出来る訳がないので、まずは細かくしっかりとチェックをする事が重要。

次に、普段どのぐらいの人数からメールがもらえているのか、異性と同性とどちらの方がメールが来る割合が高いのかを明確に知る事によって、自分が普段どれだけの人に人気があるのか、どのような人から好意を抱いてもらっているのかをしっかりと把握する事によって、メールを出すターゲットを決めます。
そして、そのターゲットに向けて行動をし、自分だけのモテるメールを出す準備をしましょう。
何も相手をしらないままで行動をしてしまうと、モテるメールを出す以前に相手に嫌われてしまう可能性もある為、慎重に行動しなければいけないのです。

#1 今までどんなメールを送ったのかを確認

image by iStockphoto

自分が今まで同性の方にはどのようなメールを送ったのか、異性相手にはどのようなメールを送ったのかを履歴を見てチェックします。
そうする事によって自分で見る恥ずかしさはありますが、普段自分がメールでの接し方、考え方を知る事が出来ます。
このチェックを怠ってしまうと、一所懸命考えたメールを送っても普段の自分と違うメールによって相手に誤解を招いてしまう可能性があります。
その為、普段の自分とあまり差が大きくなりすぎない様に注意しながら相手にメールを送る事が出来ます。

メール一つで相手の心をつかむ事は実際に可能ですが、間違った方法でメールを送ってしまうと、相手に嫌われてしまう可能性があり、さらには誹謗中傷されてしまうなんて可能性も考えられる為、モテるメールを出す前に一度冷静になって、自己分析する事が必要です。

#2 モテるメールを送る準備をする

image by iStockphoto

何事も準備が無くては始まりません。
しっかりとした準備をする事によって、いざ相手にモテるメールを送った時に失敗をしてしまう可能性が低くなる為、警戒をしながら取り組む事が必要。
まず、誰に送るのかをしっかりと決めます。
ただ適当な人数や相手に送ってしまうと口が軽い相手の場合沢山の人にシェアされ、一気に友人たちや知人に拡散されてしまい、被害がとても大きくなってしまう可能性があり、返って自分が傷ついてしまう可能性があります。
その為に、誰に送るか、誰が良いのか相手を選ぶ事によって周りに拡散されてしまう被害を未然に防ぐ事が出来る為、相手を慎重に選んだ上でメールを送る決意をします。

次に、自分は相手にとって嫌われていないのかを過去のメールを確認した上で判断します。
自分を嫌いな相手にメールを送ってしまうと、余計に嫌われる可能性があり、最悪の場合は誹謗中傷やイジメのターゲットにもなってしまう可能性がある為、相手が自分に対して好意を抱いてくれているのかを確認し、メールを送ります。

#3 モテるメールの文章の考え方

image by iStockphoto

みんなに同じ文章を送るのは絶対にやめましょう。
他の人に拡散されてしまった時に、恥ずかしい思いをすると共に、周りへの評価が下がってしまいます。
また、一人一人性格が違うため、それぞれに合ったメールを送る事にします。
人によっては好みもハッキリと分かれる為、万が一、相手の好みが気になった場合や聞きたい事がある場合に会話をさらに広げ、話を続ける事が出来るように、メールをより一層工夫し、より相手との距離を短くする事を目標にして、メールを返します。

ただ適当に相手に送ったメールは「モテるメール」というのでしょうか。
実際は違います。
モテるメールの多くが「相手を幸せにする発言」をする事によって、モテるメールになると言われております。
相手に送る前にしっかりと相手の好みを把握した上でメールを送ると、よりスムーズに話が出来るようになります。

#4 実際に相手に送る

image by iStockphoto

準備が出来たら実際にメールを送ります。
この際に再度もう一度自分の文章を確認し、誤字脱字が無いか、相手に不快に思われないのかをしっかりと考えた上で送信します。
相手に送った後にすぐに再度メールを出してはいけません。
相手にも「プライベート」がある為、しっかりと返信を待ちます。
多くの場合、自分に好意を抱いてくれている場合はすぐにメールが返ってくる場合がありますが、そうでは無い場合は日にちを明けてからメールの返信が来ると言うケースも多く見受けられます。

送ったらモテるメールは終わりではありません。
万が一、相手から返信が返ってきた場合には「次はどのような文章を相手に送ろうか」を考え、相手から返ってくる文章を憶測で考えながら次の段階を考えます。
そうする事によって、相手からメールが来ても、すぐに対応をする事が出来て、時間がかかっても相手にメールを送るなんて言う行為が無くなり、スムーズに会話が出来るようになります。

#5 モテるメールに成功した場合

image by iStockphoto

相手から返ってきた文章がとても輝いて見えた時、それが成功の合図です。
自分が出したメールによって相手がきちんと返してくれて、その文章が尚、良い文章だったり、文脈だったりすると、相手は自分にとって好意を抱いている人物だと言う事が分かります。
これによって、これからのメールがよりスムーズに送りやすくなり、少し踏み込んだ話や、聞きづらい事を聞けるというチャンスが訪れます。

しかし、成功したからといって、そこで終わらせてしまってはただ「1通送った」だけになってしまうので、成功したからモテるメールは終わりではなく、始まりだと思うことが重要。
次はどんな文章を送るかをしっかりと考え、次も成功するようにインターネットで検索して参考にしたり、長時間かけてじっくりとモテるメールを考える事が必要です。

#6 モテるメールに失敗してしまった場合

image by iStockphoto

相手から返ってきた場合で相手に嫌われてしまった場合でも決して諦めないで下さい。
よく考えてみてください。
本当に嫌いな相手に対してメールを返すなんて行為をすると思いますか?実際はしません。
本当に嫌いな相手からメールが来たら、受信拒否をしたり、最悪メールを返さないなんて選択を取りますよね。
他にも、嫌いならば迷惑メールフォルダに追加するなどの対処をしますが、相手からメールが返ってきたと言う事はチャンスがあると言う事になります。

何事も失敗をしてしまう可能性があります。
失敗をしてしまったからと言ってそこで諦めてしまうと、せっかく勇気を出した一歩が無駄になってしまいます。
モテるメールを送るには、何度も過去の文章を見直し、反省する事が必要です。
そして、次はどうするのかをしっかりと考え、次に活かします。
次のページを読む
1 2
Share: