かわいくなるダイエット恋愛

【あなたの身体が短時間で変わる!】その方法とは?

寒かった季節も終わりを告げ、肌の露出が増えてくる季節になりました。しかしながら、あなたの背中周りや腕周り、お腹周りにぜい肉はついていませんか?冬場の運動不足や食べ過ぎできっとぽっちゃりしてしまっていることでしょう。そんな身体では残念ながら素敵な男性は振り向いてくれません。今回はそんな女性の為に、簡単に出来るダイエット法・痩せる為のコツ・ダイエットの知識をお伝えしていきたいと思います。ダイエットが難しいと思っているあなたや、ダイエットをこれからしようと思っているあなたには耳寄りな情報であることでしょう。

まずは、あなたに見合ったダイエットを始めましょう!

image by iStockphoto

さぁ、ダイエットをしよう!と思った際にあなたはどんなダイエットを考えますか?ダイエットの実の意味は、規定食や食事制限と言う意味があり、食事のコントロールによって痩せる方法と言われています。
ですので、本来の意味を考えると食事の調整をすることで痩せるということが望ましいのかもしれません。
今回の説明では、運動やエクササイズも含めることとします。
ダイエットも食事だけの調整であると、身体の燃費力自体は上がりませんので、少し痩せづらいと感じる方もいらっしゃいます。
効率の良いダイエットは、あなたの生活サイクルに合わせながら、また、三日坊主にならないように続けていくことが大事ですので、続けられる方法を選びましょう。
以上のことから、主な方法として、

1.食事制限をする

2.運動をする

3.食事制限と運動を双方する

の3点が挙げられます。
もちろん一番良いのは3ですね。
この後無理なく出来る方法を考えていきましょう。

無理のない食事制限を考えてみよう!

image by iStockphoto

まずは食事制限について考えていきましょう。
ダイエットの考え方として、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってはいけないと言う考え方があります。
当たり前の考え方ですが、なかなか意識できないことが多いので痩せることが出来ません。
選択肢は単純に、

1.摂取カロリーを減らす

2.消費カロリーを増やす

と言うことが挙げられるのです。

まず、1から考えていきたいと思いますが、食事制限の方法として、炭水化物を抜くか野菜を多く食べるかと言うのが主流ではないでしょうか。
炭水化物には、糖質と言うものが多く含まれており、身体を動かすエネルギー源になります。
しかしながら、その糖質がエネルギー源として使われることがなければ体内に脂肪として蓄積してしまうのです。
ですので、動かない時や夜などは炭水化物を控えた方が良いと言われています。
過度は炭水化物の摂取や、炭水化物を摂取する時間帯には十分気をつけましょう。

また、炭水化物の代替として野菜を食べると良いと言われています。
野菜には、食物繊維が多く、カロリーもほとんどありませんのでダイエットには欠かせません。
量を食べることによって、腹持ちも良く、ほとんどが水分である野菜も多くありますので、お腹いっぱいになるまで食べても太りづらいのです。
また、野菜に含まれているミネラルやビタミンも血液の質を良くしたり、血液循環も良くしてくれますのであまり行動しない夜に食べると言うことがおすすめされます。
食べる野菜に代表されるものは、キャベツ、レタス、キュウリなどが挙げられます。
いずれも野菜に占める水分の割合が90%以上と言われていますので、実質、水を飲んでいるのと同じようなイメージになるのです。

ダイエットの鉄板!身体を動かすことについて

image by iStockphoto

続いて、痩せるには身体を動かさなければ始まらないと言っても過言ではないでしょう。
皆さんは痩せるためには、すごくハードな運動をしたり、身体を思いっきり動かさなければならないと思っていませんか。
実はそんなことなく、力を抜きながら、また、息を吐きながら身体を伸ばすことで代謝が上がり、痩せることにつながっていくのです。
代謝が上がらなければ、せっかく痩せることをしていても台無しになってしまうことがあります。
デスクワークが多い女性や、運動をされない女性には是非、簡単でおすすめです。

最近女性の中で、ヨガや、ピラティスというものが流行をしてきています。
いずれも、初心者にも簡単にでき、息の吐き方や身体の伸ばし方によって誰でも簡単に行うことが出来るのです。
ちなみに、人間の身体の中で1番筋肉が占める割合が多いところは太ももと言われています。
ですので、太ももを重点的にのばしたり動かしたりすることが望ましいでしょう。
1ヵ月ヨガを行うだけで2キロ痩せたと言う方もいらっしゃいますので、視野に入れておいてはいかがでしょうか。

番外編!睡眠とダイエットの関係

image by iStockphoto

ここで番外編として、睡眠についてお伝えしていきたいと思います。
皆さんは、「どのくらい寝たか」or「どの時間に寝たか」だとどちらが重要だと考えますか?一概に正解とは言えませんが「どの時間に寝たか」が大切だと考えます。

なぜかと言うと、午後10時から午前2時までには「ゴールデンゾーン」と言う時間帯があり、成長ホルモンがたくさん分泌されるのです。
成長ホルモンは、疲労回復や血液循環を促します効果があります。
成長ホルモンが少ないと疲労感や、脱力感が生まれてしまい、身体を動かすことが辛くなったり、身体を動かす気持ちがなくなってしまいます。
また、甘いものを食べ過ぎたなどのカロリー摂取にも繋がってしまいます。
その日の疲れは、その日のうちに取り除くのが身体の基本ではありますので、遅く寝てる方は早めに寝ることが望ましいです。

実は痩せる方法ってたくさんあるんです

image by iStockphoto

ダイエットは難しいと思いがちですが、ダイエットのコツを掴み、やれることが出来ればさほど難しくはないのです。
やるかやらないか。
やるかやらないかで結果は全然変わってきます。
是非今回お伝えしたことを頭の片隅に入れておき、トライしてみると良いのではないかと思います。
Share: