ケンカ恋愛

恋人と喧嘩した時の仲直りのコツとは?

恋人との時間は、楽しいもの。しかし、どんなに仲が良い二人でも、時には喧嘩をすることがあります。そんな時、すぐに仲直りが出来るでしょうか。中には、仲直りすることが出来ず、喧嘩が長引いてしまう人もいます。そんな人は、仲直りのコツを掴んで、早く楽しい時間を取り戻しましょう。

自分の気持ちに素直になる

image by iStockphoto

恋人と喧嘩をすると、誰でも嫌な気持ちになります。
喧嘩の原因はそれぞれ異なりますが、彼氏や彼女に対する怒りを覚える人もいるでしょう。
しかし、喧嘩はお互いに原因があるはずです。
仲直りするためには、怒りを大きくさせるよりも、自分の気持ちに素直になることが大切。

大好きな恋人と喧嘩をすれば、その時は「地雷を踏んだ」と頭に来ても、時間が経てば「仲直りしたい」と感じるでしょう。
維持を張らずに、その気持ちに素直に行動することが必要です。

「自分からは、謝らない」と互いに思ってしまえば、いつまでたっても仲直りすることが出来ません。
ほんの些細なきっかけで、大喧嘩どころか別れてしまう可能性もあります。

恋人と仲直りをするためには、早めに素直になることがポイントです。

相手の気持ちになって考える

image by iStockphoto

喧嘩をすれば、誰だってイライラするでしょうし、相手のことを「許せない」という思いが沸くものです。

しかし、喧嘩に至ったということは、どちらかだけに原因があるのではなく、どちらにも原因があります。
ということは、相手もあなたに同じように「理解出来ない」と思っている部分があるということ。

これを解決するためには、あなたが相手の立場になって気持ちを考えることも大事です。
相手の立場になれば、「こんな風に感じるかもしれない」と客観的に考えることが出来、対処法も見つかるでしょう。

一人になって冷静になろう

image by iStockphoto

喧嘩をすると、ヒートアップしてしまい、冷静に物事が考えられなくなります。
そして、思ってもいなかったことを相手に言ってしまうこともあるでしょう。
別れる気なんてないのに、「もう、別れよう」と勢いで言ってしまう人もいます。
これでは、せっかく交際に至った大切な存在をそのまま失ってしまうかもしれません。

そうならないためには、喧嘩になってしまったら、一旦冷静になるために一人の時間を作ると良いでしょう。
互いに一人の時間を作ることで、冷静になること出来、勢いで相手を傷つけるようなことも言わずに済みます。
一人になれば、自分がどうしてそんなに怒ってしまったのか、相手がどんな思いをしたのかも考えることが出来るはずです。

気持ちを伝える

image by iStockphoto

仲直りするためには、何らかのきっかけが必要です。
多くの人は、「相手から、そのきっかけを作ってほしい」と思うでしょう。

しかし、早く仲直りするためには、自分から動くのが一番早いです。
「口下手だから、うまく伝えられない」「どう謝罪したら良いのか分からない」と考えてしまう人もいますが、素直に「ごめん」と伝えれば良いだけ。
この3文字を自分から言うだけで、二人の間の空気が変わり、仲直りのきっかけを作ることが出来るでしょう。

仲直りをするためには、何よりも自分の素直な気持ちを相手に伝えることが必要。
「ごめん」のたった3文字であれば、口下手の人でも、愛情表現が苦手な人でも、伝えることが出来るはずです。

言葉が難しい時はメールや手紙で

image by iStockphoto

「ごめん」と素直に気持ちを伝えたくても、なかなか言い出せない人もいます。
そんな人は、メールや手紙で気持ちを伝えると良いでしょう。

口に出して言いにくいことでも、メールや手紙であれば素直に気持ちを伝えることが出来るはずです。

相手が怒っていても、自分は普段通りに接する

image by iStockphoto

恋人と喧嘩をして、自分から謝り、仲直りをしようとしている人の中には、謝っても相手の機嫌が直らないことがあるでしょう。
喧嘩の原因や相手の性格などによっては、謝ってもなかなか元の関係に戻ることが出来ないこともあります。

そんな時は、「どうして、謝っているのに許してくれないの?」「いつまで、喧嘩を続けるつもりなの?」という態度を取るのではなく、あくまでもあなたは普段通りに接することが大切です。
あなたが普段通りの態度を取っていることで、相手も少しずつ気持ちがほぐれ、「自分も悪かった」という思いが沸き、相手も普段通りの接し方に戻ってくるでしょう。

早く仲直りするためには、自分からきっかけを作ることが大切!

image by iStockphoto

喧嘩をすれば、誰だって嫌な気持ちになります。
そして、「自分は間違っていない」「相手が悪い」と思うでしょう。
互いにこう思ってしまえば、当然いつまで経っても仲直りをすることは出来ません。

仲直りをするためには、自分から行動し、仲直りのきっかけを作ることも必要です。
「自分から謝りたくない」「自分は悪くない」と思う人もいると思いますが、仲直りしたいという気持ちがあるのであれば、自分から距離を縮めていくことも大切。
互いに維持を張ってしまえば、その分喧嘩が長続きし、心も離れてしまう可能性があります。
そうならないためには、相手からの行動を待つのではなく、自分から行動しましょう。

喧嘩している時間というのは、決して楽しい時間ではありません。
せっかく大切な恋人がいるのであれば、楽しい時間を過ごした方が良いですから、喧嘩は早めに終わらせて、楽しい時間を過ごしましょう。
Share: