遠距離だから絆が深まる!遠距離の恋人に贈るメッセージのコツ

もうすぐ大好きな人の誕生日、それとも大切な記念日でしょうか。連休で会えるカップルさんは、旅行など楽しい計画をたくさん立てていることでしょう。でも、中には仕事、勉強などお互いの都合で会えない人たちもいるはずです。・・・やっぱり寂しいですよね。たとえば休日に賑わう繁華街、事情があるとはいえ、離れて暮らしている恋人に会えず、ひとりぽっち。

もしかしたら、いろいろ考えてしまったりするかもしれません。

会えなくて寂しがってるだろうな・・・

寂しくて、心変わりしてないかな・・・

もしかして別の人と会ってたりして・・・

マイナスの妄想がさらなる妄想を呼んで止まらなくなり、寂しいやら、悲しいやら。人って弱いものです。そして、それはお互いさま。あなたも、相手を不安にさせているかもしれませんよ。え、あのノーテンキなあの人が?いえいえ、顔に出さないだけで、本心では不安を感じているのかも。

そんなふうに考えてみたら、少しマイナス妄想がやわらぎませんか。もしそうなら、あなたはきっと優しい人です。少しぐらい心配させられてシメシメ、というあなたは、きっと強い人ですね。いずれにしろ、遠距離恋愛というものは、もどかしくて切なく、それがまたロマンチックな気分にもさせてくれます。空港や駅のターミナル、久しぶりに会って嬉々としたり、別れ際に手を振りながら寂しくて寂しくて。それが遠距離恋愛の醍醐味なんですよね。

「不安」を「感謝」に変えよう

その遠距離恋愛の醍醐味をぜひ楽しんでください。会った時の喜びも、手を振る時のせつなさも、何倍も味わうことができるのですから。そして、心の絆が深まるスピード、強度もまた何倍増しなのです。心の振幅が大きければ大きいほど、二人の絆は強く深くなっていきます。

もう少し心の奥から、あなたの不安を二人の絆へ変換する方法をご紹介します。あなたの不安を解消するのに効果的な方法とは、「感謝」です。相手への「ありがとう」の気持ちです。

いつもメールをくれてありがとう。

電話してくれてありがとう。

会いに来てくれてありがとう。

待っていてくれてありがとう。

あなたの心の片隅に、こうした感謝の気持ちを置いておくことが大事です。こうした気持ちは、必ずしも相手に伝える必要はありません。彼や彼女のことを思い出したら、心の中で「ありがとう・・・」とそっと呟くだけで結構です。不安な気持ちになったら、気持ちがホッとするまで呟いてみてください。あなたの気分と、相手への感じ方が変わると思います。そんなことで?と思うかもしれませんが、言葉が心へ及ぼす影響は想像以上です。ぜひ一度お試しください。

 

遠距離の誕生日を楽しもう

今年の誕生日や記念日、もしかしたらあなたは大好きな人に会えずに過ごすのかもしれません。会って抱きしめて、プレゼントを渡せないのかもしれません。それでも、大切な日を楽しんでくださいね。遠距離恋愛ならではの醍醐味を味わいましょう。

プレゼントを買って、宅配便で送ったっていいのです。思いきって手紙を添えたらどうでしょう。便箋の手紙ってなかなか書かないですよね。確実にメールより気持ちが伝わります。プレゼントに添えて送ったら、ぜったいに喜ばれるでしょう。もし近くに暮らしていたら、手紙なんか書かないですよね。遠距離恋愛ならではの誕生日です。

当日に時間を合わせられたら、ふたりはきっと電話で話すのでしょうね。最近ならネットにつないでTV電話でしょうか。例えば、誕生日の夜にプレゼントが届くようにしておけば、きっと楽しい時間がすごせるでしょう。電話中にインターホンがピンポーン♪と鳴ってプレゼントが届くかもしれません。グッドタイミング!バースデーソングを口ずさんであげたり、中身を見てもらって、手紙を読んでもらったり。こういったプラスの妄想、とても楽しいですね。

あたなと大切な人の、二人だけのプラス妄想を、そして遠距離のプレゼントを楽しんでください。どうか素敵な1日になりますことを心より願っています。

最後にもう1つ。

先ほど、「感謝」の気持ちは相手に伝えなくてもいい、と書きました。が、正確には、自分で感謝の気持ちを感じることが一番大事、でもできるなら、相手にも感謝の気持ちを伝えられたらなお良い、です。ですから、言葉、手紙、メッセージカードなど方法は構いませんので、あなたのしやすい方法で、感謝の気持ちをプレゼントに添えてみてください。

彼女の記事を見る