かわいくなるダイエット

ファスティングダイエットの正しいやり方。効果的に痩せるには?

ダイエット経験がある人の多くは、様々なダイエット方法を試しているのではないでしょうか。効果が出ない、辛いダイエット方法となれば、「他に、もっと合った方法があるはず」とダイエット方法を模索しているでしょう。そんな人は、今話題のファスティングダイエットにチャレンジしてみませか。では、ファスティングダイエットの正しいやり方と効果的に痩せる方法をご紹介しましょう。

そもそもファスティングダイエットとは?

image by iStockphoto

ダイエットには様々な方法がありますが、ファスティングダイエットというのは聞いたことはあっても、「どんなダイエット方法なのか知らない」と言う人も多いのではないでしょうか。

そもそも、ファスティングダイエットにはどういった意味があるかというと、英語のfastから来ており、絶食する、断食するといった意味合いがあり、一定期間絶食をするダイエット方法となります。

絶食、断食と聞くと「辛そう」「空腹に耐えられなそう」と思う人が多いと思いますが、ファスティングダイエットは、何も口に出来ない訳ではありません。
水分は自由に摂ることが出来ますし、朝昼晩の3食は低カロリー食を食べることが出来ます。
そして、何よりも短期間からスタートするため、無理なくダイエットをはじめることが出来るのが魅力です。

ファスティングダイエットの魅力

image by iStockphoto

ダイエットというと、一般的なダイエットの場合には体重を落としたり、余分な脂肪などを落とすことが出来ます。
もちろん、これらも嬉しい魅力でしょう。

しかし、ファスティングダイエットにはこういったダイエット効果だけではなく、プラスの効果も期待出来ます。

では、ファスティングダイエットの様々な魅力をご紹介しましょう。

胃腸を休めることが出来る

image by iStockphoto

私たちは、思っている以上に食事をしています。
多くの人は、必要以上に摂取しているはずです。
ということは、胃腸は常に動いており、休まる暇がないということ。
これでは、胃腸に負担がかかってしまいます。

ファスティングダイエットでは、食事量が減るため、胃腸を休めることが出来ます。
普段、胃腸を休めることはなかなか出来ないですから、ファスティングダイエットをすることで、胃腸を回復させることが出来ます。

免疫力アップ

image by iStockphoto

私たちは、普段から必要以上に食べ物を摂取した生活をしています。
そのため、腸に知らず知らずのうちに、有害物質や老廃物を貯めこんでしまいます。
これらは、体にとっては悪影響を及ぼすものですから、排出することが必要。

ファスティングダイエットでは、食事量を抑えるため、腸に貯まってしまった有害物質や老廃物などを排出することが期待出来、自然と免疫力アップを叶えることが出来ます。

代謝アップ

image by iStockphoto

ダイエットをしたいと考えている人の多くは、代謝の低下を感じているのではないでしょうか。
代謝が悪くなれば、消費カロリーも下がってしまい、思うようにダイエット効果も得ることが出来ません。

ファスティングダイエットでは、胃腸を休めることが出来ます。
そのため、消化するために使っていたエネルギーが必要なくなり、再生や修復に使うエネルギーとして用いることが出来、代謝アップをすることが出来ます。
そうなれば、今までダイエット効果を感じられなかった人も、痩せやすい体質へと変わっていくことを実感することが出来るでしょう。

体質改善

image by iStockphoto

ファスティングダイエットにチャレンジしたいと考えている人の多くは、「体重を落としたい」「体型を何とかしたい」と思っているでしょう。

しかし、ファスティングダイエットはこういった思いを叶えるだけでなく、体質改善をすることも期待出来ます。

例えば、代謝が上がることで痩せにくい体質だった人が痩せやすい体質に変わることが出来ますし、免疫力が上がることでアレルギー体質の人が症状の改善や緩和される可能性があります。

ファスティングの正しいやり方

image by iStockphoto

ファスティングダイエットの基本のやり方は、週末などに集中して断食を行います。
1日から3日間、1週間、2週間といった期間を決め進めることになりますが、体への負担、ストレスなどを考えると、最初は1日から3日程度からスタートすることがおすすめです。

ファスティングダイエット中は、水分と低カロリー食で過ごすことになります。
低カロリー食というと、「何を選んだら良いのだろう?」と思われる人が多いと思いますが、例えば酵素ドリンクなどがおすすめ。

また、水分は水や炭酸水などを自由に摂ることが出来ますが、添加物が入っていたり、糖分が入っていた物は避けた方が良いでしょう。

ファスティングダイエット中、朝昼晩は低カロリー食で食事を摂り、定期的に水分を摂取するだけ。
週末の度にファスティングダイエットを取り入れれば、少しずつ効果を高めることも出来ます。

「一日でも断食は辛い」と感じる人は、就寝4時間前から食事を摂らないという方法もあります。
こちらの方法は、睡眠時間を含め1日のうち12時間食事をしないという方法。
12時間と聞くと、「辛そう」と思う人も多いと思いますが、この中には睡眠時間も含まれていますし、この時間帯以外は好きなものを食べることが出来るため、あまり「辛い」と感じることはないでしょう。
次のページを読む
1 2
Share: