かわいくなるダイエット

ファスティングダイエットの正しいやり方。効果的に痩せるには?

ファスティング後の回復食

image by iStockphoto

1日から3日間のファスティングが終わると、「これで、やっと食事が出来る」とホッとする人が多いでしょう。
しかし、ファスティング後すぐに通常通りの食事は避ける必要があります。
ファスティング後、すぐに高カロリーな食事をしてしまえば、せっかくのファスティングダイエットが無駄になってしまいます。

ダイエットの効果を無駄にしないためには、回復食を取ることが必要。
回復食としておすすめなのは、胃腸に負担が少ないおかゆ。
「おかゆなら、いくら食べても良いだろう」と思われる人もいると思いますが、回復食は腹7分目程度で抑えることもポイントです。
「おかゆが苦手」と言う人は、具なしのお味噌汁などを摂ると良いでしょう。

回復食の期間は、ダイエット期間が1日から3日であれば、翌日の1日程度。
固形物は、少しずつ摂るように心がけましょう。

ファスティングの注意 

image by iStockphoto

ファスティングダイエットを行う際には、体調が良い日を選ぶことも大切です。
「ダイエットをしなければ」と体調不良にも関わらず無理をして行ってしまえば、更に体調が悪化してしまう可能性があります。
女性の場合には、生理日などは心身共に不安定な時期ですから、生理日などは避けるようにしましょう。

また、ファスティングダイエット中には、好転反応が起こることがあります。
普段とは違う生活になるため、体は様々な変化が起こります。
例えば、めまいや頭痛といった反応が起きることもあり、これらの体調の変化には充分注意が必要です。

好転反応は良いことではありますが、度合いや人によっては「辛い」と感じることもあります。
「辛い」と思った時には無理をせず、一度ダイエットをお休みさせましょう。

中には、下痢などの症状が現れる人もいますが、ファスティングをすることで栄養の吸収が良くなり、下痢を起こしてしまうこともあります。
余り続く様であれば、医師に相談した方が良いでしょう。

ファスティングダイエットの効果を上げるには

image by iStockphoto

誰だってダイエットをはじめれば、「より効果を上げたい」と思うでしょう。
辛い思いをしてダイエットをするのですから、それなりの結果を出したいと思うのは当然です。

ファスティングダイエットで効果を上げるためには、何よりも無理をしないこと。
普段の食事と比べれば、かなり摂取量が減る訳ですから、最初のうちは「辛い」と感じることもあるでしょうし、ストレスを感じることもあるでしょう。

ストレスを感じれば、どんなに効果的なダイエット方法でも続けることは出来ません。
そのため、まずはそのストレスをうまく解消することが必要です。
ファスティングダイエット中は、摂取量が少ないため「出来るだけ、体を動かしたくない」と思う人も多いと思いますが、ウォーキング程度の運動を取り入れることは出来ます。
「家の周りを、散歩してこよう」くらいの気軽な気持ちでウォーキングをすれば、気分転換になり、ストレス発散をすることが出来ますし、更にダイエット効果を高めることが出来ます。

また、ファスティングダイエットをはじめる際、「すぐにでも効果を出したい」と思う気持ちは分かりますが、無理をしないためにも、続けるためにも、最初は短い期間からスタートすることがおすすめ。
最初は1日、次の週は2日、3日というように、少しずつ期間を伸ばしていくことで、体も慣れ、無理なくダイエットを進めることが出来るでしょう。

ファスティングダイエットの効果を出すためには、無理をしないこと!

image by iStockphoto

休日に1日から3日の断食でダイエット効果を得られるとなれば、「これなら、自分でも続けられそう」と思う人が多いでしょう。

しかし、どんなダイエット方法でも正しいやり方、無理をしないことが基本です。
1日から3日間のファスティングダイエットでは、最初のうち500gから1㎏程度しか体重を落とすことは出来ません。
しかし、ファスティングダイエットをくり返していくことで、少しずつ効果を高め、体型の変化を実感することが出来ますので、気長に進めていくこともポイントです。

ダイエットをはじめると、「体重が落ちない」とモチベーションが落ちてしまう人も多いですが、ファスティングダイエットの効果は少しずつ出てくるものですから、「ここから、少しずつ落として行こう」という気持ちで取り組むことが必要。
少しずつ体重を落とし、体質改善をすることが出来れば、今まで苦しんできたリバウンドなども防ぐことが出来、理想的な体型維持を目指すことも出来るでしょう。
ダイエットに焦りは禁物です。
1 2
Share: