恋愛片思い

つい嫉妬しちゃう片思い…。嫉妬心に打ち勝つ方法4選

片思いしていると、悩みの種になるのがつい嫉妬してしまうということです。好きな人が他の人と親しくしているとき、恋人であれば「あまり他の人と仲良くし過ぎないでほしい」と伝えることもできますが、片思いの段階ではそのようなことを伝えることは難しく、つい自分一人で抱え込んで悶々と悩んでしまいがち…。今回は、片思い中の嫉妬が辛い人が気持ちを和らげ、ストレスを減らすための方法をアドバイスしていきます。

#1 メールは自分から止めた状態にしておく

image by iStockphoto

片思い中はメールやラインのやりとりが気になりますよね。
こう送れば良かったかな、返信早すぎたかななど、気にしだせばキリがありません。
特に、好きな人から連絡が来ると嬉しいですが、自分が送った返信に返事が来ないととても不安になってしまいます。
嫌われるような事を言ったのでは?他の人とのメールに集中しているのでは?など、気にしないようにしようと思っても絶対に気になってしまい、大きなストレスや不安材料になります。

そのため、相手から「OK」といった必ずしも返信が必要のないメッセージが来たり、メッセージ性のないスタンプだけが返事として来た場合は、やりとりを続けたい気持ちをグッと我慢してそこでメールを終わりにしましょう。
自分から返事をしていない状態であれば、相手から連絡が来なくてもそこまで気になりませんし、必要以上に連絡してしまって相手に引かれることも防げます。

もちろん、会話をぶつ切りにするように、突然メールをやめるのはNGなので注意しましょう。
話は終わったけれど、自分はもうちょっと話したいかな?くらいのタイミングで終わらせるのが理想です。

#2 あらかじめ相手の予定を知っておく

image by iStockphoto

休日や終業後など、会えない時間に相手が何をしているかは非常に気になりますよね。
自分は一人で家で悩んでいるのに、好きな人はもしかしたらデートしているかも…なんて思うといてもたってもいられなくなってしまいます。

そんな場合は、あえて事前に相手の予定を聞いておきましょう。
「週末天気良いみたいだけどどこか行くの?」など、雑談として軽いトーンで聞けば相手もサラッと答えてくれるはずです。

会えない日でも相手がどこに行っているかが分かっていれば少しは気が紛れるはず。
予定を聞くのはデートに誘っているようでハードルが高い…と思うかも知れませんが、相手が何をしているか全く分からないままストレスを感じるよりはずっと良いですよ。

#3 他の人に取られてしまうのでは…という考えを捨てる

image by iStockphoto

好きな人が異性と楽しそうに話しているのを見ると、すぐに「もしかしてこの二人実は付き合っているんじゃ…」「すごく仲良さそう」と、相手がその人に取られてしまうのではないかと思って不安を感じてしまうこともありますよね。

片思い中は相手の行動や周りの人との関係にとても敏感になってしまうのは分かりますが、実際親しく話している=付き合う、にすぐ結びつくことはほとんどありません。
むしろ、会社や学校ではお互い普通にしていて、プライベートで内緒のお付き合いをしている、なんて関係の方が多いものです。

モヤモヤしてしまう気持ちは分かりますが、楽しそうにしている!という表面的な部分だけを見て、すぐに「取られてしまうかも」とネガティブ思考になるのは控えましょう。

#4 思い切って会話に混ざってみる

image by iStockphoto

どうしても、好きな人と他の人とのおしゃべりが気になってしまう場合は、あなたも思い切って会話に入ることをオススメします。
自分には関係のない仕事の話など割り込んだらマナー違反になるような話題でなければ、積極的に話してみましょう。
意中の人と楽しそうに話していて「ライバル!?」と思っていた人でも、一緒に話せば普通に楽しくて嫉妬心がなくなることがありますし、会話の内容を知ることができるので安心ですよね。

会話に入り込むのはハードルが高い!と思うかも知れませんが、二人きりで話すよりも意外とリラックスできるものです。
もし意中の人とあまり話題が盛り上がらなくても、もう一人の人に話を振ることもできるので気まずくなることもありません。
それがキッカケで好きな人と仲良くなることもできるので、好きな人が他の人と話をしているのを見かけたら、チャンス!と思うくらいの気持ちで前向きに捉えましょう。

嫉妬心で自分を見失わないように

image by iStockphoto

片思いと嫉妬は切っても切り離せない関係です。
嫉妬したって何の意味もない…と頭では分かっていても、実際不安になるような光景を目の当たりにすると嫉妬心が湧いてくるのは、人間であれば仕方がないことだと思います。
嫉妬する自分を責めずに、「自分は今嫉妬しているんだな」と冷静に考えて、取り乱したりしないように気を付けましょう。
パニックになる前にまずは落ち着くことを常に心がけていれば、ある程度は嫉妬心をコントロールできるようになりますよ。
自分の気持ちと上手に付き合って、せっかくの恋を楽しみましょう!
Share:
reshui2017