ギフト・プレゼント

【これで完璧!】転勤する人に喜ばれる転勤祝いプレゼント50選

#2 定番中の定番「お花」

image by iStockphoto

やはりプレゼントの定番はお花ですね。

特にピンクのバラは「感謝」という花言葉のある花なので、転職される方へのお花としてはぴったりです。

持ち帰るのが楽になるようにアレンジメントにしたり、ソープフラワーを選ぶのもおすすめ。

#6 おすすめの花束その1「スタンド型ブーケ」

今が旬の季節の新鮮な生花の花束です。
花束をもらうのは嬉しいけれど、家に花瓶がない…という人は結構いるはず。
男性なら特にその傾向が強いようです。

そこで自立する花瓶要らずの花束ギフトはいかがでしょうか。
これならお部屋にぽんっと飾っておくことができるのでもらった人もうれしいですよ。
カラーバリエーションも豊富なので相手の好きな色や、イメージカラーを選んで贈ってあげると良いでしょう。

#7 おすすめの花束その2「ピンクのバラ花束20本」

「感謝」の花言葉をもつピンクのバラは退職祝いにぴったり。
メッセージカードに花言葉を教えてあげるとよりあなたの気持ちも伝わり、喜ばれること間違いなし!もちろんピンクだけでなく、他にも黄色、白、赤の花束もあります。

20本のバラの花束はかなりインパクトがあるので、サプライズギフトとして渡すのもおすすめです!

#8 おすすめの花束その3「ひまわり&ローズブーケ」

お花はお花でも石鹸のバラのギフト。
まるで本物のお花さながらの花束はサプライズギフトにもなりますよ。
当然ですが香りはお花ではなくほのかな石鹸の香り。
主張しすぎない優しい香りに癒されることでしょう。

元気で明るいイメージのひまわりと、上品なローズの花束は別れを悲しい雰囲気でなく、明るく送り出してあげられますよ。
お水を替えたり、栄養を与えたりする必要もないため、お部屋でいつまでも美しい姿を見せてくれるでしょう。

#9 ほこりや湿気を防げる「エンジェルガラスドーム プリザーブドフラワー」

生花の美しさを楽しんでほしいけれど、長く観賞してほしい気持ちも…そんな要望を満たしてくれるのが、生花を特殊加工した「プリザーブドフラワー」。
半年から長ければ1年以上、花の美しさを楽しめるんです。

「エンジェルガラスドーム プリザーブドフラワー」なら、可愛いドームに包まれ、ほこりや湿気から花を守ります。
手のひらサイズなので、プレゼントされて持ち帰る時もかさばりません。

ピンク、白、赤、オレンジ、青、紫と、6色から好きなバラを選べるので、贈る相手に合わせてプレゼントしてあげてくださいね。

#10 女性へのプレゼントにおすすめ「ガラスの靴のプリザーブドフラワー」

女性はいくつになってもプリンセスに憧れるもの。
「シンデレラ」でおなじみのガラスの靴をモチーフにしたプリザーブドフラワーなら、女性の心をわしづかみにしてくれそうです。

バラにあじさい、かすみ草がハイヒールにちょこんとあしらわれた上品なデザイン。
コンパクトなサイズなので、窓際などに飾って楽しんでもらえますよ。

バラはピンク、イエロー、ラベンダー、レッド、ブルーの5色から選べます。

#11 盛大に送り出して「BOX(ボックス)フラワー」

お世話になった人には、ゴージャスな「ボックスフラワー」を贈って、新たな門出を盛大にお祝いしてあげましょう。

アレンジは、ピンク、レッドと定番のカラーから、和風に仕立てた「紫(ゆかり)」など、6種類から選べます。

スイーツやぬいぐるみとのセット、光るボックスなどをオプションで選べるので、贈る相手に合わせたボックスフラワーにしてあげてください。

#12 和テイストが上品な「和風ハーバリウム」

プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスボトルに入れ、オイルに浸した「ハーバリウム」。
花の美しさが長く楽しめると、プレゼントとして人気急上昇している一品です。

蘭を使った和風ハーバリウムは上品で、贈る相手を選びません。
オプションでハーバリウム用LEDも付けられ、ライトアップしていつもとは違う印象のハーバリウムを楽しむこともできますよ。

#13 虹色のバラ入り!「レインボーローズ花束」

「レインボーローズ」を知っていますか?オランダの最新技術が生んだ虹色に染まったバラで希少価値が高く、「SNS映え」にもなる一品です。

そんなレインボーローズが入った花束なら、珍しさと美しさに大喜びしてもらえるはず。
レインボーローズの本数は3本から20本まで選べます。

#14 可憐なインテリアになる「マイクロ胡蝶蘭」

高級なお花「胡蝶蘭」を手軽にインテリアとして楽しめるのが「マイクロ胡蝶蘭」です。

自動で水を吸い上げる「アクアポット」に入っているので水やりの手間がなく、忙しい相手にピッタリのプレゼント。

季節ごとの管理方法などが書かれた「育て方説明書」も付けてくれるので、普段あまり花に親しんでいないという人にも、長く胡蝶蘭の美しさを楽しんでもらえそうですね。
Next:男性に贈るのなら「ネクタイ」
次のページを読む
1 2 3 4 5 6 7
Share: