ギフト・プレゼント

【マナーは?相場は?】気になる“古希”に関する情報&おすすめギフト15選

祖父母や両親、親戚への古希のお祝いって選ぶのが大変ですよね。かといってスルーするわけにもいきませんので、どうせなら貰う方が喜ばれるようなギフトを用意しましょう!ということで、ギフト関連のリサーチをするのが好きな筆者が古希に関する様々な情報を調べて参りました。マナーや相場に関する情報はもちろん、おすすめギフトも15点セレクトしましたので、ぜひチェックして下さい。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

長寿とこれからの健康を願う“古希”のお祝いをしよう!

image by iStockphoto

“古希”とは70歳の長寿祝いのことをいい、数え年で70歳(満年齢69歳)のときに行います。
但し、最近では数え年を使う習慣がなくなってきているので、満年齢70歳のときに行う方も多くいらっしゃいます。
古希の由来は中国(唐)の詩人である杜甫(とほ)が書いた「曲江(きょっこう)」という詩の一部である“人生七十古来稀なり(=七十年生きる人は古くから稀である)”によるものとされています。
昔は70歳まで生きる方が少なかったので、お祝いされていたのでしょう。

現代では70代というと元気な方もたくさんいらっしゃいますが、こうした長寿祝いの席で日頃の労をねぎらったり感謝の気持ちを伝えたりするのは、とても大切なことです。
素敵な古希のお祝いをしましょうね!

【日時】古希はいつ祝うものなの?!

image by iStockphoto

“古希”のお祝いは“いつ”行うものなのでしょうか?疑問に思われる方もいらっしゃいますね。
実は明確な日付の決まりは存在しません。
従って、お誕生日の前後に行う方もいれば、敬老の日や何かしらのイベントで親族が一堂に会するときに行うという方もいます。

また、喪中の場合であっても忌明け(仏式の場合:49日/神式の場合:50日)していれば、古希のお祝いを行っても問題ありません。
但し、故人が近しい存在であり悲しみにくれているときに無理矢理に行うのは避けましょう。
最も大切なのは、古希を迎える方の気持ちに寄り添うことです。

【色】テーマカラーは“紫”

image by iStockphoto

還暦(60歳)のお祝いで赤いちゃんちゃんこを贈る習慣があるように、古希にもテーマカラーがあります。
そのカラーは“紫”。
なぜ紫色なのかというと、昔は紫という色は高貴な身分の人しか身に付けてはいけないカラーでした。
そこで、この高貴な色を贈ることにより、高齢者への敬意を示したことがキッカケとされます。
また、かつては還暦と同じように、紫色のちゃんちゃんこを用意する習慣もありましたが、最近ではほとんど見かけませんね。

もし古希を迎える方が紫色に抵抗がなければ、プレゼントのカラーを紫にしたり、花束を贈られるときは紫の花をメインにしたりするのもお勧めです。

【相場】古希のお祝いにかかる予算はどのくらい?!

image by iStockphoto

古希のお祝いをするとき、どの程度のお祝い金が必要となるのかは、古希を迎える方とお祝いをする側である貴方との関係性により異なります。
まずご両親をお祝いする場合の相場は“1万円~10万円”といわれています。
この金額に開きがある理由はお食事会などを開いて盛大にお祝いするご家族と、プレゼントだけでシンプルにお祝いするご家族との違いにあるようです。
プレゼントのみの場合は3万円~5万円程度を相場と考えるとよいでしょう。

続いて、古希を迎えるのが祖父母の場合の相場は“1万円~3万円”、その他ご親戚の場合は“5,000円~2万円”となります。
また上司などお世話になった方へは“5,000円~1万円”程度のお祝いを用意するのが一般的です。

【マナー1】熨斗(のし)・水引について

古希のお祝いに欠くことが出来ない「熨斗(のし)・水引」に関するマナーをみていきましょう。
まず、水引は紅白or金銀の“蝶結び”のもを選びます。
蝶結びは何回でも結び直しが出来ますので、長寿祝いのように“何度あってもおめでたい”イベントのときに使われます。
続いて表書きですが、こちらは「祝古希」「古希御祝」「御古希御祝」などとするとよいでしょう。
また、水引に文字がかからないように注意して、上段中央に書いて下さい。
そして下段には送り主の名前を記します。

尚、本来のマナーとしては毛筆となりますが難しい場合も多いため、筆ペンやサインペンを使って下さい。
(※ボールペンは失礼にあたるため、使わないようにしましょう。
)

【マナー2】贈ってはいけないものってあるの?!

image by iStockphoto

これは古希に限ったことではありませんが、お祝いの席に相応しくない贈り物というのが何点かあります。
まずは“櫛(くし)”です。
これは「苦(く)」と「死(し)」を連想させるため、コームやブラシなどを含めプレゼントするのはマナー違反とされています。
次に“ハンカチ”です。
こちらは漢字で書くと「手巾(てぎれ)」となり、別れや絶縁をイメージさせるためタブーとされています。

また、長寿祝いに関しては年齢を感じさせるものは避けた方が良いという意見も見受けられます。
しかし、これらはあくまで基本的なマナーなので、ご本人様との関係性なども踏まえながら適切なギフトを選択して下さい。

長寿祝いの定番?!「記念になるようなアイテム」

image by iStockphoto

ご長寿祝いの中でも近年人気が高いものといえば“記念になるようなアイテム”です。
ただシンプルにモノを贈るのではなく、そこにメッセージを刻んだり名前を入れたりすることで、お祝いの気持ちを伝えることが出来ます。
贈る側も受け取る側もちょっと照れくさいかもしれませんが、“古希”というお祝いをきっかけに普段なかなか口では伝えられない感謝の言葉や想いを、伝えてみてはいかがでしょうか?

以下に筆者がセレクトした、おすすめアイテムを7点ご紹介させて頂きますので参考にして下さい。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: