恋愛

同棲するのに不安なことは?解決方法と対策について

大好きな相手と同棲を始める…こんなに心がわくわくすることってありませんよね。もちろん楽しみの方が多いかもしれませんが、同棲はそんなに甘いものではありません。喧嘩した時、万が一別れてしまった時、お互いが忙しくなったとき…その時あなたはどうしますか?同棲で考えられることをまとめました。

同棲で不安なこと

image by iStockphoto

1.お金の問題

同棲をするということは、一緒に生活をするということ。
もちろん食費や光熱費、その他の出費などを一緒に負担していかなければいけないということになります。
もちろんデートをすることもありますので、その費用に関しても大きく関わってきます何もなければいいのですが、家電が壊れたり、イレギュラーな出費もあります。

仕事もずっと続けていればいいのですが、体調を悪くして長期で休むことになったり、病気で入院するということになったときに、普段からの出費をどうするのかなどが問題になってきます。
その他にも金銭感覚のズレでどうしても納得のいかないことがでてくることもありますので、お金の問題に関してはしっかり話し合っておくことが大切です。

2.家事はどちらがするのか

同棲をはじめるにあたって、こちらも避けられないことが家事をすること。
男性であっても女性であっても、今まで実家に暮らしていて家事をあまりしたことがないというパターンもなきにしもあらず。
そんなときに、どちらが家事をどれくらいするのかという部分はとっても重要になってきます。

女性も男性も働いている場合、どちらが料理を準備するのか、家事はどうするのかなど、話し合っておかないと後々もめることが目に見えていることがあります。
もちろん仕事でお互い疲れているので家事をしたくない気持ちはとてもよくわかります。
ですが、そこをお互いの気持ちを考えて、家事の分担をしっかり決めておくことが大切です。

3.ずっと一緒にいて飽きないのかどうか

image by iStockphoto

今まではたまに会ってデートをするくらいであったので、毎回新鮮で楽しかったという場合、同棲して相手とずっと一緒にいるようになると、飽きてしまうことがないか心配になります。
もちろん好きな相手とずっと一緒にいられるので、どんなに時間を共有しても飽きない場合もあります。
ですが、お互いの生活感が見えてしまったがゆえに相手に対して新鮮さを感じないという場合もあります。

同棲している以上お互いの生活感が見えてしまって当然のこと。
それをどうしても見せないようにすることは難しいです。
同棲してその後結婚を考えているのであれば、相手に対して新鮮さを求めるのではなく、結婚した後にこの人はどういう動きをしてくれるのかという前を向いた考えを持っておくことが大切になってきます。

4.相手を異性として見られなくなる

先ほどお伝えした「生活感が見える」という部分で、相手の今まで見えなかった部分が見えてしまって「異性として見られなくなってしまった」ということもあります。
もちろん、相手が下着姿で歩き回ったり、だらしない状態を見ることになるとパートナーを異性として見ることができなくなる原因になります。

同棲していても恥じらいは忘れないようにしていきたいものです。
特に同棲して馴れ合いが出てくる頃になるとどうしても油断して「これくらいなら大丈夫だろう」と気の緩みがちな行動をしてしまうこともありますので、同棲しても相手から魅力あるあなたでいられるように気を付けてくださいね。

5.喧嘩したときのお部屋はどうするのか

同棲していてもカップルであれば喧嘩をすることもあります。
その場合、1Rや1Kですと相手と同じ空間にいなければならないという状況になります。
同棲して喧嘩をするケースは、ライフスタイルの変化にストレスを感じてしまって喧嘩になることもあります。
実際のところ、2人で話し合って歩み寄っていけば問題ないことなのですが、意見の食い違いからケンカになってしまうこともあります。

彼氏と彼女であるあなたたちですから、同棲するお部屋を探す段階でしっかりと考えておくことが大切。
お互いが過ごしやすい環境を作ることも喧嘩を避けるための方法です。
毎日一緒にいて幸せなことが多いのは確か。
ですが、喧嘩を避けることができないこともあるので、しっかりとお部屋選びからやっていきましょう。

同棲中に問題になること

image by iStockphoto

次のページを読む
1 2 3
Share: