告白恋愛

男性が真剣に付き合いたいと思っている時のサインとは?

男性は「真剣に付き合いたい」と思っている女性と、「遊びで十分」と思っている女性に分ける傾向にありますよね。残念ながら、「都合のいい女」になってしまっている女性が多いのが現実です。簡単に体の関係を許してしまえば、本命になることは難しいかもしれません。ちゃんとした告白もなしに体の関係を持ってしまうと、真剣な恋愛関係になるハードルが上がってしまうのですね。「私って本命なの?」と疑ったり、「もしかして私って都合のいい女?」と不安になってしまったことはありませんか?少しでも二人の関係に違和感があるのならば、都合のいい女でしかないかも、と疑ってかかったほうがいいでしょう。今回は、男性が真剣に付き合いたいと思っている時のサインや言動などをご紹介したいと思います。

男性が真剣に付き合いたいと思っている時のサイン

あなたに興味を持ちよく知ろうとする

image by iStockphoto

まず、真剣に付き合いと考えているなら、あなたのことをよく知ろうとします。
どんな生活をしているのか、どんなものがすきで、どんな家庭で育ったのか。
男性が真剣に付き合いたい、長く付き合いたい、という場合は結婚を視野に入れているのかもしれません。
そうなると、あなたのことを知りたくて仕方がないはずです。
あなたに対する質問が多くなるほど、真剣さは高いでしょう。

あなた自身に興味があるのか、それとも体に興味があるのかは、あなたへの関心の程度で測ることができます。
体が1番の目的だった場合、あなたに深入りするようなことはしません。
自分の話ばかりをする男性もいるでしょう。
中には、簡単に「結婚」という言葉を使って女性を寄せ付けようとする男性もいますから要注意。
女性が「結婚」という言葉に弱いということを知っているのです。
あなたに関心を示さずに、簡単に「結婚」なんて発言をする男性には気をつけたほうがいいでしょう。

等身大の自分を知ってもらおうとする

image by iStockphoto

真剣に付き合いたい、結婚まで視野に入れて付き合いたい、と思えば、等身大の自分をさらけ出そうとするものです。
自分の子供時代から将来の計画、自分の価値観などを話して自分を知ってもらおうとします。
中には、給料や年収の話をする人も。
背伸びをせずに、「ありのままの自分」を受け入れてもらった上で付き合いたい、と考えているのですね。
本気で好きな女性であればあるほど、ありのままの自分を受け入れてほしいと思うもの。

良いカッコばかりをする男性は、あなたと真剣に付き合おうと思っていない可能性が高いでしょう。
それにいくらカッコつけていても、女性は見抜いてしまうものですよね。
違和感が生まれると、二人の関係が終わってしまう傾向にあります。
この違和感を生まないためにも、真剣に付き合いたい女性にはありのままの自分を知ってもらおうとするのです。

デートはあなたの予定を優先させる

image by iStockphoto

真剣に付き合いたい女性とデートをする場合、その女性の都合を優先するもの。
都合や食事の好みを細かく確認することでしょう。
その姿に「誠意」すら感じられるほど。
真剣に付き合いたいと思っていない男性は、「タイミング良ければ食事しよう」「タイミングが合えば出かけよう」というな曖昧な言い方をします。
これは自分の都合を優先したいからです。
女性の都合が合わなければ別にデートしなくてもいいや、という気持ちもあるでしょう。

真剣に付き合いたいと思っている女性に対するアプローチは慎重になり、約束は必ず守るもの。
「タイミングが合えば」なんて言い方はしません。
男性が本気の場合、前々から予定を決め、女性のためのデートプランを考え、約束を守るために全力を出して仕事をするもの。
もし、急な仕事でどうしても約束が守れない場合は、きちんと説明した上で真剣に謝り、デートの埋め合わせをきっちりするものです。

彼女がいないことを伝える

真剣に付き合いたいと思っている女性には、彼女がいないことをきっちり伝える傾向にあります。
これは女性も使う手段ですよね。
「いま彼女いない」「3年以上彼女がいない」という話を持ちかけてくるのは、自分の真剣さを示したいため。
それと、あなたに彼氏がいるのか、どれくらいあなたに彼氏がいないか知りたいためでもあります。

本当は、「彼氏いる?」と聞きたいところですが、その質問が軽いように思っている男性なんかはとくに、自分から恋人がいないことを伝えます。
「私もいないよ」という答えを待っているのですね。
友達から恋愛に発展する場合は言わなくてもわかっているため、そういう話をしないかもしれません。

「会いたい」を容易に使わない

会いたい気持ちを強く持っているものの、容易に「会いたい」という言葉を使いません。
女性に対して真剣だからこそ言えないのです。
恥ずかしさもあるでしょう。
会いたいという男性の気持ちは、しっかりデートの予定を組むことで表すもの。
親密になるまでは「会いたい」という言葉をなるべく避けます。

反対に、遊びの女性には簡単に「会いたい」と言えます。
しつこく「会いたい」と言う人もいますが、その会いたいは「やりたい」という意味でもあるでしょう。
女性も会いたいと言ってくれれば、すんなり誘いやすいですから。
この誘い文句に乗ってしまいやすい女性は「都合のいい女」になりやすい傾向にあります。
そもそも、まだお互いのことを何も知らないのに、簡単に「会いたい」というような男性は信用できませんよね。
恋は盲目と言われるほど冷静さを失ってしまいやすいものですから、気持ちが舞い上がっている時ほど冷静さを持つように意識することも大切です。

夜のデートには慎重になる

真剣に付き合いたいと思っている女性に対し、気軽にお泊りデートに誘うようなことはしません。
いつもジェントルマンな対応を心がけ、誠意を見せようとします。
夜のデートにはとくに慎重になり、相手の気持ちを尊重しますし、お泊りする関係になることを恐れることさえあります。
なぜなら、「簡単に男とお泊りするような女性であってほしくない」という本音が潜んでいるためです。

真剣に付き合いたいと思っている女性がためらいもなくお泊りデートを承知すると、少し残念な気持ちになることも。
遊びの男性は喜びますが、真剣な男性は喜ぶどころか気持ちが冷めてしまうこともあります。
お泊りデートは女性も慎重に対応したほうがいいでしょう。
いくら親密になっても、最初のうちは少しためらうような素振りがほしいのです。
次のページを読む
1 2
Share:
konohana