恋愛

女性の好意の印11選。好きのサインを見逃すな!

恋愛中に最も気になるのは「相手が自分をどう想っているのか」ですよね?それを直接相手に尋ねなくても知る方法があったら、みなさんも知りたくありませんか?もちろん知りたいですよね!そこで今回は、女性が好意を寄せる男性に送る「好きのサイン」をご紹介します。みなさんも気になる女性に当てはめて、チェックしてみてくださいね!あなたの恋は脈あり?脈なし?

◆みなさんは「好きのサイン」に気づいていますか?

image by iStockphoto

恋愛をしていると、「意中の相手の気持ちがわかったら・・・」と思うことが何度もあるのではないでしょうか。
特に男性にとって女性の気持ちを理解するのは、とても難しいようですね。
「その反応は俺のこと好きなの?嫌いなの?どっち?」と、みなさんも頭を悩ませた経験があると思います。

この問題は、男性が女性の「好きのサイン」を知ってくれることで、解決することができます。
女性はちゃんと好意を寄せる男性には、「好きのサイン」を送っているもの。
男性側がそれに気がついてくれるかどうかで、二人のその後の関係が大きく変わってきます。
恋人へと進展できるのか、はたまたそのままなのか・・・。

この記事では、女性が送る「好きのサイン」をご紹介していきます。
男性読者のみなさんにはぜひ覚えて頂き、みなさんの恋愛に役立ててほしいと思います。

◆女性の送る「好きのサイン」

image by iStockphoto

ここからは、具体的な女性の「好きのサイン」についてご紹介していきます。
女性が送るサインは一つだけではありません。
多くのサインを確認できるほど、その女性がみなさんへ好意を寄せている可能性は高くなります。
では、早速見ていきましょう!

#1 女性と頻繁に目が合う

視線を送るのは、女性の「好きのサイン」です。
「目は口程に物を言う」というように、好きな人のことは無意識に目で追ってしまうもの。
よく見ているので、目が合う回数も増えるようになります。

「最近よく目が合うな」「なんだか見られている気がするな」と感じたら、女性からの好きのサインかもしれません。
みなさんもその女性に気があるのなら、目が合った時にそっと笑顔を見せて、女性に答えてあげてください。
二人の距離が一気に縮まるかもしれませんよ。

#2 女性がプライベートな話をしてくる

みなさんも、好きな人には自分のことを知ってほしいという気持ちがあるはず。
女性の場合は特にこの気持ちが強いので、聞かれていなくてもついつい自分からあれこれと話をしてしまいます。
「最近○○にハマっているんだ」「○○県の出身なんだけど・・・」などと、プライベートな情報を話してくれる場合は、「自分にもっと興味を持ってほしい」「もっと自分をアピールしたい」という女性からの好きのサインなのです。

#3 女性からボディータッチしてくる

image by iStockphoto

好きな人に触れたいと思うのは、男性だけではありません。
女性でも好きな人には触れたいですし、その温もりを感じたいと思うもの。
会話の最中に女性から男性の体にちょっと触れたりするような行動が見られたら、それは好きのサインかも。

また、相手の女性が恋愛に積極的なタイプの場合は、他の女性をけん制するためにボディータッチをする場合もあります。
腕を絡めたり、飲み会で寄りかかったりといった行動は、「彼は私のもの!」「他の女子は手をださないで!」という周りの女の子へのアピールなのです。

#4 女性から頻繁に連絡がくる

電話・メール・ラインなどの連絡が頻繁にくる場合も、女性からの好きのサインかもしれません。
特に、これといった用件はなく、「今友達と○○でご飯食べてるよ~」「可愛い○○見つけたよ!」などの近況報告の連絡が多い場合は、その可能性が高まります。

女性は、好きな人と「嬉しい事・楽しい事・悲しい事・辛い事」などを共感したいと思うもの。
そのため、何か自分が感動したり、心を動かされるような出来事があると、真っ先に好きな人へ連絡したいという心理が働くのです。

みなさんも女性からそのような内容の連絡がきた時には、共感するような返事を返してあげてくださいね!

#5 会話している時の距離が近い

image by iStockphoto

みなさんも人と話をしていて「この人ちょっと距離が近いな・・・」と感じたことはありませんか?それは、その人があなたのパーソナルスペースへ侵入してきているから。
無意識に拒否反応を示しているのです。

パーソナルスペースとは「自分の縄張り」のようなもので、平均で50cmくらいの距離のことを言います。
このパーソナルスペースへ入れるのは、その人が好意を寄せている人だけ。
ですので、女性の方からあなたとの距離を縮めてきた場合は、好きのサインと言えます。
次のページを読む
1 2 3
Share:
2017haru