恋愛

モテは足元から♪男ウケの良い靴4選

ヘアメイクや洋服選びはバッチリだけど、そういえば靴はいつも同じローテーション…なんて女子はいませんか?靴は意外と良く見られているポイントで、男性もチェックしている人が多いので、適当に選ぶのはもったいないですよ。「素敵な靴は素敵な場所に連れて行ってくれる」という言葉があるように、靴はオシャレの大切なポイントで気分も左右します。今回は、オシャレかつメンズ受けの良いモテ靴4選をご紹介します。

#1 王道ハイヒールは選び方が大切

image by iStockphoto

オフィスにもデートにも万能なハイヒールは、オシャレで見た目が良いだけでなく、その女性らしさから男性にも大人気。
スカートやワンピースといったコンサバやガーリー系のスタイルにはもちろん、デニムやパーカーなどのカジュアルな服装と合わせることでも一気に女っぷりが上がるのでとても便利なアイテムです。

足が疲れるのが心配…という方も、最近は靴底にクッションが入っていて歩いた時の刺激が軽減されていたり、カカトが滑って靴擦れになりにくいパッドなどのアイテムも充実しているので、大きめの靴屋さんで探してみることをオススメします。
ネット通販はたくさんのデザインを比較的安く購入出来るのが魅力ですが、靴はフィット感や心地よさを細かく吟味する必要があり、洋服選びよりも慎重になるべきです。
ネット通販だと試着が出来ないので、慣れない内は実店舗で探してみてくださいね。

また、ハイヒールと言ってもそこまでカカトの高いものや、ピンヒールである必要はありません。
5cm以上あれば、男性から見て「ハイヒール履いてる!」と思われるには十分です。
ヒールは太めの物が歩きやすいですが、どれだけ高くてもウエッジソールなど厚底タイプはあまり男性受けが良くないため、モテを意識するならしなやかな曲線のヒール靴を意識してみて。

#2 動きやすいスニーカーも好感度大

image by iStockphoto

スニーカーはモテアイテムの印象は薄いかも知れませんが、動きやすそうでアクティブな印象は、屋外でのデートや観光などではかえって好印象に映ることもあります。
最近はスニーカーもパステルカラーや、女子向けのブランドとのコラボなど様々な種類が発売されているので、お気に入りの一足を選んでおけば何かと便利なはずです。

スニーカーをコーディネートに取り入れると子どもっぽくなったり、カジュアルになり過ぎてしまう…と悩んでいる方は、次のようなポイントに注目して選んでみてくださいね。

1.靴底はコンバースのオールスターのような平らなタイプを選びましょう。

2.スニーカーの色が濃く、元々付いてくる白い靴ひもが目立ってしまう場合は、靴紐をスニーカーと同じ色にしたり、ブラックなど落ち着いた色に付け変えることをおススメします。

3.洋服の色とスニーカーを合わせると全体的に落ち着いて上品な印象に見えます。

#3 ブーツで手軽に女性らしさをアピール

image by iStockphoto

秋から冬にかけて、これからの季節に大活躍のブーツ。
嬉しいことに、「女性らしい」と男子からも好評なんです。
ブーツは防寒に強く実用性があるだけでなく、足の形をカバーしてくれるので、スタイルに自信がない人でも気軽にスカートコーデにチャレンジできます。
特に膝上スカートとロングブーツは相性抜群で、守ってあげたくなるような女子度たっぷりの組み合わせです。

冬にロング丈のコートを着る場合は、ブーツも短めをチョイスして脚やタイツの部分が出るようにすると、もっさり感がなくなるのでぜひ参考にしてください。

#4 フラットシューズはコンサバ風ならOK

image by iStockphoto

いわゆる「ペタンコ靴」とも言われる、底が低めで薄いフラットシューズは子どもっぽく見えてしまったり、歩き方がキレイでないと違和感が出てしまい男性目線ではあまり人気がないようです。

それでもヒールが辛い時はありますし、たまにはフラットシューズでリラックスしたファッションを楽しみたいときもありますよね。

そんな時は、ベージュや黒など、コンサバ感のある落ち着いた色味のシンプルなデザインを選ぶことをおススメします。
人気のバイカラーなども良いですね。
シンプルなデザインであれば、子どもっぽく見えないためフラットシューズでも女性らしさを損ないません。

柄物やカラフルなデザインは可愛いですが、モテという観点から考えるとセクシーさがないため避けた方が良いかも知れません。

大切なのは清潔感!靴はいつもピカピカに♪

image by iStockphoto

モテを意識した靴選びのアドバイスをお届けしました。
しかしどんなに素敵な靴でも汚れたままだったり、目立つ傷がたくさん付いてしまっていると魅力は半減。
それだけでだらしない人だと思われてしまう恐れがあります。
靴のお手入れは面倒でハードルが高いと感じるかも知れませんが、履き終わったら柔らかい布で磨いて風通しの良い所に置いておく、というのを習慣化するだけでも靴の持ちは大分違ってきます。

靴はファッションにとても重要なアイテムですから、お気に入りを見つけて、大切に履いてあげてくださいね。
Share:
reshui2017