婚活結婚結婚相談所

結婚相談所で結婚した人たちの離婚率が低い4つの理由

婚活している人にとって成婚率と同時に気になるのは離婚率。一生懸命頑張って婚活し、運命の人と出会い結婚できた幸せな二人に突然の不協和音なんて考えただけでも恐ろしいですよね。近年の日本の離婚率は全体の30%に及び、3組に一人は離婚していることになります。ただ、お見合い結婚は恋愛結婚に比べて離婚率が低いと言われています。それはなぜなのでしょうか。離婚率が低い理由、解き明かしていきましょう。

多岐に渡る離婚理由

image by iStockphoto

日本では3組に1組の夫婦が離婚しているというご時世。
この数字をみると、一生懸命婚活したところで幸せはやってこないのかと悲観してしまいますよね。
離婚理由の多くは、男女ともに性格が合わないことが一番多いのですが、他には最近話題の異性関係やDV、モラハラ、生活費を渡さないなどの理由が挙げられます。
ただ、この高い離婚率は、恋愛結婚の場合が40%も占めているのです。
それに対しお見合い結婚の場合の離婚率は10%と言われているので、この内訳と離婚原因から、お見合い結婚の離婚率が低い理由が導き出せそうですね。

#1 結婚を前提にお付き合いを始められる

image by iStockphoto

何かのきっかけで出会い、恋愛関係に発展したカップルは、将来的な結婚を意識してお付き合いするというよりも、現在の恋愛中の時間を大切している人が多いかもしれません。
将来結婚できたらいいなという思いはあるとは思いますが、今が楽しいときなので将来的なその先を考え、設計するということは稀かもしれませんね。
さらに、結婚を意識しすぎてしまうと特に女性の方は男性に嫌がられてしまうのではないかと不安になってなかなか言い出せない部分もありますよね。

その点、結婚相談所で出会ったカップルは最初から結婚を意識して交際を始めることができます。
結婚相談所は、当然のことながら結婚への意識が高い人が入会する場所です。
お見合いをして意気投合すれば、結婚に向けて前向きに交際を始めることができます。
そのため、交際中も何の気兼ねもなく結婚についての話や結婚後の将来設計などの話ができ、無駄な時間ややきもきすることもなく非常にスムーズに結婚へ向けての行動がとれるのです。
職場恋愛や合コン、友達からの紹介などで知り合ったカップルよりも結婚相談所の方が成婚率が高くなるのは納得できますよね。
最近では婚活パーティーや婚活アプリなどで出会うケースも多くありますが、婚活と言えども彼氏彼女を求めているだけの人の多くいるので、お相手の本心はわからないですし聞きづらい部分はありますよね。
もし、お相手が結婚をのぞんでない、または結婚の意志を固めていない段階で結婚に至った場合、離婚率を高めることにもなってしまいます。
何よりも結婚という人生において重要でかつ繊細なテーマを一人ではなく二人で共有するということがまずは大切になってきますよね。

#2 お相手を冷静に見つめることができる

image by iStockphoto

恋は盲目とよく言いますが、ただお相手のことが好きだからお金がなくても幸せになれるなんてことは実際のところ夢物語のようなものですよね。
結婚には生活を維持する力がいるので経済力ももちろん必要になります。
家庭を支え合う、子どもを育てるなど現実に向き合うことの多い結婚は希望や理想だけでは簡単には上手くいきません。
ただ、恋愛関係にあるときはお相手のことが好きすぎて視野が狭くなってしまうんですよね。
愛さえあれば何でも乗り越えられる、困難を乗り越えてこそ二人はより一層ひとつなれる、なんて誰もが考えがちですよね。
でも、あなたの大好きな人が必ずしもあなたの結婚相手に相応しい人とは限らないということを覚えておかなくてはなりませんよ。

一方、結婚相談所ではまず自分の希望の条件の人をプロフィールで振り分け、その後に気になった方に直接会い、それから交際へと進み、お互いの気持ちが一致したところで真剣交際となっていきます。
段階を踏んで結婚へと着実に一歩ずつ進むことができるのです。
途中の段階で違うなと思えばお断りすることも可能で、すぐに他の方へのアプローチもできます。
その点でとても時間的にも効率的と言えます。
さらに、事前にお相手の方を見極め、冷静に理性的に判断する時間があります。
恋愛中気持ちが燃え上がって舞い上がった状態で勢いで結婚してしまい、結婚後にこんなはずではなかったと思うことも防ぐことができます。
冷静に選んだ相手だからこそ、結婚後におとずれる現実的な問題に一緒に向き合っていくことができるのです。

#3 アドバイザーさんによる第三者のサポートを受けられる

image by iStockphoto

結婚相談所の一番いいところは、婚活が常にアドバイザーさんの後ろ盾により支えられているという点です。
婚活は一人ではなかなか判断しがたい状況や辛い時期もあります。
そのようなときに心強くサポートしてくれるのがアドバイザーさんや仲人さんなのです。
的確なアドバイスとプロの目で選んだお相手を引き合わせてくれるので、単純に言えば、彼らの言う通り素直に活動していけば失敗することはないということになります。
恋愛結婚では当人同士の感情が最優先となるため、このような第三者が介入するというシチュエーションはなく、アドバイスが生かされるというのは少ないですよね。

さらに、相談所の厳しい審査を通過した身元が保証された入会者と言えども他人同士ではあるので、その二人の間にアドバイザーさんが入ってくれることにより、結婚詐欺などの不誠実な行為をする人たちからも自分を守ってくれるのです。
第三者の目があるということで安心して真剣に婚活に取り組むことができ、確実に結婚相手と出会うことができるのですよ。

#4 結婚が二人のスタートになる

image by iStockphoto

結婚相談所で出会ったカップルは恋愛結婚のカップルと比べて交際期間が短い場合が多いです。
その期間を短いと捉えるか妥当だと思うかはそれぞれですが、恋愛期間が長くても結婚にたどり着かないカップルは多くいますよね。
必ずしも恋愛期間が長かったからその後の結婚生活がうまくいくとは限らないないということですよね。
よく恋愛と結婚は別物だと言われます。
現実的な話、人生の大半を占める結婚生活を恋愛感情だけで維持していくことは非常に困難であると言わざるえません。
結婚生活には恋愛しているときには問題にはならなかった家族や親せきのこと経済面、子育ての方針など解決しなくてはいけない問題が次から次へと出てきます。
結婚相談所で出会ったカップルはこのような問題を想定の上でお相手を選んでいるので、二人で一緒に向き合い解決していくことができるのです。

恋愛結婚の場合、結婚は恋愛の延長線上にあるゴールのようになりますが、結婚相談所で出会ったカップルは結婚がスタートとなり、恋愛は結婚してからより深まるというような感覚になります。
実際に私自身も結婚相談所で出会った夫との結婚後の生活は、毎日のように新たな一面に気づかされ、楽しい日々を送っています。
恋愛結婚でのお相手の見方が減点方式だとしたら、お見合い結婚は加点方式なんだと感じます。
変な意味で相手に過度な期待をしていない分、何をしてもお互いに新鮮で恋愛をしているように結婚生活を送ることができるのです。

離婚する原因が少ないことが理由

image by iStockphoto

お互いの気持ちが一番高まり合うところで結婚する恋愛結婚は、周囲の状況とともに自分たちのことすら見えなくなってしまうことが多くあります。
相手のことが大好きということはとてもいいことです。
でも、好きということを置いといて、それ以外で自分の人生のパートナーとしてどうなのかと冷静に考える時間があるお見合い結婚の方が結婚後のこんなはずではなかったということが少なくなりますよね。
お互いに結婚を前提に交際を始め、短い時間ではありますが真剣に相手の価値観や考え方を現実的に話し合っている分、結婚後の生活における様々な不一致を避けることができるのです。

恋愛結婚とお見合い結婚、いずれにせよどちらにも必要なのはお互いの違いを認め合い、理解しコミュケーションを欠かさないことが大切ですね。
Share:
sachika0108