年上の恋人彼女のこと恋愛

憧れの年上女性をGETしたい!年上彼女の作り方8選

男性は、年上の女性に憧れている人が多いでしょう。最近では、年上女性と結婚する男性が増えてきていますから、「自分も年上の彼女がほしい」と思っている男性も多いのではないでしょうか。しかし、年上女性をGETするためには一筋縄ではいきません。だからといって、計算して近づいても上手くいかないもの。では、年上女性の作り方をご紹介しましょう。

年上女性を落とすには、今まで通りではダメ!

image by iStockphoto

「気になる女性が現れた」という男性の中には、「実は、年上の女性に惹かれている」という人もいるでしょう。
そんな人の中には、「年上女性を好きになったのは、はじめて」「年上女性にアプローチするのは、はじめて」という人もいます。
そんな人は、アプローチ方法に注意が必要です。

今まで、同年代や年下女性としか交際してこなかった男性は、年上女性にどう接すれば良いのか、どうアプローチすれば良いのか迷っているはず。
「今まで通りで、大丈夫だろう」と思っている人もいますが、今までの方法では通用しないと思っていた方が無難。

年上女性、特にモテる女性の場合には、あなた以上に恋愛経験が豊富なはず。
様々なタイプの男性と交際してきているでしょうし、何よりもあなたより大人です。
そのため、今までと同じような接し方をしても、落とすことは出来ません。

年上の女性を彼女にしたいと思っているのであれば、それなりに情報収集をしておかなければ難しいでしょう。

#1 諦めずにひたむきに向き合う

image by iStockphoto

「憧れの女性がいる」という男性の中には、「年下の自分では、相手にされないだろう」と最初から諦めてしまう人がたくさんいます。
確かに、仕事ができ、周りからも人気がある年上女性となると、「自分に脈はない」と感じるでしょう。

しかし、年上女性との交際は脈がないというところからスタートすることがほとんど。
年上女性の多くは、「年下や後輩は、恋愛対象にはならない」と思っていますから、その思いをどう変えるかによって、二人の関係性が変わってきます。

「本気で彼女を落としたい」「交際したい」と思っているのであれば、まずはそのひたむきな思いを相手に伝えること。
諦めずに、相手に向かっていけば彼女も少しずつ心を開き、距離を縮めようと思うようになるでしょう。

あなたにひたむきに向き合う姿、思いを伝える姿を見ることで、年上女性も「年下も恋愛対象になるのかも」と気持ちが変わるかもしれません。

#2 年下だからこそ素直に甘える

image by iStockphoto

男性は、彼女が出来ると「彼氏として、頼れる存在になりたい」と思うもの。
特に、憧れの年上女性がいる人は、「彼女を守りたい」と感じているのではないでしょうか。

しかし、年下男性の魅力は素直に甘えられること。
年下だからこそ、女性にも頼ったり、甘えたりしやすいはず。
甘えると聞くと、「これでは、女性に恋愛対象に思われないのでは?」と思われる男性も多いと思いますが、年上女性の場合には素直に甘えてくる男性を「可愛いな」と思うもの。
そして、「自分がいなければ、この人はだめかも」「素直に接してくれる人であれば、恋愛も楽しいかも」と思い、あなたを男性として意識するようになるでしょう。

男性だって女性だって、やはり頼られたり甘えられるというのは嬉しいものですから、あなたが素直に甘えることが出来れば、彼女の心は動くかもしれません。

#3 時には男らしさもアピール

image by iStockphoto

「気になる年上女性がいる」という人は、「これから、甘えてアピールをしていこう」と考えている人もいるでしょう。

しかし、ここで間違えてはいけないのは、甘えるだけでは男性として見られないということ。
単に、甘えるだけの男性であれば、「可愛い後輩」「手がかかる後輩」にしかなることが出来ません。
それを恋愛対象として見られるようにするためには、時々男らしい部分を見せること。
例えば、女性が重い荷物を持っている時、さっと荷物を持ったり、悩んでいる時に「何か合ったんですか?」と優しく声をかけることが出来れば、「年下のクセに、意外とやるな」と思われるはずです。

ギャップは、恋に落ちるきっかけとしてとても大きなチャンスですから、甘えと男らしさを上手に使い分けて、気になる年上女性を落としましょう。

#4 強がりも効果的

image by iStockphoto

年上女性ともなれば、あなた以上に恋愛経験が豊富なことも多いでしょう。
中には、過去の恋愛話を聞いた男性もいるでしょうから、「自分には、かなわない相手」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、どんなに恋愛経験豊富な女性であっても、全てが同じタイプの男性ではないでしょう。
年下男性と交際したことがない女性であれば、年下男性の魅力に気づくことが出来れば、あなたも脈ありになるはず。

年上男性や同世代の男性とばかり交際してきた女性は、男らしい、頼りがいのある男性と交際してきている人が多いでしょうから、あなたは年下として強がって見ることがおすすめ。
年上女性にとって、年下男性の強がりはとても可愛く映り、キュンとさせることが期待出来ます。

#5 素直な態度は好感度アップ

image by iStockphoto

男性は、プライドが高く、女性の前ではついつい格好つけてしまうもの。
特に、年上女性に惹かれている男性は、女性前で「かっこいいところを見せたい」と思い、頑張るのではないでしょうか。

しかし、頑張る姿も良いですが、素直に分からないことは分からない、辛いところは辛いと言える素直さも必要です。
年上の女性であれば、そこは無理をする必要はないでしょう。
「かっこつけたい」と思っても、年上女性にはかなわないところも多いですから、素直に「それは、出来ません」「分かりません」と伝えることが出来れば、その素直さが女性の心をくすぐるはずです。

今まで、年上男性と交際してきている女性にとっては、その素直さが新鮮に映り、恋愛対象として意識するきっかけになるかもしれません。

#6 ずるがしこい計算はやめる

image by iStockphoto

好意ある女性が現れた時、様々な計算をする男性も多いでしょう。
「彼女と交際するために、色々手をつくさなければ」と思う人もいるはずです。
同世代、年下女性であれば、そういった計算がうまくいくことも多いでしょう。

しかし、年上女性を狙うのであれば、計算は避けた方が無難。
特に、恋愛経験が豊富な女性の場合には、その計算はすぐに見抜かれ「ずるがしこい男」と見られてしまいます。
そして、恋愛対象としても見られなくなってしまうでしょう。
年下なのに、ずるがしこいと思われれば、あなたの印象はどんどん悪くなってしまいます。

恋愛をする上で、駆け引きが必要と思っている人もいますが、相手によって、関係性によっては駆け引きが逆効果となることもあります。
年上女性を狙っているのであれば、計算せずに、素直に行動した方が可能性は高まるでしょう。
あなたの素直な言葉や行動が、彼女の心を動かすことが出来るかもしれません。
次のページを読む
1 2
Share: