恋愛結婚

本当は大変!?職場恋愛で注意・覚悟すべき7つのこと

職場恋愛って、なんだか憧れがありますよね。仕事とはいえ好きな人に毎日会えるし、お互いを知る時間が多いほど結婚にもつながりやすいイメージも。実際のところ、職場がきっかけで出会って結婚しているカップルはたくさんいるようです。でもちょっと待って、職場恋愛って楽しいばかりだけじゃないみたいなんです。実は結構大変だっていう声もちらほら。では一体どんなところが大変なのでしょうか。今回は、職場で恋愛をするにあたって気をつけておきたいところをまとめてみました。もしいま、職場に気になる人がいるならば、それが恋人関係に発展する前にぜひともこれからのことをチェックしてみてください。

職場恋愛で注意・覚悟すべき7つのこと

image by iStockphoto

あなたは、これまで職場恋愛の経験がありますか?

もしかすると経験した人にしか、その良し悪しはわからないかもしれません。
職場恋愛というのは、聞こえはいいかもしれないけれど実際は大変なことがたくさん。
注意することも、覚悟することもあるのです。

1. どんなに大好きな相手でも会社は会社、恋愛とは別

image by iStockphoto

基本、職場恋愛をしているならば、二人が交際していることは周囲には秘密にすべきです。
会社によっては職場恋愛を禁止しているところもあるくらいだから。
やはり職場は仕事をする場所、学校ではないのだから社会人らしい行動を心がけるべきなのです。
どんなに近くに大好きな人がいるからといって、話しかけたり共に行動するのはNG。
あくまで会社は会社という認識をしっかり持たないといけません。
でもやっぱり大好きな人がそばにいたら、職場だろうが気になってしまうし、意識してしまうのが当たり前。
そういう自由がきかないところに不満や不安が出てきてしまう人もいるよう。

また、相手を好きなあまり特別扱いしたり、逆に相手の立場を使って優位に立とうとすることもNG。
これこそ公私混同。
もしこういうことをして、恋人関係ということが周囲に分かってしまったら、厳しい会社によってはある程度の処罰だってあるかもしれません。
盛り上がる気持ちはよく理解できますが、きっちり線を引くことが大事。

2.周囲には極力秘密にしておくこと

image by iStockphoto

もしかすると職場恋愛に寛大でオープンな職場もあるかもしれません。
特に職場恋愛から結婚に至ったカップルが多い会社は、オープンとまでいかなくとも恋愛を認めていることだってあるかも。

でも、できれば周囲には秘密にしておいた方が働く上では何かと都合が良いのが実際のところ。
カップルであることが周囲にバレると何かと面倒だし、例えば女性同士であれば、嫉妬やあらぬ噂を立てられることだってあります。
ただ好き合って付き合っているだけなのに、立場が悪くなってしまっては仕事もしづらいはず。
会社には本当にたくさんの人がいるので、全員が祝福してくれるとは限らないのです。

周囲に伝えるのは結婚が決まったときや同棲をスタートするときなどにしておいて、落ち着くまでは秘密にしておくことことがオススメ。
この秘密の関係を守りきれるか、それにはお互い意識して行動に気をつけなければならないし、それは結構大変なことだったりするのです。

3.会社以外でも気をぬかずに行動には気をつける

休みこそは堂々と二人っきり、なんて考えはちょっと甘いのかも…休みの日のデート、楽しみたいけれど万が一あなたや相手が職場の近くに住んでいるならば、休日も周囲を気にしなければなりません。
休日出勤をしている人もいるかもしれないし、むやみに会社付近を歩き回ることはキケンそのもの。

また、会社の近くではなくても同僚や会社の人が近くに住んでいる場合も注意が必要。
バレないようで案外びっくりするようなところで偶然会ってしまったりします。
そうなればたちまち情報が広がって気まずい立場に。

さらに、休日も注意が必要ですが、会社の出勤や退勤も同じ。
相手の家から出勤するときは時間差で出勤したりと工夫が必要。
退勤の際も一緒に変えるのもってのほか、遠くの駅で待ち合わせなどしたほうが良いでしょう。

4.相手の嫌な部分を見る可能性が高い

会社が同じということは、朝から晩まで少なくとも同じフロアや社内にいるということ。
そうなれば、見たくないものだって見えてくることは避けられないでしょう。
それは相手だけでなくあなただって同じこと。

例えば、仕事で失敗して上司に怒られている姿、遅くまで残業してイライラしている姿。
さらに同僚と仲良く話す姿、その相手が異性だったらヤキモチを妬くことだってあるはずです。
どんなに同僚、会社の仲間だとわかっているとしても、あまりに仲良しな雰囲気になってたら複雑な思いに…普通に付き合ってれば相手がどんな風に働いているか、どんな同僚がいるかなんて、想像することしかできないけれど、同じ会社ともなればそうはいきません。
そういうものを見て気持ちが冷めてしまうことだってあるし、ヤキモチが原因でケンカに発展してしまうことも。
ある程度、寛大な目で受け止めてあげることが大切なんです。

5.噂になる可能性が高い

image by iStockphoto

どんなに気をつけていても見ている人は見ている。
ちょっとしたことがきっかけですぐ噂が広まってしまう確率は非常に高いのです。
ここが職場恋愛の難しいところ。
自分では意識していなくても、気が緩んだときや無意識に相手に恋人同士の延長で接してしまうったり、相手への視線でばれてしまうことだってあるでしょう。

不思議なほど勘がいい人というのはいるもので、二人の雰囲気で察する人だって。
また、何気ない世間話からバレることも。
例えば、休日に行った場所の話をしていたとします。
別に誰と言ったと伝えていなくても、別の場所で相手が同じ会話をしていれば、どこかでその話が巡って二人が同じ場所にいたことがわかってしまう。
バレるときというのはこういうパターンが多いのです。

6.別れたときの関係が大変になる

職場恋愛で一番大変だと言われているのが、別れたあとのこと。
どんなに別れた、悲しいからと言って決して仕事から逃げることはできないから。
付き合ってるときも周囲にバレないように秘密の関係を保ち続けるのはなかなか難しいものですが、別れてからの職場での関係というのはもっと複雑なのです。
お互いが納得できて別れたのであれば問題はないのかもしれませんが、一方的でどちらかが納得していないと、相手にとって職場というものはは辛いつらい場所以外のなにものでもない。

職場に相手がいるだけで辛いし、話すこともできない。
だけど仕事だから恋愛うんぬんは抜きに社会人としての責任があります。
その立場というのが余計とその人を辛くさせるのです。
職場恋愛じゃなければ、別れたらそれまでで会うこともないでしょう。
でも、同じ職場にいる限り毎日顔を合わせることになってしまう。

付き合い当初はもちろん別れることなんて考えずに付き合うはずですが、こうしたリスクも職場恋愛には潜んでいるということを頭の片隅においておいたほうがよさそう。
次のページを読む
1 2
Share: