メイクメイクテクニック

悩ましい就活だからこそ、メイクも味方につけよう!

就活を始めた女子たちの大きな悩みの種は『就活メイク』。今この記事を読んでくださっている方は、まさに「化粧苦手なのにどうしよう」「ナチュラルメイクって何?」など、あれこれ情報を探し回っているのではないでしょうか。国内の一般企業から、しっかりメイクが好まれる外資客室乗務員まで、幅広く内定経験がある筆者が詳しく解説します!

まずは就活メイクの疑問を解消しましょう!

image by iStockphoto

インターンシップや合同説明会に面接。
ただでさえ忙しい就活の準備。
それなのに、就活メイクの疑問が解消されずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
まずは就活中の多くの女子学生が感じるであろう疑問を解消して、就活メイクの前提をチェックしましょう。

その1ーそもそも普段のメイクと何が違うの?

プライベートでは、自分の好きな色や流行を取り入れたメイクをしていますよね。
それは「自分のためにするメイク」です。
しかし、就活では「相手のためにするメイク」が求められます。
社会人がお仕事するにあたって”ビジネスマナーと信頼感”は何よりも重要だと思いませんか?

メイク1つで相手に与える第一印象が変わってしまいます。
20代女子には普通のメイクでも、実際に面接でお会いすることの多い”30代以上”の方々には派手に見えてしまうことも。
男女問わずどの年代から見ても清潔感が感じられるメイクを目指せば失敗はありません!(※業界や職種によって華やかなメイクを求められる場合もあります)

その2-ファンデーションって使わなきゃだめなの?

普段メイクでは、BBクリームなどで素肌を活かしたメイクをしている方も多いはずです。
しかし、「就活ではファンデーションを使いなさい!」と言われるのはなぜでしょうか。
それは、着ている服の”厚み”が違うからです。

わかりやすく例に例えると、普段のオシャレ着は夏服、就活スーツは冬服。
夏のエアリーな素材の服装に顔全体が濃いめのメイクを合わせるとアンバランスになってしまいますよね。
逆に、厚手のコートを着る冬に夏と同じ薄さのメイクをすると顔が薄く見えてしまいます。

つまり、スーツのようなしっかりとした厚手の布地を着る時には、「服に負けないしっかりメイク」が欠かせません。
就活生にはファンデーションは必需品と言えますね!

その3-ナチュラルメイクって何?どこからどこまでがナチュラルなの?

ファッション誌などで紹介されているナチュラルメイクと、就活におけるナチュラルメイクは別物です。
プライベートでのナチュラルメイクは「素を活かす、ノーメイクに近い」という意味だとすれば、就活メイクは「しっかりメイク」と言えます。
就活におけるしっかりメイクとは、濃さを感じさせずに、華やかにしすぎずにきちんと感を出すことです。

その4-メイクめんどくさい or 薄いメイクなんて嫌だ!

その気持ちよくわかりまが、メイク次第で相手に与える印象が大幅に変わります。
ぜひとも良い印象を与えるメイクをしてほしいです。

就職活動の面接では初対面の方と15~30分程度お話をするだけで合否が決まってしまいます。
人は見た目がすべてではありませんが、第一印象でマイナスなイメージになると、たったの数十分で挽回するのは難しいです。
面接官も人ですから、一度ほかのことが気になってしまうと、どんなにいいことを話しても伝わりにくくなってしまうと思いませんか?

逆を言えば、自分の欠点をうまくカバーするメイクができれば、いい印象を与えることもできる武器にもなりますね。
「めんどくさい!」と思わずに騙されたと思ってやって一度試してみませんか?
Next:就活用コスメとメイクのコツはこれ!
次のページを読む
1 2 3 4
Share: