彼女のこと恋愛

辛そうで助けてあげたい。生理のときに彼氏がしてあげたいこと6つ

彼女が急に怒りだしたり、泣いたり…情緒不安定な時期ってありませんか?もしかしたら生理が近いのか、生理中かもしれませんね。男性からしたら、なかなか女性特有の悩みは理解しがたいもの。ですが、彼女もあなたが嫌いで怒ったり当たったりしているわけではないのです。そんな辛い状況のときに、恋人であるあなたがしてあげられることを探していきましょう。うまく対応できるようになるとあなたへの負担もなくなります。この記事を読んでいるというときは、あなたはとても優しい彼氏さんですね。実際にどんなことをしてあげたらいいのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。恋愛をするのに生理は関係ない!と思っているかもしれませんが、結構影響してくるんですよ…。

生理痛の症状は?

生理痛はすべてが病気ではありませんが、様々な症状が表れます。
彼女が行動が生理痛の症状に当てはまっていないか、チェックしてみてください。
毎月同じ時期に同じような状況になったり、困っているのであれば生理が影響している可能性が高いです。
こんなことも起こるんだ…と男性からはなかなか理解できないこともあるかもしれません。

「生理痛の症状」

・下腹部の痛み

・肌荒れがおきる

・イライラしたり感情がコントロールできない

・やる気がでない

・眠気や倦怠感がある

・お腹を壊してしまう

・気持ち悪い状態が続く

・胸が張って痛くなる

などの症状があげられます。
これだけではありませんが、代表的なものを上げさせていただきました。
体調が悪かったり痛い部分があると、あなたに触られるのも嫌がってしまうかもしれません。
これだけ普段とは違う、身体の変化が起こることを知っておいてくださいね。

生理のときに彼氏がしてあげたいこと6つ

image by iStockphoto

毎月くる彼女の情緒不安定に、あなたも悩まされているかもしれません。
急に泣きだしたり、怒りだしたり…。
いつもの彼女と違うし扱いに困ってしまいますよね。
ですが、それで彼女を責めてはいけません。
大学で試験前には「生理痛が強い女性は病院へ」と推薦しているところもあります。
それほど、自分でコントロールできなくなるほど生理痛が酷い女性もいるのです。

彼氏であるあなたが、少しでも彼女の負担を軽減してあげられると良いですよね。

「生理のときにしてあげたいこと」

1.外出は控えてあげましょう

2.話をとことん聞いてあげましょう

3.無理して会わなくても大丈夫

4.しょうがないと納得してあげましょう

5.生理中のお泊りはやめましょう

6.生理痛について知識を持ちましょう

この6つについて紹介していきます。
生理痛である自分を思いっきり彼氏に出せるタイプと、あなたの前では我慢してしまうタイプといるでしょう。
あなたの彼女はどうでしょうか?

我慢してしまうタイプなのであれば、あなたから気遣ってあげられると良いですね。

1.外出は控えてあげましょう

生理期間や、生理前はどうしても眠くなったり身体がだるくなってしまいます。
ドライブしても、彼女一人で寝てしまってつまらない…なんてこと経験あるかもしれません。
彼女も好きで寝てしまったり、だるそうにしている訳ではないことを理解してあげましょう。

生理痛が酷い女性の場合、立ってるのもつらかったりお腹が痛くでしょうがない…。
お腹を壊してしまう人もいます。
トイレにも何度も行かないといけないし…。
そんな状態で遊園地や人混みに長時間ショッピング。
なかなか辛いものです。
どうしても外でデートしたい、彼女が希望してあるのであれば体調を考慮して出かける場所や時間を選んであげましょう。

おうちの中でゆっくり過ごすのも、素敵なものですよ。
ベッドに転がって一緒に映画を見たり、あなたがごはんを振舞ってあげるのもいいかもしれません。
眠ってしまっても許してあげてくださいね。
生理が終わって落ち着いたら、思いっきり外出デートを楽しみましょう。
きっと彼女も気にすることなく楽しむことができるでしょう。

2.話をとことん聞いてあげましょう

生理が近づくと女性は情緒不安定になりやすいものです。
急に昔のことを思い出して泣けてきたり、普段は我慢できるようなことでも怒れてしまったり。
そんな時は「どうしたの?」と話を聞いてあげましょう。
感情的になりやすい期間なので、言いたいことがよく分からない…伝えたいけどうまく話せない状況になりやすいです。

「そうだね」「辛かったね」と頷きながら話を聞いてあげましょう。
きっと彼女も、落ち着いてから「ごめんね」と反省してくれるはずです。
自分でも何怒っているんだろう…と思うほど、感情がコントロールできないので迷惑をかけているのは十分理解しています。
本当に思っていることと逆のことを言ってしまったり。

わがままばかり、理不尽かもしれませんがこの時期だけは大目に見て欲しいと同じ女性として思います。
思いっきり話して泣いたり怒ったりして、気持ちがスッキリして落ち着きを取り戻すことができます。

3.無理して会わなくても大丈夫

image by iStockphoto

1週間長ければ2週間も彼女の、体調や気分に付き合わされるのはなかなか疲れるもの。
「どうしてこんなに気を遣わなきゃいけないの」と彼氏だとしても、ストレスになってしまいますよね。
そんなときは、無理してデートをしたり会う約束をしなくても大丈夫です。

急に連絡を取るのをやめたり、理由も言わず断るのは逆効果なので注意してくださいね。
情緒不安定の中で、さらにそんなことをされると大爆発してしまいます…。
生理前や生理中は、どうなってしまうのか一緒に話し合って決めていきましょう。

「お互いに喧嘩が増えたり楽しくないのは嫌だよね。」

「一人でゆっくり休む時間も必要だよ。」

「俺のことは気にしないで休んでね。」

と、彼女を気遣っていることをしっかりと伝えましょう。
会わなくてもLINEや電話で連絡は取っているなど、フォローしてあげられる状況にいることは大切です。

彼女が怒っていて気になる、心配、と過剰にかまいすぎるのはNG。
さらに喧嘩が大きくなったり、あなたへの負担が大きくなってしまうだけですよ。
無理してデートを重ねなくても大丈夫です。

4.しょうがないと納得してあげましょう

眠ってしまう、怒ってしまうなど上記でいろいろと説明してきました。
全ての症状に真剣に向き合っていると、あなたも疲れてしまいます。
毎月この状況がくるのか…と憂欝になってしまう男性も少なくありません。
それほど、生理前や生理中の症状は影響を及ぼすものなのです。

「生理だからしょうがない」と納得してあげましょう。
そうすることで、あなたも「今だけか」「まぁいいや」と重く考えることがなくなります。
うまく流したり、話題を変えてみたり…。
これ以上喧嘩が続いたり、悪い雰囲気にならないようにしていきましょう。

ここで注意点ですが、怒っている彼女に対して「生理なの?」「生理前だから?」というワードはNG。
女性からしたら、精一杯伝えたいことを言って怒ったり泣いたりしているのに「生理」の一言で片づけられてしまうのは辛いもの。
わがままですが、喧嘩がヒートアップしてしまう可能性が高いです。
相手を思いやるような言葉で、接してあげましょう。

5.生理中のお泊りはやめましょう

これは女性によっても違うのですが、大半の女性は生理中の旅行やお泊まりは気を遣ってしまいます。
なるべく生理とかぶりたくない…と旅行計画を立てる女性も多いのです。
彼氏の家に泊まって、ゴミはどうしたらいいのか…布団を汚してしまったらどうしよう…と気を付けなければいけないから。
ナプキンを持って行かなきゃいけないし、荷物も増えてしまいます。

旅行に行っても同じですよね。
外では、トイレを気にしなければいけないし下着が汚れたら嫌だし…。
旅行で温泉も入れないので、部屋で済ますしかありません。

事前に計画していて、生理になってしまったのであればしょうがないですが。
なるべく計画する前には、彼女の生理期間を避けて考えていきましょう。
旅行中に喧嘩が増えてしまうのも、いい思い出にもなりません。
気分良く幸せな時間を過ごしたいですよね。

おうちでお泊りするのであれば、なるべく彼女のお家にしましょう。
ゴミや布団も、よそのお家よりは気にしなくて良いですよね。
そして、生理中は身体を求めるのはNG。
体調も良くないし、衛生的にも良くありません。
自分だけ気持ちよくしてもらおう…というのも、私は嫌ですね。
お互いに体調が良くて、幸せを感じられるときにしたいものです。
次のページを読む
1 2
Share: