失恋恋愛

失恋エピソード4選&失恋中の辛い出来事あるある4選

失恋すると、「世界で一番不幸なのは私だ」と思ってしまいますが、実際はそんなことありません。あなた以外にも毎日沢山の人々が、失恋の胸の痛みを抱えて生きているのです!一人では辛くて乗り越えられないことも、同じ経験をした仲間となら、きっと乗り越えられるはず。みんなで共感して、乗り越えていきましょう!

失恋すると辛いのはなぜ?

image by iStockphoto

失恋すると、とにかく毎日辛いですよね。
このどん底の状態が、永遠と続くような気がしてしまいます。
でも、どうしてこんなに辛いのでしょうか?

それは、好きな人に自分を受け入れてもらえなかったから。
「自分は認めてもらえなかった」「自分は選ばれなかった」「自分はダメな人間だ」「自分には価値がない」と、ショックを受け、自分に自信を無くしてしまうのです。

私達は、人から認められることで、その存在価値を感じることができます。
人から、それも自分の好意を寄せている人から、拒絶されたという現実が、強い悲しみになって押し寄せてきているのです。

私の失恋エピソード4選

image by iStockphoto

ここでは、私が実際に経験した失恋エピソードをご紹介します。
この記事を読んで「私の方がまだマシだな」「私はここまでじゃないな」と、少しでも前向きな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

#1 クラスの男子にからかわれて・・・

それは、私が中学生の頃の話です。
当時クラスにとても仲の良い男子がいました。
私はひそかに彼のことが好きで、いつかこの思いを告白しようと思っていました。

ところがそんなある日、クラスの男子グループが「おまえと○○って付き合ってるみたいだな~」とからかってきたのです。
突然のことで動揺しましたが、こういう時は無視するのが一番と思い、私は相手にせず無視していました。

ですが彼の方は、執拗にからかわれてついに怒りだしてしまったのです。
そして一言、「○○(私)なんて好きじゃないし」「なんで俺が○○なんかと付き合わなきゃならないんだよ!」と言い放ちました。

グサッと彼の言葉が、私の胸に突き刺さりました。
本当は、彼も私のことが好きかもと少し期待していたんです。
それなのに、あんな酷いことをみんなの前で言われるなんて・・・。

それ以来、彼とは一言も話しをすることなく中学を卒業しました。
男なら、みんなの前で私のことを守ってほしかったです!

#2 彼氏がバイト仲間を好きになってしまった

image by iStockphoto

私が専門学生の時のことです。
当時私は、焼肉屋さんでアルバイトをしていました。
そこには私の大好きだった彼もアルバイトとして働いていました。
バイト仲間は仲が良く、頻繁に一緒に飲みに行ったり、カラオケに行ったりと遊んでいました。

そんな中、彼氏の態度が段々と冷たくなり、ついには別れを切り出されてしまいました。
別れたい理由を聞いても、いまいちハッキリせず、私は毎日辛い日々を過ごしていました。

そんな時によく相談をしていたのが、バイト仲間のAさん。
年上で、お姉さん的存在だったので、辛い胸の内を聞いてもらっていました。
ところが、このAさんこそ、彼氏の新しい彼女だったのです。

このことを、他のバイト仲間から聞いた私は、想像もしていなかった展開に頭が真っ白。
意味がわからず、涙も出ませんでした。

彼氏にフラれたこと、新しい彼女がバイト仲間だったこと、理解者だと思っていた女性に裏切られたこと・・・。
辛いことが重なり、すっかり人間不信になってしまいました。
信じていた人、大切に思っていた人に裏切られるのは、ダメージも大きく本当に辛い経験でした。

#3 彼氏と彼氏の友達に試された事件

それは私が高校生の時のことです。
彼氏と付き合い出したのがクリスマス近くだったので、「今年は素敵なクリスマスになるな~」なんて、すっかり浮かれていました。

そんな彼氏との何度目かのデートの時、彼氏が友達を一緒に連れてきました。
私は「彼氏の友達だから仲良くしなくちゃ」「嫌われないようにしないと」と思い、気に入られるように振る舞っていました。
三人でカラオケに行き、楽しく過ごしていると、彼氏に電話が入り席を外すことになったのです。

すると彼氏の友達が、いきなり口説いてきました。
私は彼氏のことが好きだったので、すぐに断りました。
ですが、その友達が強引で・・・。
もっとハッキリ断ればよかったのですが、相手は彼氏の友達なので、強く拒否することもできずに困ってしまいました。
するとそこへ彼氏が戻ってきて、友達の口説きも終わり、私は一安心することができました。

ですがその翌日、彼氏から一方的に別れのメールが来ました。
慌てて電話をすると、彼氏から信じられない内容を告げられました。
それは、彼氏と友達がグルになって、私がどれくらい彼氏のことを好きか、実験していたという内容でした。
友達の誘いをハッキリ断らなかった私は、信用できないとも言われました。

まさかそんな原因でフラれるとは思ってもいなかったので、私はただビックリ!その彼は、過去に彼女に裏切られるようなことがあったのかもしれませんが、それでも友達を使って彼女のことを試すなんて、最低ですよね!私は本気で彼氏のことが好きだったので、とても傷つきました。

#4 私、都合のいい女でした!

私は社会人になりたての頃、「都合のいい女」をしていました。
お相手の男性は、4歳年上の会社員。
おしゃれでスタイルがいい彼に、私は夢中でした。
彼のことが本当に大好きだったので、自分でも都合のいい女だとわかっていても、その関係を止めることはできませんでした。
都合のいい女としてでも、彼と繋がっていたかったのです。
「もしかすると・・・いつか彼女にしてくれるかも」そんな淡い期待を捨てられずにいました。

その彼には、誕生日やクリスマスになると、「○○買って」とプレゼントを指定されていました。
それも高額なものばかり。
食事に行く時も、割り勘か私のおごりなので、お給料だけでは足りず、貯金を切り崩しながら彼に尽くしていました。
最後の方には、貯金も底をつき、カードローンにまで手を出していました。
それでも彼が好きだったので、「買えない」「お金がない」とは言えませんでした。

そんな私が彼とお別れできたのは、彼に彼女ができたから・・・。
彼女ができたと聞いた時は、「やっぱり」「ついに」と思いました。
そして、少しホッとしました。
自分からはどうしても離れることができなかったけれど、これで彼と離れられると思ったからです。
辛い現状が終わると思うと、不思議とそれ程悲しくありませんでした。

彼に尽くした代償のカードローンの返済は、しばらく続きましたが、それも1年程で完済することができました。
彼のことは恨んでいません。
今でもたまに「幸せに暮らしているかな?」「結婚したかな?」と思い出す事があります。
私にとって彼は、決して忘れられない存在です。

失恋中の辛い出来事あるある

image by iStockphoto

ここからは、私が失恋中に辛かった出来事をご紹介します。

「私と同じだ!」「私ひとりじゃないんだ!」と、みなさんに共感してもらえたら、少し元気になってもらえるのではないかなと思います。
次のページを読む
1 2
Share:
2017haru