恋の悩み恋愛

彼女ができないのはなぜ?彼女につながらない理由10選

どんなにイケメンでも、どんなに優しくても、彼女ができない男性がいます。どうして目立った欠点がないのに、彼女ができないのでしょうか?「俺、こんなに頑張っているのに…」と思っているのであれば、彼女ができない原因があります。今まで彼女ができない訳を考えてみましょう。

彼女ができない10この理由

image by iStockphoto

さて、彼女ができない理由を10こ紹介します。
女性目線だとこんな風に考えていたんだと、目からうろこの情報ばかりですよ。

1.ちゃんとした恋愛経験が少ない

女性は、恋愛でも男性に引っ張って行って欲しいと思っています。
ですので、恋愛経験が少ない男性は、どうしても魅力にかけてしまうことがあります。
恋愛経験というのは、経験人数ももちろんですが。
どれくらいの期間付き合っていたのかとうところは重要です。
すぐに別れて新しい人と付き合ってしまうなど、軽い部分が見えてしまうと、どうしても恋愛対象にはなりません。

今までどんな恋愛経験をしてきたのか、どれくらい付き合っていたのか、相手のことをしっかり考えているのかをしっかり見ています。
付き合っても他の女の人と遊んでいるような恋愛を繰り返していた男性は、特に注意です。
そんな人と付き合いたいと思いますか?心が落ち着かない恋愛を選ぶ理由はありません。
もしあなたが今までの恋愛をおろそかにいていたら、それが原因かもしれませんよ。

2.誰にでも優しい

image by iStockphoto

優しい男がもてるのはもちろんですが、優しいだけで女性が付いてくるわけではありません。
もしかしたら、優しいから都合よく使われていることもあって、今あなたの周りにいる女性も、あなたの事を利用しているだけなのかもしれません。
もし「俺って誰にでも優しくしているな」と思ったら、その優しさはあなたが好きな子にとっておくようにしましょう。

最も気を付けなければいけないのは、優しい自分に気が付いていない人。
友達から「それって優しすぎるよ」と言われたことがあるならば、あなたの優しさは利用されてしまう優しさの可能性があります。
彼女になる前は、誰にでも優しい男でも、もし彼女になって他の女の子に優しくしている様子が分かったら、ヤキモチを妬いてしまいます。

もし、彼女がほしいと思うのであれば、特定の人に優しくするようにして、誰にでも優しい男を卒業することから始めましょう。

3.話していても楽しくない

一緒にいて楽しくない人は、彼氏にしたくないと思っています。
話していても楽しくない男は、彼氏にしたいと思いません。
女性と話すとき、自分のことばかり話していませんか?その話題が女性も興味のある話だったらいいのですが、何も興味のない話をされても眠くなってしまいます。
例えば、車に興味のない女性に、車の話を永遠としても話の内容が全く分かりません。
話していてもつまらない瞬間です。

もし彼女が欲しければ、まずは自分の話だけをするのをやめましょう。
相手の興味がある話をしたり、相手の引き出しを開ける努力もしなければなりません。
ときには冗談も交えつつ話をすると、女性だけでなく相手を惹きつける話し方になりますので、もし彼女ができなくて悩んでいるのであれば、話していて楽しいと思ってもらえるような話し方を心掛けてみましょう。

4.コンプレックスを口に出してしまう

女性はコンプレックスを持っている方が多く、人に指摘されたくないと思っています。
例えば、少し体型が丸い、手が大きい、顔のパーツが気になるなど、人には言えない気にしている部分があります。
そのコンプレックスを隠すために化粧をしている人もいるくらいなんです。
ですが、デリカシーのない男性は、女性が思っているコンプレックスを簡単に口に出してしまうことがあります。
言っていいことと悪いことの判断がつかないのかな?と思ってしまうくらいの男性もいます。

男性での自分のコンプレックスを感じている場合もあります。
その部分を女性が言わないでいてくれているのに、あなたが女性のコンプレックスを言ってしまったら、「この人は人の心をk図付ける人だ」と判断されて、彼氏にしたくない!と思ってしまいます。
もし彼女が欲しいのであれば、コンプレックスを見つけるのではなく、他の人にはないいい部分を見つけてあげるように心がけましょう。

5.自慢話ばかりする

image by iStockphoto

男性は自分の力を認めて欲しいと思っていますので、どうしても女性には「俺はこれだけの力を持っているんですよ」とアピールしてしまいます。
さりげなくアピールする分には問題ありませんが、会うたび会話の中で自慢話をされていては、聞いている方も嫌な気持ちになります。
彼女の関係になったら、こんな自慢話をいつもされるのか…と思うと、あなたを彼氏にしたいとは思いません。

あなたがすごいかどうかは、周りが判断することです。
すごいことと思っていても、他の人がそうでもないと感じていたら、聞いている方は不快に感じます。
本当にすごい人は、自分がすごいことを外に自分から言いません。
背中ですごいことを伝えるので、言葉で自慢話をされるよりも、行動で見せた方が、実は効果があるんですよ。
自慢話ばかりしている人は、今から控えるようにしてくださいね。

6.ネガティブ思考の人

人間ですから落ち込みますし、明日も嫌だな…と思うことはあります。
ただし、いつもネガティブ発言をしている人は、何も魅力に感じません。
発言が「だって、でも」など言われたら、「そんな子供みたいな人とはいられない」と簡単にふるいにかけられてしまいます。
ネガティブ思考の人は、自分に自信がない傾向があります。
なんで自信がないのかを考えてみましょう。

きっと視野に入る人すべてがきらきらしていて、自分にはないものをたくさん持っていると思っていませんか?人は誰でも違うものを持っていて、だからこそ魅力が輝きます。
つまり、あなたも気が付いていないだけで素敵な一面を持っているんです。
普段から自分に自信をつけられるように、趣味に打ち込んだり、外に出て見分を広めたりして、ポジティブになれるツボを探しましょう。
次のページを読む
1 2
Share: