メイクメイクテクニック

メリットがたくさん!ノーファンデを叶えるメイクのポイント6選

厚塗り感がなく、みずみずしいお肌の女性に憧れたことはありませんか?もともと肌がキレイなこともありますが、ノーファンデメイクでそのように見せている、という場合もあります。「ファンデーションなしなんてありえない!」なんて思うかもしれませんが、美肌のためにも実践している人は多いのですね。ノーファンデの噂を聞き、気になっている人も多いでしょう。ここでは、ノーファンデのメリットや、ノーファンデを叶えるメイクのポイントをご紹介します。

ノーファンデメイクの基礎知識

ノーファンデメイクの基礎知識

image by iStockphoto

厚塗り感がなくみずみずしいお肌のことを「ツヤ肌」「透明感のある肌」なんて呼ばれたりしますよね。
このような肌をしている女性たちには、「ノーファンデ」を実践している人が多いです。
美肌のためにも実践している人は多く、最近ではファンデーションなしのメイクをする女性たちがじわじわ増えています。
メイク方法も気になるところですが、知ってほしいメリットや魅力があるので、まずはノーファンデメイクの基礎知識についてお伝えします。

ノーファンデメイクとは?

ノーファンデメイクとは?

image by iStockphoto

ノーファンデメイクといっても、お肌に何もつけないのではありません。
お肌にまったく何もつけないのは、とても危険です。
一歩外に出れば紫外線を浴びてしまいます。
美肌の大敵である紫外線対策はマストとし、その上に化粧下地だけを塗るか、もしくは化粧下地とベビーパウダーで仕上げるか、のメイク方法を「ノーファンデメイク」としていることが多いようです。
パウダー系のファンデーションを使わない、という意味で「ノーファンデ」といっている人もいます。

ノーファンデだからといって、完全なすっぴん肌ではない、ということをおさえておきましょう。
紫外線対策は必須で、シミやニキビなどは肌にやさしいコスメでカバーすることも美肌のためには大切です。

ノーファンデメイクの魅力やメリットを知ろう!

ノーファンデメイクの魅力やメリットを知ろう!

image by iStockphoto

ノーファンデメイクは、一般的なメイクに比べて肌への負担が少ないです。
刺激や摩擦が減るため、肌トラブルが改善されることもあります。
改善だけでなく、あらゆる肌トラブルの予防にもつながります。
肌に刺激や摩擦が加わることで肌老化(シミ・しわ・乾燥・たるみなど)は進行するものですが、肌にやさしいメイクを続けるほど、メイク時やメイクオフの肌への負担が減り、若々しいお肌をキープできるのです。

ファンデーションによる肌トラブルを避けるために、ノーファンデメイクを実践している人もいます。
ファンデーション使うことで、毛穴のつまりを引き起こし、肌に大きなダメージを与えてしまうのです。
毛穴の中で皮脂と混ざり合ったファンデーションは酸化してしまうのですが、それが毛穴の黒ずみやニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまったりします。
余分な角質も溜まりやすく、美肌からは遠のいてしまうのですね。

ノーファンデは、肌への負担が少なく美肌へ導くこと以外にもメリットがいくつかあり、

・化粧崩れしにくい

・時短メイクで手間が少ない

・相手に親近感を与えられる

などが挙げられます。

相手に親近感を与えるというのは、すっぴんに近い状態で接することで、相手との心理的な距離が縮まりやすい、ということです。

ノーファンデメイクをおすすめしたい人とは?

ノーファンデメイクをおすすめしたい人とは?

image by iStockphoto

長期的な肌への負担を減らしたい人、肌質を改善したい人、いつまでも若々しいお肌でいたい人、繰り返される肌トラブルに悩んでいる人、などなど。
メイクで「盛る」ことよりも、「肌の健康」を一番に考えたい人には、ノーファンデメイクがおすすめです。
年齢を重ねると、自然と肌の健康を一番に考えるようになりますよね。

美意識の高い女性たちが実践しているのが「ノーファンデ」です。
長期的な肌への負担を考えると、ファンデーションをやめるのは賢いことでしょう。
ファンデーションをすると、クレンジングに力が入ってしまういますよね。
クレンジングに力を入れると、肌に強い刺激が加わり、肌を守るための水分や油分を落としてしまうこともあります。
肌は乾燥しやすくなり、肌老化を促進させてしまうのですね。
肌の乾燥を防ごうと、皮脂が多く分泌してしまい、オイリー肌になる人もいます。
Next:ノーファンデを叶えるメイクのポイント6選
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
konohana