メイクメイクテクニック

メリットがたくさん!ノーファンデを叶えるメイクのポイント6選

ノーファンデを叶えるメイクのポイント6選

image by iStockphoto

ノーファンデは、肌への負担が少なく、メリットがたくさんあることがわかりました。
完全なすっぴん肌ではない、ということもお伝えしました。
ここでは、化粧下地とベビーパウダーを使ったメイクを前提に、メイクのポイントをご紹介します。
ツヤ肌を目指している人や、美肌を目指している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

#1  肌を労わりたいならベビパウダーがおすすめ

image by iStockphoto

肌を労わりたい女性の強い味方なのが、ベビーパウダーです。
赤ちゃんにも使用できるほど肌に優しい成分でつくられているため、ファンデーションをベビーパウダーに変えるだけでも肌への負担はかなり減ります。
ベビーパウダーは、ほとんど肌を刺激しないだけでなく、肌が呼吸できるので、毛穴のつまりも起こしにくいです。

使い方は簡単で、日焼け止めと化粧下地で肌を整えたあと、気になる部分にベビーパウダーを軽く肌にのせるだけ。
ベビーパウダーをのせることで肌がワントーン明るくなりますし、ある程度のくすみをカバーすることもできますよ。
毛穴を隠すのに使ってもいいですね。

#2  ほんのりチークで自然な血色を出そう

image by iStockphoto

ノーファンデでも、最低限肌を整えた上でチークを塗るので、浮いてしまう心配はありません。
ノーファンデメイクは素肌に近い仕上がりになるので、ほんのりチークを塗ることでやさしい感じを演出できますよ。
自然な血色をイメージしながら、頬骨部分を中心に、チークをとんとんとやさしくのせていきましょう。

日焼け止めと化粧下地で肌を整えたあと、チークを塗るのですが、「チークの刺激は大丈夫なの?」と気になるところですよね。
化粧下地は、コスメ用品の刺激を抑えてくれるようなバリア機能を持ったアイテムなので、軽くのせる程度なら問題ないでしょう。
メイクをする前に、しっかり保湿することで、より肌への負担を減らせますよ。
化粧下地をつけたほうが、メイクも落としやすくなり、クレンジングの負担も軽減できます。

#3  顔全体の印象を決める唇の色はヌーディーに!

image by iStockphoto

ノーファンデメイクをするなら、唇の色が重要になります。
唇が、顔全体の印象を決めるので、しっかりキメたいものです。
素肌に近い仕上がりになるノーファンデメイクには、ヌーディーな口紅や薄い色のリップやグロスがおすすめ。
ヌーディーな口紅や薄い色のリップやグロスは、唇だけが浮くこともなく、自然なバランスになります。
唇の血色が悪いと、暗い印象を与えてしまうこともあります。
ノーファンデメイクだからといって唇に何も塗らないのではなく、馴染みのいいヌーディーな色を与えてあげましょう。
Next:ノーファンデを叶えるメイクのポイント6選(続き)
次のページを読む
1 2 3
Share:
konohana