メイクメイク用品

ちゃんと唇パックしてる?ぷるぷる唇を手に入れられるグッズ♡

乾燥が気になる季節、ボディケアやスキンケアは毎日行っている人が多いと思います。しかし、「唇」のケアまで行っていますか?唇は他の部分の皮膚とは違った特徴があり、特に念入りなケアが必要です。ケアせずをせずに放っておくと縦ジワが目立ち、老け顔の原因になりますよ!正しくケアをしてぷるぷる唇を手に入れましょう。

なぜ唇は乾燥しやすいの?

image by iStockphoto

唇は他の部分の皮膚とは違い、バリアーとなる角質層がありません。
薄い粘膜のみのため保水力がなく、また皮脂腺や汗腺もないため自力では潤うことができません。
さらにメラニンを作るメラノサイト細胞が唇にはなく、メラニンの生成ができません。
メラニンが作られないということは紫外線に無防備な状態ということになります。
紫外線が直接乾燥を引き起こす訳ではありませんが、紫外線によって皮膚の真皮層(土台部分)が傷つけられるため、結果的に荒れやすい唇になってしまうのです。
せっかく買った口紅もガサガサ唇では台無しになってしまいます×!

唇の乾燥を引き起こす生活習慣

image by iStockphoto

唇を乾燥させるのは環境だけではありません。
日常の生活にも乾燥を引き起こす原因があるのです。
まずは歯磨き粉。
歯磨き粉には皮膚の皮脂を奪う界面活性剤が含まれています。
歯磨きをした後しっかり唇まで水で流していますか?唇に歯磨き粉を残したままだと、界面活性剤により皮脂が奪われ乾燥してしまうのです。
歯磨きをしたら唇も良くながしましょう。
また、タオルで拭くときも優しく拭くようにしてください。

もう1つの原因が口紅。
多くの口紅には石油から作られたタール色素の合成着色料が含まれています。
しっかりクレンジングしきれていないと、このタール色素が唇を刺激し、唇が荒れてしまうのです。
また、クレンジングをする際はしっかりとクレンジングオイルやクリームを馴染ませた上でオフするようにしましょう。
唇に刺激は禁物です。

唇を乾燥から守るには?

image by iStockphoto

大切なのがリップクリーム。
リップクリームは常に持ち歩き、唇に乾燥する隙を与えないように心掛けます。
リップクリームを選ぶときは保湿力の高いものや、医薬品と書かれているもの、UVカット効果があるものを選ぶと良いでしょう◎

唇にとってスペシャルケアも重要です。
肌にパックをするように唇にも定期的にパックをしましょう。
ハチミツやワセリンを塗る方法も良いですが、1番効果的なのは唇専用パックです。
唇専用に開発されているため唇を保護する成分が配合されています。
顔のパックをするついでなどに行うと楽チンですし、ケアを忘れないのでおすすめです。
Next:人気のスペシャルケアはコレ♡
次のページを読む
1 2 3 4
Share: