メイクメイクテクニック

目の下にクマができる原因とは?メイクで上手に消すためのポイントを知ろう!

疲れた印象を与えたり、老けて見られる原因ともなる目の下のクマですが、改善を試みてもなかなか思うように消えてくれないものですよね、長年目の下のクマにお悩みの人も多いでしょう。クマには種類があり、それぞれ原因があります。原因を突き止め、正しく対策することで改善が見られるものもあります。ここでは、クマができる原因や、メイクで上手に目の下のクマを消すポイントをご紹介します。

クマの種類別の原因と対策

image by iStockphoto

クマには大まかに3種類あります。
「青グマ」「茶グマ」「黒グマ」なのですが、それぞれ原因があるもの。
クマの種類別に、原因と対策についてみていきましょう。

冷えや生活習慣の乱れからくる「青グマ」

image by iStockphoto

冷えや疲労などにより、目のまわりの血行が悪い人や、生活習慣が乱れている人がなりやすいのが「青グマ」です。
目のまわりの皮膚はとても薄いもの。
目のまわりにはたくさんの毛細血管が通っていますが、その血液が滞ることにより、青っぽく透けて見えるのです。

体が冷えやすい女性はとくに青グマができやすいでしょう。
生活習慣が乱れることにより、体がストレスを感じ、ホルモンバランスの乱れることも原因とされています。
パソコンやスマートフォンの長時間使用による、目の疲れなども青グマをつくる原因です。
画面を凝視すると、血流が滞ってしまうのですね。

【対処法】

血流を良くするのが効果的です。
やさしくマッサージしたり、ホットパックなどで目のまわりを温めてもいいですね。
マッサージは刺激や摩擦を与えないようにするのがポイント。
強いマッサージは、色素沈着として残る可能性があるので、マッサージクリームなどを使って刺激を軽減させてくださいね。
目のまわりの皮膚というのは、とてもデリケートな部分なのです。

たっぷり睡眠時間をとり、生活習慣を見直してみるのも効果的でしょう。
ストレスを溜めず、穏やかな気持ちで過ごすことも大切です。
余裕があれば、適度な運動を取り入れたりして、全身か血の巡りを良くしましょう。

ダメージが色素沈着として残った「茶グマ」

image by iStockphoto

ダメージが色素沈着として残った「茶グマ」には、大きく2つのパターンに分けられます。
まず、外部からの刺激により表皮にできたもの。
紫外線のダメージや、目をこするクセ、乾燥によるかゆみ、化粧残りによるかぶれ、これらが原因になっていることもあります。
この茶グマができるのは、目の下だけではありません。
まぶたにできることも。
まぶたに色が気になったことはありませんか?これもメイクなどにより、積み重なった刺激による色素沈着によるものなのです。

外部からの刺激により表皮にできたもの以外にも、肌の奥深くにできる茶グマがあります。
メラニンが皮膚の奥に沈着している状態で、両頬・おでこ・小鼻・目の下などにあらわれやすく、青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑です。
このタイプのクマには、レーザー治療が有効とされています。

【対処法】

紫外線や目をこするクセなどの、外部からの刺激により表皮にできたものは、美白に特化した美容液などが有効です。
美白作用のある、ビタミンC誘導体などが配合されているものを積極的に選び、ケアをしていきましょう。
ハイドロキノン(皮膚科でもらう場合は濃度が高い)やレチノール(皮膚科でもらう場合はトレチノイン)も美白には有効ですが、これらは肌に刺激が強く、皮むけを起こしたりすることも珍しくないので、慎重に使う必要があります。
有効成分が高濃度に配合されている美容液から始めてみてもいいですね。

皮膚のくぼみやたるみなどによる「黒グマ」

image by iStockphoto

青グマや茶グマができてしまっている人は多いですが、皮膚のくぼみやたるみなどによる「黒グマ」ができている人もいます。
皮膚のくぼみやたるみなどにより、影が目立ってしまうことなどが原因です。
老化現象により、目のまわりの筋力がゆるみ、たるみやへこみが生じることから黒グマとなってしまう人もいます。
他にも、生まれつき目の下の脂肪が少なく、黒グマを生じやすい人もいます。

【対処法】

黒グマの場合はくぼみやたるみが原因なので、化粧品でカバーするのは難しいです。
皮膚のくぼんだ部分にヒアルロン酸を注入したりして、影ができるのを防ぐ方法が有効とされています。
ただ、青グマや茶グマと混合したタイプの人も多く、青グマと茶グマのそれぞれの対処法を組み合わせることで、少しは改善できる場合もあります。
血行不良や外部からの刺激により、くぼみやたるみが進行することも多いです。
Next:メイクで上手に目の下のクマを消すポイント
次のページを読む
1 2 3
Share:
konohana