恋愛

彼氏はこんなときに嫉妬する!実は嫉妬している瞬間6選

私の彼氏、嫉妬しないの…そう思っている女性もいます。何も嫉妬されないと、自分に魅力がないのかと思いますよね。嫉妬していないと言っている彼氏でも、実は嫉妬していることがあります。どんなときに嫉妬をしているのかを知りましょう。嫉妬していないなんて嘘なんです!理由を知って、理解しましょう。

彼氏はこんなときに嫉妬をしている

image by iStockphoto

彼氏が嫉妬をしている瞬間を6こみていきましょう。
何もないようにふるまっているつもりでも、心の底から嫉妬をしているんです。
こんな彼氏もかわいいと思えるかも?

1.他の男性を褒めているとき

男性は、とにかく女性から褒められることが大好きです。
特に、好きな女性に褒められることは、何とも思っていない女性から褒められるのよりもうれしいと感じます。
そして、彼氏である自分をたくさん褒めてほしいという気持ちがあるので、彼女が他の男を褒めるところに遭遇してしまうと、「なんで俺のことを言ってくれないだ」と嫉妬してしまいます。

そのため、恋人であるあなたが他の男性に「こんなこともできるなんてすごいね」などと言ってしまうと、心の中では嫉妬心がメラメラと湧いてきます。
「俺だってできるし!」と対抗心を燃やします。
男性の本能で備わっていることなのですが、好きな人のそばにいるために、他の男性より優れていないと、他の男に彼女をとられてしまうと思っています。
もし他の男性を褒めていないとしても、一緒にいるときの会話に、他の異性の話題が出てきてもいい気分にはなりません。

「この間こんなことがあって、あの人すごいよね」という何げない話も、できれば聞きたくないと思っています。
せっかく2人で話をしていても、そこに他の男性が入ってきたら、良い気はしません。
もしかしたらあいつのこと好きなのか?と勘違いしてしまうことも。

女性からしたら些細なことですが、芸能人の好きな人の話をしているときも、「俺がいるのになんだよ」と思っています。
彼氏の俺だけを見ていて欲しいと思っています。
ですので、他の男性の話を出す時は、できるだけ褒めないようにしましょう。
彼氏の様子をしっかりと見て、他の男性の話を出さないように心がけてみましょう。

2.他の男性と楽しそうにしていたとき

image by iStockphoto

女性の笑顔に男は弱い!それは、彼氏自身が惚れた部分でもあるので、他の男には見せて欲しくない部分です。
彼女の笑顔も大好きなので、彼女の笑顔は俺だけのものにしたいと思っています。
あまりに他の男の前で楽しそうにしていると、浮気していると思ってしまう人もいます。
他の男と楽しそうに笑っているところを見た時には、そこまで嫉妬するの?と思うくらい嫉妬しています。

彼氏が表には気にしないフリをしていても、心の中では大切な彼女が気になっています。
彼氏が独占欲が強いタイプであればあるほど、「他の男と話すな」「相手がおまえのこと好きになったらどうするんだ」と勝手に想像してしまいます。
相手が男だからこそ、どんなときに女性のことをかわいいと思うのかを知っています。
自信がなければないほど、彼女と一緒にいる男視点で物事を考えてしまいます。

こちらとしてはなんとも思っていないのですが、彼氏からしてみると、他の男と楽しそうにしている彼女が心配になっています。
本当は彼女に「何話してたの?」と素直に聞きたいところですが、男としてそんなことをしては恥ずかしいと思っていて、彼女に聞きたいのを我慢して、不機嫌になってしまいます。
大好きな彼女が他の男と一緒に楽しそうにしているのは、自分と比較してしまいます。

彼氏の思いを、きちんと感じ取ってあげてくださいね。

3.他の男が親しく接しているのをみたとき

image by iStockphoto

彼氏にとって彼女は「自分のもの」。
他の男には渡さないという気持ちが強いので、他の男が彼女に親しくするのは耐えられない行為なのです。
例えば、彼女の名前をあだ名や下の名前で呼んだり、彼女が他の男を親しそうに呼ぶのも嫉妬してしまいます。
友達として親しいだけだとしても、彼女との距離感が近い男と思ってしまいます。
特に彼女にベタベタ触ってくるような男は、彼氏として「触らないでくれ!」という心理が働きます。

彼女に親しくしたり、彼氏しかできないことをするのは、彼氏である自分だけと思っています。
他の男に親しくされたら、どうにか方法を考えて、彼女が他の男と接点を持たないように工夫をはじめます。
そこまでするのか…と思いますが、男の嫉妬のサインでもあるんです。

その男が自分の知らない人であればあるほど、気持ちが落ち着かない状態になります。
知っている男でも本当は嫌ですが、どういう人か、彼女をとるような人なのかなどを考えて対策をとることができます。
ですが、知らない男は、その人がどんな人なのか全くわからないので、不安が大きくなります。

嫉妬心が大きくなると、けなしてしまうこともありますが、普段人をけなさない人がけなし始めたら、彼氏は嫉妬している合図です。
あまりに度が過ぎれば「俺の彼女に何してんだよ!」と止めに入ります。
ですが、そんなことをしてしまうと男としてかっこ悪いと思って、見て見ぬふりをします。
ただひたすら、嫉妬をしながらどうにもできないので、彼女に当たってしまうこともあります。

4.他の男性とスキンシップをとっていたとき

image by iStockphoto

男性から勝手にスキンシップを取ってきたときは、男に対して怒りを覚えますが、彼女が自分から触れたとなると、「そんなに簡単に他の男に触れるのかよ!」と嫉妬してしまいます。
女性が他の男性を触っているといっても、好意を持っているから触っているというわけではありません。

笑いながら男性に触ったり、うでをたたいたり…。
そんな姿を見るだけでも、嫉妬の態度に表れてしまいます。
彼氏が最も嫉妬してしまったと瞬間は、「他の男性に、ゴミついてるよと言って髪の毛を触った瞬間」という意見があります。
髪の毛に触るなんてもう耐えられません。
逆の立場でも耐えられないですよね。

見ているだけで「もうしないでくれ」と思ったり、ゴミはそのままにしけば?なんてことを思ってしまったりします。
そんなことは女友達にしてくれ!と思っています。
男友達と肌が触れたりすることも、本当は嫌だ!と思っています。
自分の彼女だからこそ、他の男性に触って欲しくない素直な気持ち…。

男性が、ボディタッチに弱いと言われていますが、実際に、身体に触れられることで、相手の女性を意識して、好意を抱いてしまうことも多くあります。
だからこそ、彼女が他の男に触ることで、相手の男が彼女に手を出さないかネガティブなことを考えてしまいます。
彼女が、その男に気があったらどうしよう…と心配もしてします。
彼女のことを取られたくないので、嫉妬心が大きくなるのは自然なことです。
とにかくどんなことがあっても、彼女の肌に触れて欲しくないと思っているのが、彼氏の正直な気持ち。

「自分だけの彼女」という感情は、恋人であれば誰にでもある感情ですよね。
きっと女性もそう思っている方も多いですが、「恋人を独り占めしたい」「他の女と仲良くしないでほしい」と思うことがありますよね。
それと同じで、彼氏は「彼女は自分の恋人で、他の男には絶対に渡したくない」いう気持ちで嫉妬しています。

5.自分のことを構ってくれないとき

彼氏が嫉妬する瞬間は他の男性と関わっているときだけではありません。
たとえば、彼氏と一緒にいるときにスマホを触っていたり、仕事をしていたりなど…。
自分以外のことに夢中になっていると、今俺がそばにいるのに…と機嫌が悪くなってしまいます。
男性も女性も関係なく嫉妬してしまいます。

「かまってちゃん」とも言えますが、恋人と一緒にいるのであれば、自分のことだけを見ていて欲しいと思っているのはごくごく自然なこと。
彼氏があなたにとって特別な存在でありたいと思っている証拠!あなたが夢中になることには、自分も一緒にして、同じ時間を共有したいと思っています。
彼氏も素直に伝えられていないだけで、自分の気持ちをしっかりと持っていますので、一緒にいるときは、彼氏との時間を優先してあげてくださいね。

6.自分よりも彼女のことに詳しいとき

彼氏である以上、誰よりも彼女のことを知っていたいと思うのが男心。
ところが、職場が一緒の男性や、何かと接点がある男性、小さいころから知っている男性は、「自分よりも彼女の事を知っている」とヤキモチを妬いてしまいます。
小さいころから知っていることはどうしようもないのですが、自分よりも上にいる男性に対して嫉妬をします。

そんなときは、簡単に男性は機嫌を損ねてしまいます。
もし機嫌を損ねてしまったら、「あなたしか知らないこともたくさんあるんだよ」と声をかけて、具体的にどんなことなら他の人が知らないのかをしっかりと伝えましょう。
機嫌を損ねてしまったかっこ悪さから、すぐに機嫌は直りませんが、「俺しかし知らないことがあるんだ」と思って、心の中ではにやにやしています。

どんなことでも他の男性よりも上にいたいんです。
その気持ちをしっかり理解してあげないと、いつまでもへそを曲げた彼氏と一緒にいなければなりません。
そんな生活疲れてしまいます。
どんなことでもいいので、彼氏しか知らない自分をしっかりと伝えてあげるようにしてください。
それだけで彼氏は満足します。
次のページを読む
1 2
Share: