婚活恋愛結婚

婚活は高望みがおすすめな理由8選!後悔のない結婚をしよう

婚活が思ったように上手くいかず、「高望みしすぎなのかな…」なんてお悩みではないでしょうか。だからといって、結婚相手に望む条件を下げてしまうと、結婚してから後悔してしまうかもしれません。やっぱり、婚活は初志貫徹が大切です。今回の記事では、婚活に疲れて結婚を妥協してしまいそうなあなたに、「婚活は高望みがおすすめな理由」をご紹介いたします。

男の婚活も基本的に高望み!憧れがないと好きになれない

「石油王の妻になりたい」「人気アイドルと結婚したい」など、夢物語のような高望みでない限り、婚活はご自身にとっての理想を貫くことがおすすめです。
なぜなら、異性を好きになるのは憧れの要素が大きく影響するから。
つまり、憧れる部分がないとお相手に恋愛感情をもつことが難しいというわけなのです。

婚活が滞ると結婚したい気持ちが強くなりすぎて「よく考えたら彼のことはあまり好きじゃないかも」という女性も多いはず。
やっぱり結婚するなら、妥協してお相手を選んでしまうより、ご自身が心から好きと思える男性のほうが将来的に幸せになれると思います。

そもそも、男性だって基本的に婚活は高望み。
「若くて美人がいい」「スタイルの良い女性がいい」「共働きしてくれるひとがいい」と完全を求めて言いたい放題なのですから、女性だって「高望みだから婚活が上手くいかないのかもしれない」なんて心配する必要はないのです。

その1 あとで後悔するから

image by iStockphoto

頑張って婚活に励んでいても、そうそう理想どおりの男性は簡単に現れないものです。
しかし、やっぱり婚活は、ご自身が「私には高望みかも…」と思えるぐらいのひとを粘り強く探したほうが良いと思います。

それはなぜかというと、せっかくご縁があって結婚したのに旦那さんの愚痴を吐いているひとをたくさん見て来たから。
「稼ぎが悪い」「性格が合わない」というコメントを本当にたくさん耳にしてきました。
そして、パートナーに対して本気の愚痴を吐いているご夫婦は、往々にして仲良く見えないものです。

やっぱり家庭を持つなら、少しぐらい遅くなっても後悔しない結婚をしたほうがいい。
だからこそ、できるだけ婚活は高望みするべき。
初志貫徹こそが、自分を幸せにすることができるのです。

その2 夢は叶うかもしれないから

image by iStockphoto

「駐車場を経営しているお金持ちと結婚したい」と言って、本当にそのような男性と結婚したひとがいます。
かなりゲンキンなひとではありましたが、結婚して幸せをつかむのは得てしてこのような初志貫徹タイプの女性であるといえるでしょう。

ちなみに、私も婚活は高望み(自分にとっては)を続けたうちのひとり。
「大卒理系男子・次男・子どもが小さいうちは専業主婦OK・小姑ナシ」という条件で結婚相手を探していました。
その理由はというと、「数学がダメだから理系のDNAが欲しい・長男は自分には無理そう・お金稼ぎは不得意・女子力ナシ」であったから。

本当にいろいろな男性とお会いしました。
そして、偶然にもプロポーズしてくれたのが、ダメ女である私の高望み条件を全て持った夫だったのです。
婚活はお相手があってのことなので成果を得るのは難しいかもしれませんが、こんなケースもありますから高望みのままで行きましょう。

その3 何事も交渉次第

image by iStockphoto

結婚したら専業主婦になりたいと考えている女性もいますよね。
周囲から「高望みだよ」なんて言われているのではないでしょうか。
たしかに専業主婦希望の女性は、それだけで多くの男性から結婚することを敬遠されやすくあります。

だからといって、お金稼ぎが不得意なのに、結婚に焦るあまり共働き希望の男性と結婚してしまえば地獄のような結婚生活が待っているかもしれません。
家事も育児も仕事も全てこなすとなると本当に大変です。

私は夫に求婚されたとき、「自分には仕事と育児の両立は難しい。
収入は家計の補助的にしか頑張れないと思うけどそれでもいい?」と思い切って交渉してみました。
夫は「僕が頑張って養う」と回答してくれたのです。
このような男性もけっこう存在していますから、高望みと思われるような条件でも、とりあえず交渉してみることをおすすめします。

その4 結婚は適材適所だから

image by iStockphoto

前述の項と逆バージョンになりますが、何気に専業主夫となってくれる男性を探しているひともいるでしょう。
キャリアウーマンなら、やはり行けるところまで昇りつめてみたいと願うはず。
だからといって、結婚するとなると家事や育児に割く時間が必要不可欠となってしまいますよね。

現実的に、男性並みの年収、もしくはそれ以上に高収入の女性が家庭も仕事も両立させようとなるとかなり厳しいものです。
しかし、仕事を選ぶなら結婚を諦めなきゃ…なんて考える必要はありません。

やっぱり婚活は高望みが大事です。
まだまだ少なくあるでしょうが、家庭に入って女性をサポートしてもいいよと言ってくれる男性もきっといるはず。
高望みかな、と思っても結婚はまさに適材適所ですから、希望を失わずポジティブに励んでいくようにしましょうね。

その5 よその家庭と比べてしまうから

image by iStockphoto

婚活に励んではいるものの、独身期間が長引けば焦ってしまうものです。
とくに女性は出産適齢期があるため、「高望みせず、子育てに適した年齢のうちに…」と両親も早めに結婚することを促してくるでしょう。
しかし、だからといって慌ててしまうと、後になってよその家庭と比べてしまうことになるかもしれません。

いわゆる心残りです。
結婚に後悔しているわけではないけれど、「もう少し婚活を頑張るべきだったかな」と、よその家庭と自分の家庭をくらべてしまう女性をチラホラ見てきました。
結婚はお相手がいないと成立しませんから難しくもあるのですが、初志貫徹を諦めたために、その心を残してしまっているのです。

もしかすると場合によっては諦めなければならない理想も出てくるかもしれませんが、そのときはご自身がしっかり納得できてから結婚に踏み切ることをおすすめします。

その6 幸せは人それぞれ

image by iStockphoto

結婚に望む幸せは人それぞれ。
「あまり良いスペックは有していない」と自己評価の低い女性でも、異性は何に価値を求めているかわかりませんから、やはり高望みがおすすめなのであります。
私も一時的に専業主婦希望だったり、見た目が微妙だったりと婚活女性としてはあまり良い条件を持ってはいませんでした。

しかし、やっぱり私のような「自分のキャリアに協力してくれそうな女性」を強く望む男性も多くあるのです。
だからこそ「身長が高い」「料理ができない」「収入が微妙」なんて、一見、婚活にひるんでしまいそうな女性だって安心して高望みのままでOK。

背の高い女性が好きな男性もいますし、料理の腕や容姿にいたっては不問という神様みたいな男性も意外と存在しています。
どこに幸せを感じるかは本当に人それぞれですから、婚活は高望みで明るく頑張って行くようにしましょう。
次のページを読む
1 2
Share:
hayakyo