彼氏のこと恋の悩み恋愛

彼氏と毎日電話したい!頻度はどのぐらい?彼氏との連絡をとるときのポイント7つ

さっき会ったばかりなのに、すぐに声が聞きたくなった…!だからと言って、彼氏が重いと感じていないかな?嫌われないかな?と気にしている女性も多いのではないでしょうか。その通りなのです。あまりにも連絡頻度が多すぎたり、逆に少なすぎてもお互いに不満が溜まってしまいます。今回は、彼氏と連絡をとるときのポイントについてお話ししていきます。あなたたちカップルの価値観によっても変わってきます。記事を読んで少しでも、参考になれば嬉しいです。

まずは彼氏の価値観を知ろう

image by iStockphoto

あなたが「これじゃあ連絡しすぎかな…」と連絡を控えた途端に、「どうしてあんまり電話してくれないの?」なんて言われることがあります。
彼氏はあなた連絡頻度に納得していたから、逆に寂しく感じてしまうのです。

逆に控えているつもりでも、無視され続けたり「重い」と言われてしまうことも…。
連絡を取るポイントを知る前にまずは、彼氏がどのくらいの連絡を望んでいるのか価値観を知ることから始めていきましょう。

嫌われたくないからこそ、聞きにくいかもしれませんが良い関係を築いていくためにも思い切って話し合ってみてください。

「毎日電話したいんだけど、大変かな?」

「なかなか忙しくて返信できないけどごめんね」

「連絡取れるときに取るようにしたいな」

など、あなたが望んでいる連絡頻度を伝えておきましょう。
相手も自分の希望を話してくれるはずです。
どちらかだけの意見に偏りすぎないように、丁度良い連絡の取り方ができるようになるといいいですね。

彼氏と連絡をとるときのポイント7つ

image by iStockphoto

このぐらいの連絡頻度にしよう!と決めても、どうしても寂しさや嫉妬から必要以上に電話をしてしまうこともあります。
ですが、そんな行動を繰り返しているとあなたと話すこと、会うことすら億劫になってしまう可能性があります。
そうならないためにも、連絡をとるときのポイントを理解しておきましょう。

「連絡をとるときのポイント」

1.彼氏が忙しそうなときは電話を切る

2.連絡を忘れても怒らない

3.寂しいときは素直に連絡してみる

4.長時間の連絡は空いている時間で

5.自分のことばかり話さない

6.全く連絡しないのはダメ

7.応答がなくても我慢する

この7つをご紹介していきます。
彼女なのにどうして我慢しなきゃいけないの…。
と思うかもしれませんが、お互いにプライベートや自由な時間は必要です。
あなたの大切さに気付かせるためにも、我慢をしてみてはいかがでしょうか。

1.彼氏が忙しそうなときは電話を切る

何日の何時に電話するね、と毎回決めていないカップルも多いはずです。
「少し話したいことがあるな」「なんとなく電話したいな」という時に、電話をしてもOK。
だって彼氏ですからね。
むしろ電話をする日を毎回決めてしまうと、その時間に縛られてしまうのでおすすめしません。

「電話がくるのにどうしよう!」「電話しなきゃ怒られちゃう!」なんて、連絡をすることにストレスが溜まってきてしまうからです。
それでも、少し決めた方が良いであれば「何曜日できたらしようか」「今日何時に電話していい?」など、重く感じることがないような約束をしましょうね。

どちらにしても、電話したときに彼氏が忙しそうだったらすぐに切りましょう。
仕事が長引いたり、友達と遊んでいるときがあったり…。
彼氏にも都合があります。
「今忙しそうだから、またかけるね」と明かる切りましょう。

「私より友達を優先するの?」「電話切らないでよ!」「話をしっかり聞いてよ!」と忙しいときに行っても、聞ける状況じゃないし適当に返事をされて怒れるのはあなた自身ですよね。

相手の迷惑にならないような連絡の取り方をしてくださいね。

2.連絡を忘れても怒らない

image by iStockphoto

「毎日朝起きたら連絡するって言ったのに!」「友達といるときでも、心配だから毎回返事して!」なんて、彼を縛っていることはありませんか?最初に話したように、お互いが納得のいく連絡頻度で連絡方法などを決めたとしても、毎日同じようにできるわけではありません。

友達と遊んでいるのが楽しくて、忘れてしまうときもあります。
忙しくて疲れすぎて携帯すら触ることができないときもあります。
二人の約束ですが、あまりきっちり考えすぎないようにしましょう。

友達と遊んでいるのが、夜中までになったり異性がいる場合には少し心配ですよね。
その状況で連絡がこなくて不満がある場合は、「何かあったのかと心配だった」「ヤキモチを焼いてしまった」と伝えましょう。

彼氏を想っているからこそ、最低限の連絡はしてほしい!ということは彼女として言っていいことだと思います。

3.寂しいときは素直に連絡してみる

いくら彼の価値観を理解してあげよう!と思っていても、寂しいときは寂しいものです。
仕事や学校で辛いことがあって、どうしても声を聞きたいときや話を聞いて欲しいときだってありますよね。
そんな時は、素直に連絡してみましょう。

彼氏にとって、あなたは大切な女性です。
何か寂しそうな声や、辛そうなときは支えてあげたいと思っています。
それまで我慢してしまうと、頼られていないと感じてしまうことも。
あなた自身も、ずっと我慢が続いているとストレスが溜まって疲れてしまいます。

「忙しいのは分かっていたんだけど…」「どうしても辛くて声が聞きたくなった」と本当に寂しいときや辛いときには彼氏を頼って連絡してみましょう。
ときには甘えることも大切ですよね。

その寂しいときや辛いときはありすぎるのはNGですよ。
毎回のように「寂しい」「話を聞いてほしい」なんて重い話ばかりされていたら、電話に出たくないし返信もしたくなくなります。
甘える頻度を考えて、素直に気持ちを伝えるのも大切です。

4.長時間の電話は空いている時間で

デートする機会がなかなかなかったり、もっと話したいことがあるときありますよね。
大好きな彼氏との電話は、何時間しても苦ではありません。
ですが、彼氏はどうでしょうか?本当はやりたいことがあったり、一人で本を読んだりテレビを見たいかもしれません。

もちろん彼氏がOKしてくれるのであれば、長時間電話していてもいいですが毎日のように長電話するのはやめましょう。
電話が終わった頃には、夜中になっていたり出かけるギリギリの時間になっていたり…。
お互いのためになりませんね。

そうならないためにも、次の日がお休みの夜や休日の昼間など。
二人とも時間に余裕があるときに長電話はするようにしてください。
なかなか「切るね」と言えない彼氏だったら、時間を気にして焦っている可能性があります。

お互いに無理のない電話をするように心がけてください。

5.自分のことばかり話さない

電話だけでなくLINEやメールでも同じことがいえます。
「私ね、私ね」ばかりでは、だんだん聞いているのが疲れてきてしまいます。
男性側だって話したいことや伝えたいことは沢山あるのではないでしょうか。

毎回電話があなたの話題になっていないでしょうか?彼氏の話をしっかりと聞いて、応えたでしょうか?自分よがりの会話内容にならないように気を付けましょう。

LINEやメールでも、彼氏からの問いかけに「そうなんだ」だけで終わらせていませんか?彼氏が話を振ってきたり、疑問形だったらしっかりと答えてから自分の話にするといいと思いますよ。

口下手な彼氏だったり、うまく答えることができない彼氏の場合はとくにゆっくりと相手の話を聞いてあげましょう。
「もっと話してよ!」「つまらない」なんて絶対に言わないようにしてくださいね。

先ほどもいいましたが、「自分よがりの会話はNG」です!
次のページを読む
1 2
Share: