メイクメイクテクニック

奥二重が垢抜けるメイクポイント7選

奥二重だとアイメイクに悩むことが多いですよね。なるべく二重の幅は残したいのに、アイラインを引くことで二重幅が消えてしまったり。奥二重で化粧がキマらないと悩んでいる人もいるでしょう。そこで今回は、奥二重が垢抜けるメイクポイントをご紹介します。奥二重でも垢抜けるポイントをおさえて、より魅力的に変身しましょう。

奥二重はにじみやすい?

奥二重はにじみやすい?

image by iStockphoto

奥二重の人は、まぶたに厚みがあるためアイラインがにじみやすいです。
奥二重の人で、アイメイクがにじんだり取れてしまった経験がある人は多いでしょう。
アイシャドウなんかはとくににじみやすいので、ナチュラルな色を選ぶ人が多いですよね。
にじんでも違和感がないものといえば、ラメが強めのアイシャドウです。
ピンクやオレンジなどの淡い色でラメ感が強いアイシャドウを使うと失敗が少ないのでおすすめですよ。

奥二重はナチュラル感があるほうが好印象!

奥二重はナチュラル感があるほうが好印象!

image by iStockphoto

奥二重の本人は奥二重であることをコンプレックスに感じている人も多いようですが、実はモテる、ということをご存知でしょうか。
奥二重の女性は、綺麗さと可愛さのどちらも兼ね備えている人が多く、男ウケも良いです。
女優さんなんかにも奥二重の人は多いですよ。

そんな奥二重ですが、濃いメイクはあまり好まれません。
合わないメイクも多いため、ナチュラルメイクが一番無難でしょう。
濃いメイクのせいで、安っぽい印象になってしまったり、きつい印象になってしまいます。
何よりナチュラルメイクが似合う人が多いので、濃いメイクをするのはもったいないのです。
奥二重はナチュラル感があるほうが好印象なので、奥二重を活かすようなメイクを研究したほうがいいですね。

奥二重の人には、美人や可愛い人が多く、メイク映えもします。
クールなメイクもフェミニンなメイクも似合うので、いろんなメイクを楽しめるのは奥二重の人の特権でしょう。
奥二重の人におすすめのメイクは、奥二重を潰さないメイクをすることです。
アイラインは目尻のみに引いたり、アイライナーは細めのタイプのものを使うといいですよ。
まつ毛の際を埋めるだけでも、印象的な目元になります。

奥二重が相手に与えるイメージ

奥二重が相手に与えるイメージ

image by iStockphoto

奥二重は相手からどのようなイメージを持たれやすいのかも気になりますよね。
奥二重が相手に与えるイメージの中でも代表的なものを見ていきましょう。

〈優しい〉

奥二重の人は、威圧感を与えないので優しいイメージを持たれることが多いです。
たれ目気味な人が多いのも、優しそうに見られる要因のひとつでしょう。
綺麗で優しそうに見えるとなれば、自然とまわりに人が寄ってきますよね。
モテるのもわかります。
親しみやすく、話しかけやすい印象を持たれやすいのが奥二重なのです。
目尻に笑いじわができやすいのもチャームポイントでしょう。
笑ったときにでる笑いじわは、幸せそうな雰囲気もあります。
奥二重の人は笑っているほうが何倍も魅力的なので、日頃から笑顔を意識してくださいね。

〈かしこそう〉

知的なイメージを持たれやすい奥二重さんは、尊敬されることも多いでしょう。
黙っているだけで知的に見られるのはお得ですよね。
知性を感じられる女性でいられるためにも、メイクはナチュラルにすることをおすすめします。
奥二重の人の魅力に、表情が豊かということも挙げられます。
メイクで変わりやすく笑ったときのギャップが大きかったりするので、表情豊かに見えるのかもしれませんね。
表情豊かな人は、男女問わず人気があります。

〈品がある〉

奥二重はなんといっても日本人っぽくナチュラル感があります。
二重幅が広すぎると、「ハーフかな?」「整形かな?」と勘ぐられてしまうこともありますが、奥二重の人はナチュラル感があるため勘ぐる必要がありません。
そのナチュラル感は、品の良さにもつながります。
ありのままの美しさを生かしているイメージがあり、知性を感じられることから「品がある」と思われることも多いです。

〈ミステリアス〉

優しそうで知性を感じられて品がある奥二重の女性。
しかしどこかミステリアスな雰囲気があるのも魅力です。
無表情のままでいると、何を考えているのかわからないと言われてしまう人も多いかもしれませんね。
笑うと一気にミステリアスな雰囲気が壊されたりするので、接する人はドキドキしてしまうことでしょう。
人はミステリアスな人に惹かれてしまうものなので、これは武器にするべきです。

奥二重が垢抜けるメイクポイント7選

奥二重が垢抜けるメイクポイント7選

image by iStockphoto

奥二重のイメージなどについてお伝えしました。
ここからは、アイメイクを中心に、奥二重が垢抜けるメイクポイントをご紹介します。
引き算をしながら、奥二重の魅力を引き出すようなメイクをしましょう。

#1 あえてアイラインを引かない

#1 あえてアイラインを引かない

image by iStockphoto

最近は「抜け感メイク」もトレンドのひとつですよね。
がっつりアイラインを引くのは少し古臭く感じている人も多いようです。
そこでおすすめしたいのげ、あえてアイラインを引かない、ということ。
奥二重の人は、アイラインをなくすことで、もともとある二重幅が強調されるという嬉しい効果もあります。

アイラインを引かない分、まつげにボリュームを出してもいいでしょう。
ナチュラルに仕上げるなら、マツエクがおすすめです。
ヌーディーにしたいなら、中心部分だけにマスカラを塗ります。
中心部分だけにマスカラを塗ると、黒目が強調されて印象的な目元になりますよ。
アイラインはせずに、目尻部分をブラウンシャドウで埋めてみてもいいですね。
タレ目が強調されて、愛嬌のあるお顔になりますよ。
目尻部分を埋めるのは、とくにテクニックがいるわけでもないので、初心者の人にもオススメです。
少し濃いめにアイシャドウをのせて、指でぼかしましょう。

#2 まつげの隙間と粘膜部分を埋める

#2 まつげの隙間と粘膜部分を埋める

image by iStockphoto

目力をプラスしたいのなら、まつげの隙間と粘膜部分を埋めてあげましょう。
目を開けた時にまつげの生え際が見えるので、その部分と粘膜部分をアイライナーで埋めてあげます。
ブラックのアイライナーを使うと目力がアップしやすいです。
これだけでも洗練されたイメージになりますよ。

まつげの隙間と粘膜部分を埋めたら、アイホール全体に淡い色でラメ感の強いアイシャドウを塗りましょう。
あとはお好みでグラデーションをつくります。
上まぶたに使うアイシャドウの色は、二重幅が隠れないような明るめのものがおすすめです。
濃い色のアイシャドウを塗ってしまうと、二重の幅が縮まり目が小さく見えてしまいます。

#3 下まつげにはしっかりマスカラを塗る

#3 下まつげにはしっかりマスカラを塗る

image by iStockphoto

上まぶたのメイクをせずに、下まぶただけしっかりメイクしてあげるのも一つの手です。
下まぶたを強調するためにも、下まつげにはしっかりマスカラを塗りましょう。
下まぶたを塗るときには、だまにならないように注意してくださいね。
慣れていない人は難しく感じるかもしれませんが、慣れると簡単です。
マスカラを縦に使かうと塗りやすいですよ。
下まつげが少ない人は、下まつげ用のつけまつげを使用するのもありです。
5㎜ほどにカットされた下まつげ用のつけまつげを、4〜5箇所につけてあげます。
次のページを読む
1 2
konohana