ギフト・プレゼント

気が利く!と感心される彼女へのおすすめお見舞いプレゼント50選

「大切な彼女が病気で入院!」心配ですよね。できれば何かしてあげたいと思うもの。そんなときは、彼女を元気づけてあげられるように手土産を持ってお見舞いに行ってみてはいかがでしょうか。病気で落ち込んでいた気持ちもきっとまぎれますよ。そこで、お見舞いのプレゼントマナーとともにおすすめのプレゼントをご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

お見舞いのプレゼントのマナーをチェック!

image by iStockphoto

お見舞いのプレゼントには、さまざまなマナーがあります。
これを知らないと、相手だけではなく周囲の方にも嫌な思いをさせてしまうかも。
まずはマナーに関する情報をしっかりチェックしておきましょう。

病状を確認してからお見舞いに

彼女から入院を知らされたら、病状を確認してからお見舞いに行くようにしましょう。
また面会をしても大丈夫か、本人の意向を確認することも忘れずに。
ひょっとしたら「入院中は顔を見られたくない」という方もいるかもしれません。

こんなプレゼントはNG!

お見舞いのプレゼントには、避けたほうが良いものがあります。
以下に代表的なものをご紹介しましょう。

・鉢植え

根がついている鉢植えは「寝付く」に通じるといわれ、あまり縁起が良くありません。
本人の要望が無い限りは避けた方が無難です。

・花

花を贈る場合、あじさいは「色があせる」、シクラメンは「死苦」、菊・白い花は「弔事」を連想させるので、避けたほうが良いとされています。

またそれ以外の花を贈る場合でも、生花はアレルギーや感染症予防の観点から病院側で禁止されていることも。

花を贈る場合は、生花よりもプリザーブドフラワーなどがいいかもしれません。

・パジャマ

パジャマは入院中に役立つアイテムなので喜ぶ方もいますが、「寝付く」につながることから嫌がる方も。
マナーやジンクスなどを気にする方には贈らない方がいいかもしれません。

・食べ物

食事制限のある方には、食べ物を贈らないよう注意しましょう。

こんなプレゼントがおすすめ

入院中のプレゼントは、入院生活に役立つものが一番喜ばれます。
入院中に使えるグッズの中から、ちょっとイイものを贈るときっと重宝してもらえますよ。

また入院中はふさぎ込んでしまったりすることもあります。
心を和ませてくれるようなアイテムもおすすめです。
入院をしていても症状が軽い場合には、暇を持て余してしまうことも。
彼女の好きそうな本や、好きなアーティストのCDなどを贈ると喜んでもらえそうですね。

#1 お見舞いの定番「お花」

image by iStockphoto

お花は、見ているだけで心を和ませてくれます。
入院中の沈んだ気持ちもいやしてくれるのではないでしょうか。
先ほどもお伝えしたように、生花は、病院で禁止されていることもあるので要注意。
禁止されていないとしても、特に彼女が大部屋の場合は避けた方がいいかもしれません。
お花の香りが苦手な方もいますし、中には花粉症などアレルギーの方も。

生花ではないお花を贈ったほうが無難です。

#1 退院してからも楽しめる「プリザーブドフラワー」

プリザーブドフラワーは、一見生花のように見えますが、生花を特殊な液体で加工しているのでいつまでも枯れずに楽しめます。
もちろん花粉やにおいの心配もいりません。
お水を替える手間も省けますし、入院中にはうってつけです。
かわいくアレンジされているものを選ぶと、退院後もインテリアとして活躍しそうですね。



#2 実用的な「フラワークロック」

置時計にプリザーブドフラワーが飾られたアイテムです。
時間を確認する度に華やかなお花を見ることができて気持ちが明るくなりますね。
お花の品質にこだわり発色の良いプリザーブドフラワーが使われています。
時計はリズム時計社のもので、静かに音を刻んでくれますよ。

#3 自然な色合い「ドライフラワー」

ウッドボックスに入ったドライフラワーです。
蓋を開けるとナチュラルカラーのドライフラワーがぎっしり詰まってます。
ドライフラワーは、生花のようにお手入れをしなくても大丈夫。
そのまま飾ってもらえるお花です。
花粉や匂いも少なく安心して渡すことができます。

#4 愛込めて贈りたい「バスフラワー」

ハートの形をしたボックスに入浴剤になったバラの花が入っています。
ピンクや赤のバラの花は、まるで本物のようです。
湯船に浮かべると花びらが浮かんでいるように見えてフラワーバスが楽しめますよ。
退院したらゆっくり疲れを癒してもらいたいですね。

#5 開けてびっくり!「花の宝石箱」

シンプルな黒の箱を開けると、中には色鮮やかなお花が入っています。
コンパクトなサイズで好きな場所に飾ることができますよ。
彼女の好きな色を選んであげて元気づけましょう。
お花と一緒にお菓子をセットすることもできます。
甘いものが好きな彼女に喜んでもらえますね。

#6 上品な色が素敵「アレンジメント」

大人の女性をイメージしたアレンジメントです。
お見舞いに向いている季節の花を選んでアレンジしてもらえます。
病室でそのまま飾ることができ、定期的にお水を与えることで長く楽しめますよ。
毎日変化するお花を見る楽しみが増えそうですね。

#7 手軽に渡せる「そのまま飾れる花束」

病室に花瓶が無くても飾ることができる花束です。
スタンディングブーケと言ってラッピングしたまま自立する花束ですよ。
ラッピングは二重構造になっており、水漏れの心配が無く安心して飾れます。
エコゼリーがある限りお水の心配がないのも嬉しいですね。

#8 豪華なお花なら「7色かすみそう」

珍しいお花をお探しなら、7色に色取られたかすみそうはいかがでしょうか。
通常は白色のかすみそうですが、特殊な方法で色付けされています。
殺風景な病室も7色のかすみそうがあれば華やかになりますね。
少し元気のない彼女も笑顔になってくれるでしょう。

#9 眺めているといやされそう「ハーバリウム」

ハーバリウムとは、容器の中を特殊な液体で満たし、その中に植物を閉じ込めたもの。
インテリアとして人気です。
かわいくていやされるデザインのものが多いので、お見舞いのプレゼントにおすすめ。
たくさんの種類があるので、これがきっかけでコレクションしたくなっちゃうかも。



#2 食事制限がない彼女に「スイーツ」

image by iStockphoto

けがが原因での入院など、比較的元気で食事制限もない場合は、彼女の好きなスイーツを贈りましょう。
病院の食事は味気ないことが多く、「もっとおいしいものが食べたいな」と思うことが多いもの。
かわいくてフォトジェニックなスイーツを贈ったら、きっと元気になるのでは?

#10 味も見た目も楽しめる「チョコレート」 

高級ブランドや有名店のチョコレートは高いものが多く、普段なかなか口にすることはできません。
そこでお見舞いに特別なチョコレートをプレゼントしたら、喜んでもらえるのではないでしょうか。
味だけではなく見た目にもこだわった、ワクワクするようなチョコレートを贈ってくださいね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
rinoyuzu