ギフト・プレゼント

一輪でも美しい!ちょっとした贈り物におすすめのお花のプレゼント15選+気をつけたいこと3選

「お花」のプレゼントはどんな人にも喜んでもらえる定番アイテムです。しかし少し大げさになったり華やかになるので、ちょっとしたプレゼントにしたいときには向かないかもしれません。そんな時には「一輪のお花」を贈りましょう。ささやかな華やかさとかわいさが同居した素敵な贈り物になりますよ。プチギフトに精通しているDear編集部がチョイスしたアイテムをご紹介いたします!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

「一輪花」を贈ろう

image by iStockphoto

ちょっとしたプレゼントにぴったりの「一輪花」。
その名の通り、一輪のお花をラッピングしてプレゼントする形式のことを言います。
卒業式や卒園式などで先生や保護者にお渡ししたり、お子さまの発表会のときなどによくみられますね。
昨今では誕生日やプロポーズなどのサブプレゼントとしてさりげなく送ることもあるようです。
大げさになりすぎず、コンパクトにプレゼントできることから人気があります。
一輪でも美しいお花を贈ってみましょう。

おすすめの「一輪花」

「一輪の花を贈る」としたらあなたはどんなお花を選びますか。
一輪でも華やかに見えるお花の代表としては「バラ」が一番人気です。
単体でも華やかに見えるフォルムですし、やはり定番のお花ならわかりやすくプレゼントとしても良く映えます。
母の日の「カーネーション」も一輪でも喜んでもらえますし、お花の大きな「ガーベラ」も人気です。
卒業式など春先に贈るのであれば「チューリップ」も季節感と存在感があっておすすめですよ。

本数で決まる「バラ」のギフト

「バラ」の花は、プレゼントをするときに込められている意味が他の花に比べて多いです。
その特徴のひとつとして、「本数」によって意味が変わることがあげられます。
一輪のバラに込められている意味は「一目惚れ」「私にはあなたしかいません」といった情熱的なもの。
プロポーズなどには「108本」や「99本」などの花束が人気ですが、率直で純粋なイメージを伝えたいのであれば「一輪花のバラ」の方が素敵かもしれませんね。

花言葉も大切に

花を贈る時にさりげなく「メッセージ」を込められるのが「花言葉」。
ロマンチックなイメージがあり、プレゼントを贈る時の演出にはもってこいです。
しかし、気をつけなければとんでもない誤解を生んだり相手を不快な気持ちにさせてしまうこともあるので気をつけましょう。

例えば「バラ」の花は「情熱」や「愛情」を意味しますが、「黄色のバラ」になると「嫉妬」などの意味になります。
「チューリップ」も全般的には「思いやり」という花言葉を持ちますが、「赤」は「愛の告白」で「紫」は「不滅の愛」など異なる言葉が当てられていますよ。
色によって変化する花言葉は大変興味深いですが、誤解がないように選ばなければなりませんね。

「お花」のプレゼントを選ぶときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

「お花」のプレゼントを選ぶときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか。
注意してほしいポイントをまとめましたので、実際に商品を購入される際の参考にしてくださいね。

生花を贈る際は管理に注意

お花は大きく分けて二つのタイプに分けられます。
お花そのものを贈る「生花」と人工的に作られたお花である「造花」です。
最近では「プリザーブドフラワー」をはじめとする枯れないお花への人気が高まっていますが、定番としては「生花」を贈ることも少なくありません。
贈る時には枯れないようきちんと花屋さんに処理をしてもらったり、管理ができる相手にお渡しするようにしましょう。
忙しくてお世話が難しそうな方には造花タイプの方がありがたいかも知れませんね。

贈るシーンや目的に合っているか

花一輪を贈るのはロマンチックに見える反面、「質素に見える」「安っぽく見える」という印象を受けるときもあります。
発表会や卒業式のプチギフトとしては確かに魅力的かもしれませんが、大々的なプロポーズや大きな花束を渡したほうが良い場合などには向きません。
あくまで「プチギフト」や「ちょっとした贈り物」という位置づけであることを念頭に贈るようにしましょう。
シーンに合わせたプレゼント選びは非常に重要なポイントです。

程よい価格設定を

プレゼントの予算設定は大切です。
相手との間柄やタイミングを選んで金額を決めるようにしましょう。
ちょっとしたプレゼントなのに純金でできた一輪の花を贈ったり、意図もなくアクセサリーとのセットを異性に贈るのはおススメしません。
価格帯の高いものは特別な相手や場面で贈るのは問題ありませんが、頻回に贈ったり気軽な贈り物に選んでしまうのはNG。
相手も気を使いますし、お返しを考えるときにも悩みの種になってしまいます。
程よい値段のアイテムを探してみてください。

その1 【3,000円以内】優しく香るバスタイムのフラワーギフト

image by iStockphoto

ほのかに香る石鹸の香りも楽しめる「ソープフラワー」や「入浴剤」。
飾っても使っても楽しめるプレゼントを贈ってみませんか。

#1 誕生日プレゼントにも「フラワー ソープ 石鹸 バラ」

ソープフラワー GTidea 造花 フラワー ソープ 花 石鹸 バラ(全7色) お返し 誕生日 母 の日 ギフト ホワイトデー 結婚記念日 転居

photo license by Amazon.co.jp

自然界に生まれることはない奇跡の人工花である「レインボーローズ」。
花言葉は「奇跡」や「無限の可能性」を意味します。
そんなお花を石けん素材で作った「ソープフラワー」です。
虹色の鮮やかな花を高級感のあるブラックボックスに入れました。
ご友人へのちょっとした誕生日プレゼントなどにもぴったりですね。
石鹸としての機能はあまりありませんがほのかな香りを放つインテリアとしてお楽しみいただけます。
IMAGE

ソープフラワー GTidea 造花 フラワー ソープ 花 石鹸 バラ(全7色) お返し 誕生日 母 の日 ギフト ホワイトデー 結婚記念日 転居

Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-04-30Amazonで詳しく見る
次のページを読む
1 2 3 4
Share: