ギフト・プレゼント内祝い出産内祝い

両親に贈る出産内祝い100選!絶対喜ばれるお返しの選び方のポイントとともに紹介

「内祝い」とは身内のお祝いごとのこと。昔は赤ちゃんのお披露目やご馳走をふるまうお祝いを「出産内祝い」と呼んでいたようですが、今は出産祝いのお返しという意味で使われています。高額なお祝いをいただくことも多いご両親への内祝い、何を選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、特別感・高級感のあるものから、身内だからこそ喜ばれるようなアイテムを厳選しました。 きっとご両親が喜ぶようなアイテムが見つかりますよ。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

内祝いってそもそも何?両親にも贈るものなの?

内祝いってそもそも何?両親にも贈るものなの?

image by iStockphoto

「内祝い」とは身内のお祝いごとのこと。
昔は赤ちゃんのお披露目やごちそうをふるまうお祝いを「出産内祝い」と呼んでいたようです。
今は出産祝いのお返しという意味で使われています。

ご両親にも内祝いを贈るべきなのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
基本的に、出産祝いをいただいたら内祝いを贈るのがマナーです。
しかし、中には「お返しはいらないよ!」というご両親もいるかと思います。
その場合は赤ちゃんが誕生した記念になるようなアイテムを贈るのもいいでしょうね。

いつ贈ればいいの?すぐに贈らなくても大丈夫?

内祝いを贈るタイミングは、お祝いをいただいてから1ヶ月前後。
出産してすぐにいただいた方には産後1ヶ月の忙しいタイミングに贈ることになるので、なるべく出産前から早めに準備をしておくのがオススメです。
日にちが経ってからお祝いをくださった方にも、受け取ってから1ヶ月以内を目安に内祝いを贈りましょう。

ご両親への内祝い【相場】はいくら?

内祝いの予算はいただいたお祝いの半額、いわゆる「半返し」が一般的です。
しかし、ご両親からいただくお祝いは高額なことも多いため、3分の1程度でも良いとされています。
金額だけにこだわらず、感謝の気持ちを大切にしましょう。

出産内祝いは【内熨斗(のし)】?気になる熨斗紙のマナーとは

お店などで内祝いを購入した場合、「内熨斗にするか外熨斗にするか」と聞かれるかもしれません。
内祝いの熨斗は、贈り物に直接熨斗をかけ上から包装紙で包む「内熨斗」が一般的です。
そして、内祝いの熨斗には出産祝いをいただいた方へ赤ちゃんの名前をお披露目するという意味も込めて「赤ちゃんの名前」を書きましょう。
難しい漢字や複数の読み方がある名前もあるので、ふりがなをつけると安心です。

水引は何度も結び直すことができる「蝶結び」を選びましょう。
色は贈り物の金額にもよりますが、紅白か赤金のものがよいですね。

なにを基準に選ぶの?どんなものが人気なの?

贈る相手に合わせて喜ばれそうなものを想像してみてください。
特別な日のお祝いなので高級感や特別感があるもの、家族構成や生活習慣に合わせたもの、ご両親への内祝いなら赤ちゃんの誕生の記念になるようなものもいいですね。
いただいた金額はもちろん、ご両親の好みに合わせた贈り物を選んでみてください。

直接渡した方がいいの?

もちろん直接会える場合は手渡しをすることをオススメしますが、遠方に住んでいる場合や産後の経過などで直接渡すことが難しい場合は郵送でも失礼にはなりません。
しかし、どちらの場合も相手の都合のいい日程を事前に確認しておきましょう。

メッセージも添えて贈ろう

内祝いの品に加えてメッセージも一緒に添えると、さらに感謝の気持ちが伝わりますね。
メッセージには【出産祝いへの感謝の気持ち】【出産報告や赤ちゃんの名前や性別などの紹介】【現状】を書くことが一般的です。
遠方のご両親には赤ちゃんの写真入りのメッセージカードも喜ばれることでしょう。

#1 世界に一つだけの「メモリアルギフト」

世界に一つだけの「メモリアルギフト」

image by iStockphoto

赤ちゃんの名前や写真が入ったメモリアルアイテムは、ご両親にこそ贈りたい内祝いのアイテムです。
特に「内祝いはいらないよ」というご両親にも感謝の気持ちを込めて、内祝いの代わりに是非贈りましょう。
また、遠方に住んでいてなかなか会えないご両親はいつでも赤ちゃんの存在が感じられるアイテムは喜ばれること間違いありません。

#1 キュートな赤ちゃんの写真を飾る「フォトフレーム」

メモリアルギフトの大定番「フォトフレーム」ご両親にとって赤ちゃんの顔をいつでも見ることのできるフォトフレームはとても嬉しいプレゼントです。

こちらは置き掛け両用タイプなので、場所やインテリアも選びません。
複数枚の写真を飾れるので何枚かお気に入りの写真をチョイスしてもいいですし、名前やメッセージを入れることも可能です。

#2 12か月の成長を飾ろう「マンスリーフォトフレーム」

「マンスリーフォトフレーム」とは、生まれてから1歳になるまでの12ヶ月間の写真を飾ることができるフォトフレーム。
12個のフレームがついているので、1ヶ月ごとの成長が一目で感じられるフレームです。

赤ちゃんの成長はあっという間なので、月齢によって顔つきや体の大きさが全然変わってきます。
どの瞬間も見逃したくない愛おしい成長を一緒に収めていきたいですね。

#3 写真と共に出生時記録も「手形足形フォトフレーム」

赤ちゃんの写真だけではなく、手足の型も一緒に飾ることのできる「手形足形フォトフレーム」。
生まれたばかりの愛おしい小さな手足は見ているだけで笑みがこぼれてしまいますね。

手足の型の他にも赤ちゃんの名前や出生時の体重も飾ることができるので、生まれたときの瑞々しい喜びがいつまでも感じられることでしょう。

#4 赤ちゃんの成長を1冊に「フォトアルバム」

愛おしい赤ちゃんの姿はついつい写真を撮る手が止まらなくなりますよね。
1枚に厳選するのなんて難しすぎる!たくさんの姿を見て欲しい!という方にはフォトアルバムがオススメです。

さまざまな瞬間の愛おしい姿にご両親もメロメロになることでしょう。

#5 オシャレに飾ろう「キャンバスパネル」

絵画に使用するキャンバスに写真をプリントした「キャンバスパネル」はインテリアが好きなご両親にピッタリ。
写真とは違う質感で楽しめるので、お部屋の雰囲気もグッとオシャレになりますよ。

壁にかけても床に立てかけても良し。
サイズもいろいろ選べます。

#6 いろいろな表情が楽しめる「デジタルフォトフレーム」

場所をとらず、赤ちゃんのいろいろな表情を楽しむことができる「デジタルフォトフレーム」これなら写真を選んだりプリントしたりする手間がないので、気軽に写真をシェアできますね。

定期的に新しい写真を追加してあげると、何度でも新鮮な気持ちで楽しむことができます。

#7 どんなお部屋でもオシャレに飾れる「フォトキューブ」

思い出の写真を立体のアクリルキューブに映し出した「フォトキューブ」は、今までにない透明感溢れるメモリアルギフトです。
透明度が高いアクリルは光が当たるとキラキラ輝き、まるで宝石のよう。

どんなお部屋でも置くだけで素敵な空間になること間違いなしです。
次のページを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10