ギフト・プレゼント

【同僚・上司・寿退社】お世話になった方への退職祝い100選を選び方のポイントとともに紹介

仕事で何かとお世話になった方がご退職となると、これまでの感謝の気持ちとして何かプレゼントを贈りたくなるもの。でも「どんなものをプレゼントしたらいいの?」「プレゼントを贈る時のマナーがわからない・・・」と悩んでしまっていませんか?そんな時に役に立つ、退職プレゼント選びのマナーとオススメしたいプレゼントをご紹介します!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

退職のプレゼントを選ぶポイント

image by iStockphoto

退職のプレゼントを選ぶ時には、まず「退職の理由」に注目してみましょう。

「定年退職」であれば、退職後の時間に楽しめるようなものがよいですし、「転職」の場合は次の職場で使えそうな実用的なものを選ぶのがよいでしょう。
また「寿退職」の場合はご夫婦で楽しめそうなアイテムを選ぶとよいですね。

もちろん贈る相手の好みや今欲しがっているものがあれば、そうしたプレゼントにするのが一番。
ぜひ喜んでもらえるプレゼンをを選びたいですね!

退職祝いのプレゼントの相場はいくら?

image by iStockphoto

次に気になるのが、退職祝いのプレゼントの予算ですよね。

予算は贈る相手との関係性や年代によっても変わってきます。
プレゼントを準備する前に、前もって確認しておきましょう!

同僚・同期に退職のプレゼントを贈る場合の予算

同僚・同期の退職祝いの予算の相場は以下のようになっています。

20代~30代 3000円~5000円

40代以上 5000円~10000円

20代から30代の場合は相手にお返しの気苦労をかけない範囲で、40代以上の場合は長年の感謝の気持ちを込めて5000円以上にしたほうがよいでしょう。

上司・先輩に退職のプレゼントを贈る場合の予算

上司・先輩に退職祝いを贈る場合は、お世話になったこともありますし、同僚・同期の場合よりは少し高めになることが多いようです。

20代~30代 4000円~5000円

40代以上 5000円~10000円

もちろん感謝の気持ちはお金に換えられるものではありませんが、お世話になった気持ちを込めて少し上乗せする、ぐらいの気持ちで選んだほうがよいでしょう。

寿退社する方に退職のプレゼントを贈る場合の予算

寿退職の場合には5000円程度と言われています。

これは同僚が結婚式に出席した場合の引き出物の予算を参考にしたもので、引き出物と引菓子を足した予算が5000円といわれているからです。

必ずチェック!退職のプレゼントを贈るときのタブー

image by iStockphoto

退職祝いのプレゼントに適さないとされるプレゼントは、意外に多いもの。
お相手に失礼にならないように、ぜひプレゼントを購入する前に、チェックしておきましょう!

退職のプレゼントで避けるべきアイテム

退職の際にプレゼントを贈る場合は、語呂の関係から以下のようなアイテムは避けたほうがいいとされています。

「くし」はく=苦、し=死を連想させるため、縁起が悪いとして避けたほうがよいでしょう。
歯が欠ける可能性もあるため、プレゼントとしては適していないようです。

「ハンカチ」も実はNGアイテムのひとつ。
ハンカチは感じで「手巾」と書き、「てぎれ」という読み方から「縁切れ」に結びつくといわれており、ふさわしくありません。

また「日本茶」は法事で使われることが多いため、「靴下」や「スリッパ」は「踏みつけて」使うため、贈り物としてはあまり適していないといわれています。
次のページを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
Share: