ギフト・プレゼント

食べて美しく健康に!グラノーラのおすすめギフト15選

朝食からオヤツまで、グラノーラは手軽に食べられる人気の食品です。穀物にナッツなど数種類の食品が混ざっているので食感の違いが楽しめ、毎日の食卓に欠かせないという家庭も。また、栄養価の高さや食物繊維の豊富さから健康、美容の効果も期待できると注目されています。美味しく食べられて体にも良いグラノーラをギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか?とっておきの15選をご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

日常的に食べるグラノーラをギフトとして贈る理由

image by iStockphoto

グラノーラがすでに毎日の食卓にあるという人も多い中、なぜギフトとしてグラノーラを贈るのか?

その理由はグラノーラには食べるだけではない、多くの魅力があるからです。
また、種類が豊富なためすでにグラノーラを食べている人に対しても新しい発見をしてもらえる可能性も。
グラノーラの魅力を改めて見てみましょう。

グラノーラは栄養たっぷり!

グラノーラは穀物である麦や米と一緒にナッツやドライフルーツなど、様々な食材が使われています。
同じシリアルの仲間であるコーンフレークやオートミールとは違い、一度でたくさんの栄養を取り入れられるのが魅力です。

グラノーラに含まれる主な栄養素としては食物繊維やビタミン類、不飽和脂肪酸が挙げられます。
さらに牛乳やヨーグルトと一緒に食べることにより、栄養価はさらにアップ!噛みごたえもあるので少ない量で満足感を得ることができるのが嬉しいですね。

そのため、グラノーラはダイエット中の人や便秘の人にぜひおすすめしたい食品です。

食べるだけでなく、飾っても映えるグラノーラ

食べることがメインのグラノーラですが、保存がきく食品のため家に常備することも。
その時には戸棚の中にしまい込むのではなく、中身の見えるビンに入れて飾るとおしゃれなインテリアとして役立ちます。

グラノーラの基本カラーは茶色ですが、ドライフルーツのカラフルな色やココナッツの白が入っているものを選べば飾って楽しいアイテムに大変身。
目に見えるところに置くことでうっかり賞味期限がすぎてしまうという失敗も防げます。

グラノーラを贈る時に注意しておきたいこと

image by iStockphoto

グラノーラは種類がたくさんあり、中に入っている食材やフレーバーもそれぞれ違います。
いざギフトとして贈ろうと考えても、どれを選べばいいか分からなくなってしまいがち。
そんな時には相手の食べられないもの、苦手なものをあらかじめ知っておくと迷いなく選ぶことができますよ。

贈る相手にアレルギーや苦手な食べ物はない?

グラノーラは直接、口に入れる食べ物なのでアレルギーの危険性を考えておく必要があります。
特に色々な食材が混ざり合っているグラノーラはチェックするのが難しい場合も。
アレルギーは命に関わることなので、贈る前に確認しておくことをおすすめします。

また、相手の苦手なものを一緒に聞いておくとよりグッド。
甘いのが苦手、ナッツよりフルーツが好きなど事前に確認しておけば相手の喜ぶプレゼントを用意することができます。

その1 体に気を使っている人には無添加のグラノーラ

image by iStockphoto

栄養豊富なグラノーラですが、穀物やナッツに砂糖などのシロップと植物油を混ぜて焼くためハイカロリーな一面も。
またドライフルーツなどの加工食品には添加物として酸化防止剤や保存料が使われている場合があります。
妊娠中の人や小さなお子さんがいる家庭では人一倍、気を使っているかもしれません。

そういった健康が気になる人にプレゼントする場合は、体に優しい無添加のグラノーラがおすすめです。

#1 こだわりの詰まった「アンジェリーナの無添加グラノーラ」

添加物の入っていない、安心なお菓子作りをポリシーとするパティシエによる贅沢なグラノーラ。
原材料含めてオイルフリーのため、カロリーを気にする人にもおすすめです。

穀物、ナッツ、ドライフルーツがバランスよく入っているので味だけでなく食感も楽しめますよ。
甘味はハチミツとブラウンシュガー、フルーツによる自然で優しい味わいです。

チャック付きの透明なスタンドパックなので、そのまま飾っても見栄えがいいでしょう。
180g入りなので、家族そろって楽しめます。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: