ギフト・プレゼント

メンテナンスも簡単!プレゼントにおすすめのブランドガスライター15選

愛煙家にとって毎日使うライターはこだわりたいもの。ライターにはいくつかの種類がありますが、ガスライターはメンテナンスが簡単で人気があります。中でもブランドのガスライターはデザインや性能が良くプレゼントにも最適です。誕生日やクリスマスプレゼントにガスライターを贈ってみませんか?今回は有名ブランドのガスライターをご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ガスライターとは

image by iStockphoto

ガスライターは使い捨てもありますが、ガスを注入して繰り返し使えるものもあります。
補充式のガスライターにはブランドがあり美しいデザインや機能性の良さを感じながら喫煙を楽しめますよ。
ガスライターとはどのようなものか調べてみましょう。

ガスライターの種類

ガスライターには「フリント式」と「電子式」と言う着火方式があり、火の温度が約80度~1000度くらいになります。
他にも、「内燃式」タイプがあり温度が約1200度~1400度の高温になるガスライターもありますよ。
内燃式はアウトドアで使用すると大変便利です。

ガスライターのオイル

ブランドのガスライターはオイルを注入すると繰り返し使えます。
補充用の燃料は特別に精製されたもので、不純物を取り除いて販売されていますよ。
ブランドによっては専用のオイルを使いますが、各社共通のオイルも販売されています。
手を汚さずにサッと注入でき便利です。

オイル注入後の注意点

ガスライターにオイルを注入した直後はライター本体の温度が下がります。
すぐに使用すると炎が不安定になることがありますよ。
数分間待って使用すると安定した炎になるでしょう。
また、補充後は注入口などに燃料がたまる場合があります。
しばらく時間をおいて顔に近づけず着火をしましょう。

その1 20代におすすめブランドガスライターTOP5

image by iStockphoto

タバコを吸い始めて間もない20代は使い捨てライターを使用している方が多いでしょう。
誕生日やクリスマスにブランドのガスライターをプレゼントすると喜ばれますね。
シンプルでカジュアルなガスライターをご紹介します。

第5位 機能性を重視「オロビアンコ」

(オロビアンコ)OROBIANCO ガス ライター ORL-10 GM ガンメタル

photo license by Amazon.co.jp

オロビアンコは1996年イタリアで創設されたブランドです。
デザイン性と機能性を兼ね揃えたファッション小物を展開しています。
このモデルは、サロメの代表作SD12シリーズをベースにしたフリントガス式のライターです。
オロビアンコの刻印がワンポイント。
人間工学に基づいたR状の形でしっくり手に馴染みます。
IMAGE

(オロビアンコ)OROBIANCO ガス ライター ORL-10 GM ガンメタル

Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-04-26Amazonで詳しく見る

第4位 ライターの世界基準をつくった「イムコ」

IMCO(イムコ) 電子式ガスライター イムコ・ヒットII 1305G バーナーフレーム シルバー IM3561361

photo license by Amazon.co.jp

1907年に金属ボタンメーカーとしてスタートしたイムコ。
1918年よりライターを製造しているブランドです。
現在のライターの世界基準を作ったブランドと言われています。
このガスライターは1980年に発売された「ヒット」を最新技術でアレンジしたもの。
軽量なプラスチックを使い軽いタッチで着火できます。
IMAGE

IMCO(イムコ) 電子式ガスライター イムコ・ヒットII 1305G バーナーフレーム シルバー IM3561361

Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-04-26Amazonで詳しく見る
次のページを読む
1 2 3 4
Share: