ギフト・プレゼント

カップルにプレゼントするならこれ!ブランドで選ぶおすすめペアアクセサリー15選+気をつけたいこと3選

カップルでプレゼントを贈る時にどんなものが良いか悩みますよね。仲良しカップルならだれもが憧れる「ペアアクセサリー」をプレゼントしてみませんか。特別なプレゼントにしたいならブランドにも注目して選んでみましょう。今回は年代別でおススメのブランドを、ギフト選びのエキスパートであるDear編集部がご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ペアアクセサリーってどんなものがある?

image by iStockphoto

ペアアクセサリーといえば、最もポピュラーなのは「ペアリング」です。
カップルさんはもちろんのこと、結婚の約束をした方やご夫婦の記念日にプレゼントするのもいいですね。
指に付けるものだとお仕事や家事の兼ね合いで支障のある場合などは「ペアネックレス」や「ペアブレスレット」を選んでみましょう。
同じデザインのものであったり色違いや二つで一つになるデザインなど見た目にも様々です。
パートナーと自分の好みと照らし合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

年代に合わせたブラントって?

image by iStockphoto

アクセサリーを選ぶときに基準にしたいポイントの一つ「ブランド」。
ネームバリューも大切ですが、ブランドがターゲットにしている年齢層を考えることも大切です。
かわいらしすぎてキラキラしすぎたデザインのものを大人の女性が身に着けても浮いてしまいますし、10代の学生さんが超高級ブランドのアクセサリーをまとっても身の丈に合いません。
ショップに出入りしているお客様の年齢層も参考になることもありますよ。

ペアアクセサリーを選ぶときに気をつけること

image by iStockphoto

実際にプレゼントに「ペアアクセサリー」を選ぶときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか。
注意すべきポイントをご紹介します。

サイズに気をつける

ペアアクセサリーに限らず、アクセサリーをプレゼントとして選ぶときに気をつけたいのがサイズです。
特に気をつけなければならないのは「ペアリング」を選ぶとき。
指輪はやはり特別な時にプレゼントにするもので、場合によってはプロポーズに使うときもありますよね。
肝心な時にサイズが合わない、なんてことがあってはなりません。
不安な場合は一緒に選びに行くのもいいかもしれませんね。
ネックレスやブレスレットも長さの好みもあるはず。
いざ着けてみて大きすぎたりハマらなかったりしないように気を付けてください。

渡すシーンに注意

「ペアアクセサリー」ということは相手と同じものを身に着けるということ。
普段プレゼントをするときとは違った特別感をもって贈りたいですよね。
相手から頼まれたわけでもないのに、何もない時にペアアクセサリーをプレゼントをしても「どうしたの?」と思われてしまうことも多々あります。
付き合って何か月目の記念日や誕生日、クリスマスなどのイベントなど特別なタイミングを選ぶほうが良いでしょう。

おそろいに抵抗が無いか確認する

相手とお揃いのアイテムを身に着けることをうれしいと思う人がいる一方、中には気恥しいと感じてしまう方もいらっしゃいます。
例えば交際を隠していたいのにおそろいのアイテムを身に着けていては周りにはバレバレ。
特に指輪はあからさまな感じがしてしまいます。
そういった話題を避けたい方もいますし、ペアアクセサリーを束縛と感じることも。
自分は身につけたくても相手にその気持ちを押し付けてはいけませんよ。

その1 若いカップルさん必見!【10代~20代前半】におススメのブランド

image by iStockphoto

学生さんだとまだまだ高級なアクセサリーは無理、という場合はお手ごろなアイテムでもうれしいもの。
バイト代を一生懸命貯めて購入したプレゼントはきっと特別なものになりますよ。

#1 愛を受け取る「Disney white clover ペアリング」

ディズニーといえば言わずと知れた夢の国を思い浮かべる人も多いですよね。
キャラクターものも多く若い方には特に人気がありますよ。
石川県生まれのブランド「white clover(ホワイトクローバー)」も若い方に人気のアクセサリーを生み出しており、若者に人気同士のブランドによるコラボレーションです。
重ね合わせるとハート形のジルコニアを大切に受け取るようなシーンにも見えるデザイン。
男性は黒みを帯びたシルバーに、女性は柔らかな印象のピンクゴールドです。

#2 指輪のように「ザ・キッス ペアリング ペアネックレス」

ペアアクセサリーブランドとしても人気を誇る「THE KISS(ザ・キッス )」。
程よい価格帯で、10代から30代前半までの幅広い年齢層に支持されています。
ペアリングは身に着けたいけれど指輪はちょっと恥ずかしい、という方必見のリングとしてもネックレスとしても楽しめる万能アイテムです。
リングは指にぴったり合うサイズをお選びいただけます。
内側にダイヤモンドをあしらってペンダントトップとしての魅力も発揮。
必要な時には指輪として普段はネックレスとしてチェーンに通して使うことができますよ。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: